2018/11/19

続々 HONDA DIO AF68の・・・

・・・前輪ホイールを新品に交換。
<<< UnderConstruction >>>






























2018/11/17

続 HONDA DIO AF68の・・・

・・・エアクリーナ-エレメント、昨日の夜注文して、今日の午後に届いたので、夕刻に交換。

■ 最初に、
◆ カバーを外す処から。

★ ネジのうち1箇所だけ、ボディカウルの穴からドライバーを挿し込まなければアプローチ出来ない点に注意。

◆ 程無く外れた。


◆ 例によって、MonotaRO シリコンスプレー で しっかり磨いて 次の作業へ。

■ しかし、
◆ この状態診ても、交換時と云わない業者も多い。

今年の春に、イグニッションケーブル劣化で エンジンが始動しなくなった際、交換の為 初めて利用したバイク屋の
若い主から "エレメントは綺麗なモノだった" と聞いて後、

相変わらず週に2~3度しか乗らない状況で 半年経過して、"綺麗なモノ" から

ココまで状態が変わるようなシチュエーションは無かった点を添えておきたい。

この例は、道具のメンテナンスを、業者任せで使い続ける事のリスクを目の当たりにしていると考えて良い。
■ そんな事を感じつつ 取り敢えず作業を進める・・・
◆ エレメントを外した状態・・・


◆ ココもシリコンスプレーで磨く。
■ 続いて
◆ 新品のエレメントをハメる。


◆ 古いエレメントを添えて一枚・・・

これだけ違って "まだ大丈夫だ" と云われてもなぁ(´ヘ`;)  ・・・否、"確認をした" 事のほうが 嘘であって欲しい域。
■ 最後に
◆ カバーを取り付けて作業完了。
撮影が無ければ モノの数分で終わるお手軽メンテだが、これがインジェクションの寿命にも関わる重要な要素、 自ら細目に確認する事が望ましい様だ、地方都市に於いて 当てになる業者との付き合いが無いのなら・・・

2018/11/16

HONDA DIO AF68の・・・

・・・後輪、ホイール/タイヤ/ブレーキシュー全交換を敢行。
■ これ以前の型式とでは・・・
エギゾースト周りが少し違っていたりする為 参考となる動画も無かったが、メットインを着脱する手間が無くなっているのは、
大きな改善点として評価して良いかと。
■ まずは 新品のホイールに新品タイヤを組み付ける・・・
L字80°バルブ を固定する・・・
◆ ストレートなバルブではエアメンテし辛いホイールデザイン。
◆ 続いて、

2018/11/11

AMD ドライバ更新報告・・・

RSAE に 更新補助機能が付いて 中々便利になっている。 
しかし、複数機器を管理する場合は、公式からダウンロードしたほうが、使い良い可能性。
■ UpdateLog・・・
<<< 20181111 172239 >>>
Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.11.1 Release Notes - AMD [ 20181110 US ]
DisplayDriver version 18.40.07.01-181019a-335076E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.40.11.01-181107a-335517E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.1019.2302.41478 → 2018.1107.1837.33522
RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.11.1-Nov8.exe - [330MB]
<<< 20181027 042851 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.10.2 Release Notes - AMD [ 20181025 US ]
DisplayDriver version 18.40.03.01-181010a-334367E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.40.07.01-181019a-335076E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.1010.1801.32425 → 2018.1019.2302.41478
RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.10.2-Oct25.exe - [327MB]
<<< 20181012 202413 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.10.1 Release Notes - AMD [ 20181011 US ]
DisplayDriver version 18.30.19.01-180925a-333764E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.40.03.01-181010a-334367E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0925.2319.41966 → 2018.1010.1801.32425
AMDからのメール[20181012 0739] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.10.1-Oct10.exe - [327MB]
<<< 20181001 010855 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.9.3 Release Notes - AMD [ 20180930 US ]
DisplayDriver version 18.30.17.05-180918a-333219E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.30.19.01-180925a-333764E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0918.2010.36324 → 2018.0925.2319.41966
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.9.3-Sept26.exe - [325MB]
<<< 20180920 210212 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.9.2 Release Notes - AMD [ 20180913 US ]
DisplayDriver version 18.30.17.01-180911a-333148E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.30.17.05-180918a-333219E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0911.1425.25970 → 2018.0918.2010.36324
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.9.2-Sept19.exe - [325MB]
<<< 20180914 194752 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.9.1 Release Notes - AMD [ 20180913 US ]
DisplayDriver version 18.30.11.01-180827a-332601E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.30.17.01-180911a-333148E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0827.1014.18428 → 2018.0911.1425.25970
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.9.1-Sept12.exe - [325MB]
<<< 20180807 221814 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.8.2 Release Notes - AMD [ 20180828 US ]
DisplayDriver version 18.30.01.01-180802a-331834E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.30.11.01-180827a-332601E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0802.1822.33079 → 2018.0827.1014.18428
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.8.2-Aug27.exe - [325MB]
<<< 20180807 221814 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.8.1 Release Notes - AMD [ 20180806 US ]
DisplayDriver version 18.20.19.01-180711a-330897E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.30.01.01-180802a-331834E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0711.1421.24002 → 2018.0802.1822.33079
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.8.1-Aug3.exe - [325MB]
<<< 20180713 211510 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.7.1 Release Notes - AMD [ 20180712 US ]
DisplayDriver version 18.10.21.01-180607a-329759E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.20.19.01-180711a-330897E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0607.712.11137 → 2018.0711.1421.24002
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.7.1-July12.exe - [358MB]
<<< 20180615 120945 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.6.1 Release Notes - AMD [ 20180614 US ]
DisplayDriver version 18.10.19.01-180529a-329361E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.21.01-180607a-329759E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0529.1444.24713 → 2018.0607.712.11137
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.6.1-June13.exe - [356MB]
<<< 20180601 204334 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.5.2 Release Notes - AMD [ 20180530 US ]
DisplayDriver version 18.10.16-180516a-328911C-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.19.01-180529a-329361E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0516.1451.24901 → 2018.0529.1444.24713
AMDからのメール[20180601 0219] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.5.2-May29.exe - [356MB]
<<< 20180524 115220 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.5.1 Release Notes - AMD [ 20180523 US ]
DisplayDriver version 18.10.01.05-180424a-327684E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.16-180516a-328911C-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0425.4.41502 → 2018.0516.1451.24901
AMDからのメール[20180524 0221] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.5.1-May23.exe - [357MB]
<<< 20180503 010305 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.4.1 Release Notes - AMD [ 20180501 US ]
DisplayDriver version 17.50.33.05-180322a-326037E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.01.05-180424a-327684E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0322.1825.31335 → 2018.0425.4.41502
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.4.1-Apr26.exe - [344MB]
<<< 20180327 131932 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.4 Release Notes - AMD [ 20180326 US ]
DisplayDriver version 17.50.33.01-180316a-325741E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.33.05-180322a-326037E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0316.2035.35227 → 2018.0322.1825.31335
AMDからのメール[20180327 0651(0337Send)JST] による案内を受け、
公式サイトのリリースノートへアクセスし 確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.4-March23.exe - [MB]
<<< 20180322 045720 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.3 Release Notes - AMD [ 20180321 US ]
DisplayDriver version 17.50.27.02-180308a-325250E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.33.01-180316a-325741E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0308.1219.22154 → 2018.0316.2035.35227
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.3-March18.exe - [345MB]
<<< 20180315 023135 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.2 Release Notes - AMD [ 20180314 US ]
DisplayDriver version 17.50.27.01-180302a-325048E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.27.02-180308a-325250E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0302.2046.37348 → 2018.0308.1219.22154
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.2-March12.exe - [345MB]
<<< 20180306 164900 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.1 Release Notes - AMD [ 20180305 US ]
DisplayDriver version 17.50.25.01-180219a-324524E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.27.01-180302a-325048E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0219.2048.37430 → 2018.0302.2046.37348
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.1-March5.exe - [345MB]
<<< 20180224 014101 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.3 Release Notes - AMD [ 20180223 US ]
DisplayDriver version 17.50.17.04-180206a-324065E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.25.01-180219a-324524E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0206.1847.33779 → 2018.0219.2048.37430
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.2.3-Feb22.exe - [345MB]
<<< 20180214 093404 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.2 Release Notes - AMD [ 20180213 US ]
DisplayDriver version 17.50.17.03-180131a-323782E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.17.04-180206a-324065E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0131.1849.33856 → 2018.0206.1847.33779
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
win10-64bit-radeon-software-adrenalin-edition-18.2.2-feb12.exe - [345MB]
<<< 20180204 015952 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.1 Release Notes - AMD [ 20180203 US ]
DisplayDriver version 17.50.15.01-180112a1-322990E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.17.03-180131a-323782E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0112.1644.30111 → 2018.0131.1849.33856
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.2.1-Feb1.exe - [MB]
<<< 20180120 084846 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1 Release Notes - AMD [ 20180119 US ]
DisplayDriver version 17.50.07.01-171217a-322096E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.15.01-180112a1-322990E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1217.1452.26725 → 2018.0112.1644.30111
RSCEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.1.1-Jan18.exe - [345MB]
<<< 20171221 010100 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.2 Release Notes - AMD [ 20171220 US ]
DisplayDriver version 17.50.02-171206a-321058C-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.07.01-171217a-322096E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1206.1740.31787 → 2017.1217.1452.26725
RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-17.12.2-Dec19.exe - [345MB]
<<< 20171201 044014 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.1 Release Notes - AMD [ 20171212 US ]
DisplayDriver version
17.40.2511.1015-171127a1-320995E-CrimsonReLive → 17.50.02-171206a-321058C-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1127.1953.35761 → 2017.1206.1740.31787
報告を受け、RSCEにて確認、適用・・・ するもアンインストール。
OBSStudioの[ゲームキャプチャ]を 新機能が阻害、フレームレート測定ツール Fraps を用いたのと同じ状態に。
同様の運用であるなら、直ちに RSCE17.11.4 へ ロールバックするべきだろう。
尚、アンインストーラが正しく機能しない。
セーフモードで起動し、DisplayDriverUninstallerを用いてドライバの削除を行わなければ、
ロールバック出来ないので注意が必要だ。
▼ Non-WHQL?
win10-64bit-radeon-software-adrenalin-edition-17.12.1-dec11.exe - [345MB]
<<< 20171201 044014 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.4 Release Notes - AMD [ 20171127 US ]
DisplayDriver version
 17.40.2511-171115a-320421E-CrimsonReLive → 17.40.2511.1015-171127a1-320995E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1115.1824.33103 → 2017.1127.1953.35761
報告を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.4-Nov27.exe - [326MB]
<<< 20171117 070031 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.2 Release Notes - AMD [ 20171116 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1031-171102a-319871E-CrimsonReLive → 17.40.2511-171115a-320421E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1102.1456.25052 → 2017.1115.1824.33103
AMDからのメール[20171117 0348] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.2-Nov16.exe - [326MB]
<<< 20171106 052749 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1 Release Notes - AMD [ 20171105 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1021.1011-171026a1-319547E-CrimsonReLive → 17.40.1031-171102a-319871E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1026.2226.38569 → 2017.1102.1456.25052
RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.1-Nov2.exe - [326MB]
<<< 20171028 085514 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.3 Release Notes - AMD [ 20171027 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1021-171020a-319291E-CrimsonReLive → 17.40.1021.1011-171026a1-319547E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1020.1706.30751 → 2017.1026.2226.38569
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.10.3-Oct27.exe - [326MB]
<<< 20171024 151255 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.2 Release Notes - AMD [ 20171023 US ]
DisplayDriver version
 17.30.2822-171005a-318724E-CrimsonReLive → 17.40.1021-171020a-319291E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1005.1719.29341 → 2017.1020.1706.30751
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.10.2-oct23.exe - [325MB]
<<< 20171005 010345 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.1 Release Notes - AMD [ 20171010 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1091.1011-170922a-318503C-CrimsonReLive → 17.30.2822-171005a-318724E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0922.1659.28737 → 2017.1005.1719.29341
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.10.1-Oct6.exe - [372MB]
<<< 20171005 010345 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.3 Release Notes - AMD [ 20170927 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1091-170918a2-318192E-CrimsonReLive → 17.30.1091.1011-170922a-318503C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0918.1943.33661 → 2017.0922.1659.28737
▼ 久々のWHQLらしい。
whql-radeon-software-crimson-relive-17.9.3-win10-64bit-oct2.exe - [673MB]
<<< 20170922 061501 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.2 Release Notes - AMD [ 20170921 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1081-170905a-317685E-CrimsonReLive → 17.30.1091-170918a2-318192E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0905.1156.19665 → 2017.0918.1943.33661
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.9.2-Sep21.exe - [365MB]
<<< 20170908 053241 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.1 Release Notes - AMD [ 20170907 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1071-170821a-317359E-CrimsonReLive → 17.30.1081-170905a-317685E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0821.2358.41324 → 2017.0905.1156.19665
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 20170908 112020 >>
RX560で、HDMI出力が TVに対して1080i29Hz接続が出来ず 720p60Hzのみ有効となっていた問題が解消。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.9.1-Sep7.exe - [366MB]
<<< 201708-- ------ >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.2 Release Notes - AMD [ 20170825 US ]
DisplayDriver version
  → 17.30.1071-170821a-317359E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  → 2017.0821.2358.41324
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 201709-- ------ >>
・RX560で、HDMI出力が TVに対して1080i29Hz接続が出来ない状態。720p60Hzのみ有効。
・RX480+HD7750 と HD7770x2 の 2機材で、PSO2 が ランチャー以降起動出来なくなる症状の解消を確認。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.8.2-Win10-64Bit-Aug24.exe - [364MB]
<<< 201708-- ------ >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.1 Release Notes - AMD [ 20170818 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1041-170720a-316467C-CrimsonReLive → 

RadeonSettings version 2017.0720.1902.32426 → 
▼ ・・・
Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.8.1-Win10-64Bit-Aug18.exe - [471MB]
<<< 20170728 042945 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2 Release Notes - AMD [ 20170727 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211.1031-170704a-315940E-CrimsonReLive → 17.30.1041-170720a-316467C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0704.1721.31196 → 2017.0720.1902.32426
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 20170728 212049 >>
RX480+HD7750 と HD7770x2 の 2機材で、PSO2 が ランチャー以降起動出来なくなる症状を確認。
同機にて 17.7.2 を クリーンに導入し直す試行でも、この問題は解決しなかった。

同一症状が発生しているようであるなら、速やかに17.7.1へロールバックを推奨する。
▼ 久々のWHQLなんだがなぁ・・・
whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.7.2-july27.exe - [475MB]
<<< 20170712 021011 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.1 Release Notes - AMD [ 20170711 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211.1011-170612a-315159E-CrimsonReLive → 17.10.3211.1031-170704a-315940E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0612.1651.28496 → 2017.0704.1721.31196
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
Fixed a bug causing crashes on 
・Tekken 7
・FFXIV and Little Nightmares
 on Radeon RX 300 Series・・・
珍しく、日本のゲームタイトル向け修正含むようだが、そもそも RX3xx系って使ってる向き居るのか?
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql- Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.7.1-July10.exe - [383MB]
<<< 20170625 062731 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.2 Release Notes - AMD [ 20170614 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211-170606a-314971E-CrimsonReLive → 17.10.3211.1011-170612a-315159E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0606.1509.25443 → 2017.0612.1651.28496
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.6.2-june13.exe - [383MB]
<<< 20170611 061312 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.1 Release Notes - AMD [ 20170610 US ]
DisplayDriver version
 17.10.2711.1021-170517a-314337E-CrimsonReLive → 17.10.3211-170606a-314971E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0517.1550.26687 → 2017.0606.1509.25443
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.6.1-June6.exe - [383MB]
<<< 20170529 104736 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.5.2 Release Notes - AMD [ 20170528 US ]
DisplayDriver version
 17.10.2711-170502a-313824E-CrimsonReLivee → 17.10.2711.1021-170517a-314337E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0502.1417.23881 → 2017.0517.1550.26687
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.5.1-May4.exe - [MB]
<<< 20170505 032457 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.5.1 Release Notes - AMD [ 20170504 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1731-170424a2-313603E-CrimsonReLive → 17.10.2711-170502a-313824E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  2017.0424.2119.36535 → 2017.0502.1417.23881
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後、念の為 VSRを無効にした後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.5.1-May4.exe - [MB]
<<< 20170430 000951 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.4 Release Notes - AMD [ 201700429 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1711-170410a-313248C-CrimsonReLive → 17.10.1731-170424a2-313603E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  2017.0410.1312.21926 → 2017.0424.2119.36535
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後、念の為 VSRを無効にした後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.4.4-apr27.exe - [401.7MB]
<<< 20170419 091932 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.3 Release Notes - AMD [ 20170418 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1711-170410a-313068E-CrimsonReLive → 17.10.1711-170410a-313248C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0410.1312.21926 → 2017.0410.1312.21926
AMDからのメール[20170419 083300(062000Send)JST] による案内を受け、
公式サイトのリリースノートへアクセスし 確認、適用。

※ 尚、RSCEのアップデートチェッカでは 20170419 095200現在、この更新を検出出来ていない。
▼ 久々の WHQL版。
whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.4.3-apr17.exe - [526.5MB]
<<< 20170414 033403 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2 Release Notes - AMD [ 201700413 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1061-170331a-312788E-CrimsonReLive → 17.10.1711-170410a-313068E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0331.729.11648 → 2017.0410.1312.21926
RSCEにて確認。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.4.2-Apr11.exe - [401MB]
<<< 20170406 033031 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1 Release Notes - AMD [ 201700404 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2911.1011-170316a-312242E-CrimsonReLive → 17.10.1061-170331a-312788E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0316.1721.29397 → 2017.0331.729.11648
報告を受け RSCEにて確認、適用。 !!! Important !!!
<<< 20170406 043837 >>>
一部の RADEON RX480 搭載環境で、PSO2 の アップデートが BSoDする問題が ほぼ解消している模様。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.4.1-Apr3.exe - [401MB]
<<< 20170322 104516 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.3 Release Notes - AMD [ 20170321 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2911-170310a-312047E-CrimsonReLive → 16.60.2911.1011-170316a-312242E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0310.1611.29098 → 2017.0316.1721.29397
報告を受け RSCEにて確認、適用。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.3.3-Mar16.exe - [403MB]
<<< 20170316 232730 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.2 Release Notes - AMD [ 20170315 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2711-170303a-311795E-CrimsonReLive → 16.60.2911-170310a-312047E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0303.2232.40545 → 2017.0310.1611.29098
報告を受け RSCEにて確認、適用。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.3.2-Mar15.exe - [403MB]
<<< 20151106 195200 >>> CreateLog・・・ テンプレート適用のログを暫定新設。              
■ Tips
インストール → 再起動 → {[RADEON設定]や[サウンドの設定]が初期化されてる場合は適宜任意に直す} → 再起動
って 手順が必要なケースもあるようで。
■ Crimson Edition からの インストールの流れ
★ 公式から既にダウンロードを済ませているモノとして・・・
◆ インストーラを右クリックし、[管理者として実行]

2018/10/16

今夏・・・

・・・久々に、縁が無かった鐵道乗車の機会を得たのだが、
■ ナニやら色々面倒が増えていて絶句(´ヘ`;)
◆ まぁ元々ココなきつね、特急停まる先ならグリーン車と決めているのだが、
最近の往来先は普通の便のみの田舎路線・・・ 荷物多いと、始発で行くくらいしか対策も出来ない。
それでも、乗車距離があり、運よく席につければ棚に荷を置くが、 背負ってる分だけで 10kg以上・・・ 棚への上げ下ろしが不安なくらい重いのよなw
他に10kg近くウエストパック装備しているので、混んでる車内にあっては ほぼ無理な行動、
むしろ無茶すれば流血の惨事も予想される(^_^;) どう考えても そっちのほうが迷惑だろう。
◆ それを逆に 寿司詰め車内で 床に置く事を想定するとだな、乗り込み位置によっては どの道 盛大に邪魔になると云うね。
中身を そのバッグに収めず持ち歩く事も可能にはしてあるのだが、密室ではヘタは物より凶器となりかねない、
三脚や大玉のレンズは・・・ その緩衝材としてのバッグでもあるワケで。
◆ 荷物の体制自体は今世紀に入る以前と変動なく、マナーがドウのと騒がれるより遥か昔から、
そうした愚民の喧騒を避ける費用として、黒崎-博多くらいの距離なら いつもの特急グリーン席で
2650円(←値下げがあったのかね?)の出費も納得だったワケなのだが、

運賃が280円で済む黒崎-小倉で 1610円掛かると云うのは流石に、誰の目にも見合わな過ぎるかと。
急ぎの旅程でも無し、これは迷惑推して普通列車に乗るしかないワケだ。
■ ひと月ふた月に1回 或いは ヘタすりゃ年1回あるかないかで文句云われるってのも、なんとも世知辛いなんて次元では無いな。
◆ この案件の根底にあるのも、否、この件に限らず、 この手のを云い出したのは概ね 老害BBAと予備軍に他ならない。
他者を羨むばかりの粘着BBA思考が 要らぬマナーを増殖させてきた・・・ どれだけ自ら暮らし辛くすれば 気が済むのやら。
◆ そして最大の問題は、その他有象無象も、"良く考えもせずマナーだと思い込んで" 迷惑扱いしている点だ。
もう少し冷静に考えろ、 
金払って寿司詰めにされてるほうが おかしいのだが?
この点に気付かれると困るから、鉄道事業者も モンスター愚者に従う傾向が顕著となってきたワケだが、 あの系を増長させるとキリが無いのだがねぇ・・・ 完全に自滅パターン。
  ■ 先日の 芦屋基地基地祭では、久方振りに 無関係な老害BBAとその予備軍を多数観察する機会も得られたワケだが。
◆ 驚いたのは奴等 車間距離処か、並んで割り込まれる心配の無い環境下でさえ、他者との間隔をロクに空けようとしないのだ。
隙があれば割り込まれると云う認識の様だ・・・ 貧乏臭いにも程がある。
停止状態で後ろ診たら、BBAの顔がバッグとの距離5cm切ってたからな、ちょっとしたホラーだったよ。
アレだけ寄れば、そりゃ背負ったバッグが顔に当たるコトもあるだろ・・・

基地内の広い空間で整然と並んでいるのだ、何故そんなに生き急ぐのかBBAは(´ヘ`;)
他人に迷惑と云う前に、自分を診ろ老害共は#
■ まぁ どの道、余りに荷の重量過多で往来だけで体力消費が酷いこともあり、
◆ キャリーバッグの類への移行等も検討している所ではあったので (ココの処の往来は 自らの耐久試験的要素が強い)、
可能な範囲で対応する様心掛け、ある程度は愚者共の意向に沿う事も適いそうではあるのだが・・・
◆ そうした対策でさえも "迷惑" と云い出しそうな勢いだからな、田舎の人間と云う魑魅魍魎は・・・
そんな思考だから、マトモな知性ある者は郷を捨て、寄ってくるのは下衆ばかり なんてちほーに成り下がるのだがね。
判断の基盤が貧乏臭いのだよ、老害が作った現代社会に於ける日本人は・・・ しかもその自覚が無いとキタ
★ そもそもとして、
"迷惑" と云う言葉は、そう云う連中が憂さを晴らす為の "免罪符" として扱って良いモノでは無い#

この悪しき慣習、責任持って きっちり収集付けてからクタばってくれよな、老害諸兄┐(´д`)┌

2018/09/21

近年・・・

・・・様々な分野でAIを用いた映像解析が華盛りだ。
■ しかし事、医療と云う視点で診るに、肝心な処で役に立つ域には至っていない。
それを活用するにも、解析に用いる "映像のソース" を得る事自体 "御家庭では" 現状困難なのだ。
CT や MRI は おろか エコーすら、常に身に着けていられる様なサイズに落とし込む等、到底不可能だからだ。
だが、突発的即死クラスの 大動脈解離やそれが進行しての大動脈瘤破裂と云った重大な結果を適宜回避するには、 是非ともソレが必要である事には、概ねで同意頂けるコトだろう。
■ そこで、手軽に且つ、常に持ち歩いていると思わしき物でソレを代用する手段は無いか? と、記憶を追って診た。
◆ そしてソレはあった、多くの者が手にしているスマートフォンやタブレット(以後 スマホ)だ。
だが、スマホでは到底 CT や MRI の代わりにはならない。
最低でも必要となる 体内の映像を得る手段が無いからだ。
仮にそれらを小型化するとしても、
放射線や 強力な電磁波 を用いないモノとなると、やはり当面登場しないだろう・・・
エコーは辛うじてモノになる可能性はあるが、
使用の度ベタベタになるワ、得た画像は専門家でも判別辛いワ・・・
家庭での実用性には、難があると予想される。
◆ そんな状態でスマホをドウしようと云うのか? ・・・得た解は云ってシンプルだ。
専用マイク(ないし スマホマイク部に取り付ける簡易冶具)と スマホの音声機能を用いて、
デジタル聴診器として機能させ、得た体内音を音響AIを用いて解析する。

サービス提供者がサーバを配し 通信にて やり取りを行う前提であったとしても、
映像/画像を必要としない分、データ容量が小さい音声データのみを用いる効果は絶大だと云える。
◆ 要するに、聴診器で聞き分けられた程度の病気であれば、"手軽に手元で確実に検出可能になる" と云う事だ。
否、ヘタな大病院の医者に掛かるより、多くの "死に至る病" の事前検出を自ら行えるコトになる。
低コストで手間も掛けずに、相当の成果を期待して良いだろう。
★ 昨今、前述2種の病を原因とした、そう歳でもナイ著名人の死亡例が多々聞かれるようになった。
当然それは、総じて氷山の一角と考えて良い。
であるなら、確実な対策を展開する事は、既に急務であると云う認識が求められる。
そしてそれを一気に推し進めるには、それらに必要となる機器の単価抑制もカギとなる。
■ 大手医療機器メーカー関係各位、大仰な医療機器開発で荒稼ぎを狙うのも構わないが、
そろそろ本気で、"若くして死なない為の" 医療機器開発を展開しては如何かな?
やる気無く この分野で
太平楽に 手を拱いて見ている気なら、海外クラウドファウンディング勢に先を越されない様 精々気を付ける事だ。
そうなっては、後の祭りなのだがね┐(´д`)┌
★ 語弊無きよう添えておくが、
◆ ココで "必要" として提起したシステムは、
現在国保などで行われている "健康診断" では通常扱われない "血管状態の精密検査" を別途行うコトなく、
自ら そして 望むのなら常時 "誰でも手軽にモニタリング出来る方法" を念頭に 構成を試案して診たモノであり、

ソコに 何かしらの他意 は無い。
◆ なにしろ此れが成立した処で、医者は必要なのだ。
但し、このシステムで検出可能な疾病に関しては、治療に専念しろ 腕を磨け と云う事にはなるだろう。
単に 5分の問診だけで荒稼ぎしている程度の役立たずなら 要らん と、それなら不評な IBM Watson でも まだ用を成す。
★ 尚、
このログは以前、上述病に因り亡くなった女性声優に関連して、記事を読み違えて つぶやいた件の詫びとして齎す知の欠片だ。
内容を正しく理解した上で具現化すれば、少なくとも同じ事は 多くで 避けられる、収集したデータの扱いさえ誤らなければ。
尤も此れを人間が、私欲に囚われる事無く活かせるか否かまでは ココなきつねも預かり知らんので、悪しからず。

2018/09/16

かなりイマサラだが・・・

・・・おきつね環境にて発生していた問題について、模索にて解を得たので纏め。
■ コレは主に、
マザーボード ASRock 990FX Extream4 に対し、RADEON RX480/580 を載せているケースで該当する話となる。

RX560 や HD77xx系 では発生しない為、余程気にしなければ それと判っていない可能性は極めて高い。
■ 症状としては、
挿してあるグラフィックボードなどへのデータ転送負荷増加で行われるべき
PCIeバスの接続世代切替が機能せず、Gen.1.1のまま動作を続ける事で システムのパフォーマンスが著しく低下する。
■ 発生の前提から述べると、
このマザーボードは オーバークロック機能が多彩な事が売りな製品だったのだが、
構築当初そのつもりも無かった為、プロセッサを意図して定格動作させる様 UEFIの設定で定格値に固定してあった。

具体的には、UEFI画面にて [OC Tweaker]-[Overclock Mode]を[Manual]へ・・・
表示された [CPU Frequency] へ 200MHz、[PCIE Frequency] に 100MHzと それぞれセットしていた。
■ 結論としては それが災いしていた。
その様な変更をした場合にのみ 問題が発生する事が、今回虱潰しに設定を試行して判明。
■ 最大の要点は、事象が それら設定した "値" に 起因していない と云う事だろう。
問題の発生要因が、その "変更自体" である点に留意が必要だ。

★ ツマり、それらを踏まえると、
[Overclock Mode] は [Auto]のまま、メモリのクロック[DRAM Frequency] と [HT Bus Speed] のみ 適宜変更する。
これで、類似の事象を抱える環境では、欲しい結果を得られるかと。
★ 結局の処・・・
ASRockのマザーボードと AMDのプロセッサを、"勝手に動作するオーバークロック機能を無効にして使う" 等と云う発想が
そもそも 間違いであった と云う 盛大な自爆テロ・・・orz

2018/09/15

Adobe AIR/FlashPlayer 更新報告・・・

22.0.0.192より FlashPlayer 64/32bit版統合以前のように、64bit版Firefox/CyberFoxで
Flashプレイヤ枠内のコメント枠へ IMEを用いた日本語入力が可能な状態に戻っている。

但し、IMEの拡張機能(再変換ほか)には対応していない。


■ UpdateLog・・・
<<< 20180915 044630 >>>
FlashPlayer Version 27.0.0.183 → 31.0.0.108 - Adobe [ 20180914 US ] Firefoxより通知、公式にて確認、適用・・・
<<< 20171212 195819 >>>
FlashPlayer Version 27.0.0.187 → 28.0.0.126 - Adobe [ 201712-- US ] 報告を受け、公式にて確認、適用・・・ の後アンインストール。 環境によっては再生が安定しなくなり、ロールバックが必要となる為、更新は推奨しない。 Adobeのメジャーアプデは、充分に様子を診てから適用するべき。 指標が判らない一般は、Mozilla(Firefox)が、お墨付きを与えてからのほうが無難だろう。 少なくとも今現在、FirefoxQuantumは、何の通知も表示していない。
<<< 20171118 225731 >>>
FlashPlayer Version 27.0.0.183 → 27.0.0.187 - Adobe [ 20171114 US ] 報告を受け、公式にて確認、適用。
<<< 20171031 224616 >>>
FlashPlayer Version 27.0.0.130 → 27.0.0.183 - Adobe [ 20170915 US ] CyberFox アドオンマネージャにて確認、適用。
<<< 20170916 005514 >>>
FlashPlayer Version 26.0.0.137 → 27.0.0.130 - Adobe [ 20170915 US ] 公式サイトにて確認、適用。 AIR - Version 25.0.0.134 → 27.0.0.124 - Adobe [ 20170915 US ] ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
<<< 20170726 131026 >>> Mozillaプラグインチェックにて確認、適用。
FlashPlayer Version 26.0.0.126 → 26.0.0.137 - Adobe [ 20170711 US ]
<<< 20170615 194746 >>> 報告を受け、Mozillaプラグインチェックにて確認、適用。
FlashPlayer Version 25.0.0.171 → 26.0.0.126 - Adobe [ 20170613 US ]
<<< 20170517 011249 >>> CyberFoxにて更新を検出、Mozillaプラグインチェックにて確認、適用。
FlashPlayer Version 25.0.0.148 → 25.0.0.171 - Adobe [ 20170516 US ]
<<< 20170412 211504 >>> 報告を受け、Mozillaプラグインチェックにて確認、適用。
FlashPlayer Version 25.0.0.127 → 25.0.0.148 - Adobe [ 20170411 US ]
<<< 20170314 232958 >>> ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
AIR - Version 24.0.0.180 → 25.0.0.134 - Adobe [ 20170313 US ]
<<< 20170314 222424 >>> 報告を受け、Mozillaプラグインチェックにて確認、今回も速やかに適用。
FlashPlayer Version 24.0.0.221 → 25.0.0.127 - Adobe [ 20170313 US ]
<<< 20170215 013108 >>> 報告を受け確認、例によって Mozillaプラグインチェックには出てきていない、今回は速やかに適用。
FlashPlayer Version 24.0.0.194 → 24.0.0.221 - Adobe [ 20170214 US ]
<<< 20170120 042430 >>> CyberFox上での警告表示にて確認、今回は速やかに適用。
FlashPlayer Version 24.0.0.186 → 24.0.0.194 - Adobe [ 20170119 US ]
<<< 20161219 202758 >>> ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
AIR - Version 23.0.0.257 → 24.0.0.180 - Adobe [ 20161218 US ]
<<< 20161215 195013 >>> 発行当日に報告は受けていたが、例によって適用を様子診していた。
FlashPlayer Version 23.0.0.207 → 24.0.0.186 - Adobe [ 201612138 US ]
<<< 20161109 191050 >>> 発行当日に報告は受けていたが、今回も適用を様子診していた。
FlashPlayer Version 23.0.0.205 → 23.0.0.207 - Adobe [ 20161108 US ]
尚、CyberFox/FireFox(64/32bit) 49.0 での、描画位置の大幅なズレが生じる問題は、現状 まだ続いている。
<<< 20161030 064421 >>> 発行当日に報告は受けていたが、今回も適用を様子診していた。
FlashPlayer Version 23.0.0.185 → 23.0.0.205 - Adobe [ 201610xx US ]
尚、CyberFox/FireFox(64/32bit) 49.0 での、描画位置の大幅なズレが生じる問題は、現状 まだ続いている。
<<< 20161020 194800 >>> 発行当日に報告は受けていたが、1日適用を様子診していた。
AIR - Version 22.0.0.153 → 23.0.0.257 - Adobe [ 20161018 US ] ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
<<< 20161017 000516 >>> 発行当日に報告は受けていたが、今回も適用を様子診していた。
FlashPlayer Version 23.0.0.162 → 23.0.0.185 - Adobe [ 20161011 US ]
尚、CyberFox/FireFox(64/32bit) 49.0 での、描画位置の大幅なズレが生じる問題は、現状 まだ続いている。
<<< 20160920 2046321 >>> 発行当日に報告は受けていたが、適用を様子診していた。
FlashPlayer Version 22.0.0.209 → 23.0.0.162 - Adobe [ 20160712 US ]
<<< 20160617 130144 >>> 報告を受け確認、例によって Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
FlashPlayer Version 22.0.0.192 → 22.0.0.209 - Adobe [ 20160712 US ]
<<< 20160617 130144 >>> 公式配布サイトにて確認、例によって Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
FlashPlayer Version 21.0.0.242 → 22.0.0.192 - Adobe [ 20160616 US ]
64bit版Firefox/CyberFoxで、以前のように Flashプレイヤ枠内のコメント枠へ IMEを用いた日本語入力が可能になった。
AIR - Version 21.0.0.215 → 22.0.0.153 - Adobe [ 20160511 US ] ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
<<< 20160512 210202 >>> 公式配布サイトにて確認、例によって Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
FlashPlayer Version 21.0.0.213 → 21.0.0.242 - Adobe [ 20160511 US ]
AIR - Version 21.0.0.198 → 21.0.0.215 - Adobe [ 20160511 US ] ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
<<< 20160215 233725 >>> ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
・AIR - Version 21.0.0.176 → 21.0.0.198 - Adobe [ 20160412 US ]
<<< 20160408 172341 >>> 更新報告が先日あったのだが、他の用件でログ更新できず。
【Win】 Adobe Flash Player 21.0.0.213 / 18.0.0.343 配信開始 - ニッチなPCゲーマーの環境構築 [ 20160407 ]
・・・しかし例によって、Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
・FlashPlayer Version 21.0.0.197 → 21.0.0.213 - Adobe [ 20160323 US ]
・・・尚、20160324 184651現在のトコロ、Adobe AIR には 更新を確認するコトは出来ていない。
<<< 20160324 182430 >>> 更新を以下サイトにて確認。
【Win】 Adobe Flash Player 21.0.0.197 配布開始[Update:2016/03/24] - ニッチなPCゲーマーの環境構築 [ 20160324 ]
・・・しかし例によって、Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
・FlashPlayer Version 20.0.0.182 → 21.0.0.197 - Adobe [ 20160323 US ]
・・・尚、20160324 184651現在のトコロ、Adobe AIR には 更新を確認するコトは出来ていない。 <<< 20160310 225143 >>> 更新を公式サイトで確認、早速適用。・・・しかし例によって、Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
・FlashPlayer Version 20.0.0.306 → 21.0.0.182 - Adobe [ 20160209 US ]
・AIR - Version 20.0.0.260 → 21.0.0.176 - Adobe [ 20160309 US ]
<<< 20160215 233725 >>> ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。 更新自体は、この1つ前のFlashと同時に発行されている模様。
・AIR - Version 20.0.0.233 → 20.0.0.260 - Adobe [ 20160208 US ]
<<< 20160209 232610 >>> 更新報告を受けたので早速適用、しかしMozillaプラグインチェックには出てきていない・・・
・FlashPlayer Version 20.0.0.286 → 20.0.0.306 - Adobe [ 20160208 US ]
<<< 20160122 090537 >>> かなり前から配布サイトでは更新来てたが、未だにMozillaプラグインチェックでは出てこない・・・
・FlashPlayer Version 19.0.0.267 → 20.0.0.286 - Adobe [ 201601xx US ]
危なっかしいからココへの通知と導入を見送っていたのだが(´ヘ`;) <<< 20160101 212231 >>> ・AIR - Version 20.0.0.204 → 20.0.0.233 - Adobe [ 20160101 US ] <<< 20151229 193837 >>> 更新報告を受け確認、本家FireFoxも更新があるようだ、CyberFoxもそろそろだろう。
・FlashPlayer Version 20.0.0.235 → 20.0.0.267 - Adobe [ 20151207 US ]
<<< 20151208 234133 >>> 更新きてるのに 今現在 Mozillaプラグインチェックには出てこない・・・ 煎れて大丈夫か?w
・FlashPlayer Version 19.0.0.245 → 20.0.0.235 - Adobe [ 20151207 US ]
・・・とか云いつつ 煎れたケドねw ・AIR - Version 19.0.0.241 → 20.0.0.204 - Adobe [ 20151207 US ] <<< 20151112 231436 >>> なんか更新きてるね。
・FlashPlayer Version 19.0.0.226 → 19.0.0.245 - Adobe [ 20151111 US ] ・AIR - Version 19.0.0.213 → 19.0.0.241 - Adobe [ 20151111 US ]
・Adobe、「Adobe Flash Player」「Adobe AIR」の月例セキュリティアップデートを実施
 CVE番号ベースで17件の脆弱性を修正 - 窓の社 [ 20151111 141900 ]
<<< 20151017 101836 >>> とりま 緊急更新推奨19.0.0.207 → 19.0.0.226
・FlashPlayer Version 19.0.0.226 - Adobe [ 20151016 US ]
<<< 20151015 224334 >>> 殆ど悪い冗談って域だな・・・(´ヘ`;)
最新版が公開されたばかりの「Flash Player」に未修正の脆弱性、標的型攻撃への悪用も - 窓の社 [ 20151015 133700 ]
こうなってくるとひまストのHTML5プレイヤ化が待たれるね、他のFlashサイトなんて使わなければいいだけだし・・・ <<< 20151014 045120 >>> こめビュ起動したら更新通知、確認したらFlashPlayerもあった。
・AIR - Version 19.0.0.190 → 19.0.0.213 - Adobe [ 20151013 US ]
・FlashPlayer Version 19.0.0.185 → 19.0.0.207 - Adobe [ 20151013 US ]
<<< 20150923 014929 >>> CyberFox(FireFox)更新来たので確認したら更新来てた・・・
・FlashPlayer Version 18.0.0.232 → 19.0.0.185 - Adobe [ 20150922 US ]
↓ 先日AIRの更新もあったので、まだなら適用推奨。 <<< 20150921 215946 >>> 先程 ひまわりストリームコメントビューアを起動したらアプデ表示が出た、早速更新。
・AIR - Version 18.0.0.199 → 19.0.0.190    - Adobe [ 20150920 US ]
<<< 20150815 044920 >>> ついさっき端末起動したらアプデ表示が出た、概要詳細はまだ確認してない。
・AIR - Version 18.0.0.180 → 18.0.0.199 - Adobe [ 20150814 US ]
↓ FlashPlayerの更新も、まだなら急ぎ推奨。 <<< 20150714 234421 >>> やっときたか対策アプデ・・・ 危険過ぎる失態ばかり・・・ いい加減にして欲しいね。
・FlashPlayer Version 18.0.0.206 - Adobe [ 20150713 US ]
<<< 20150709 134600 >>> 今朝寝る前までは来てなかったアプデが配布されてるね、アレだけ重篤な脆弱性だと急いで当たり前なんだケドね。
・FlashPlayer Version 18.0.0.203
・AIR - Version 18.0.0.180
<<< 20150709 183206 >>> CreateLog・・・          
■ 性急な自動更新でバグトラブルに巻き込まれたくない場合は、
★ インストール完了直前の この画面で、

その旨 ▲ 設定して 適宜インストールを完了しておくべきだろう。 
但し、自動更新が良いなら この限りでは無い、あくまで任意の判断にて。