2016/01/05

VB Hi-Fi CABLE & ASIO Bridge・・・

<<< 20180126 134824 >>>
複数のマシン全てが Windowsマシンであるなら、このログで扱っている [ASIO Bridge] は、必ずしも要は無い。
もし、Linuxマシンとの 仮想音声パッチ処理が必要無いのであれば、
同VBAudio提供の、[VoiceMeeter Banana] の [VBAN]機能の利用を推奨する。

ASIO機器を接続するのなら、[ASIO Bridge]も併用する事になるだろう。
同社サイトより [VoiceMeeter Banana]/[VB-CABLE] の 2つをダウンロードして欲しい。
・ 予算があれば、[VB-CABLES A]/[VB-CABLES B]もあったほうが、様々なパッチが容易に可能となる。

・ 何れも 24bit 192kHzまでなら対応しており、一般の利用でなら、不足のあるシーンは無いだろう。
おきつねさまの環境では数年前より、24bit 96kHzで稼働させている。
設定するべきサンプリングレートは、音源チップやオーディオアンプの入力上限、
実行しているWindowsマシンのプロセッサ性能との相談となる点、充分留意されたし。
それら全てを・・・
音声を相互接続したい複数のWindowsマシンへ導入し、Windowsの[サウンド]設定画面と
[VoiceMeeter Banana]の画面内で簡単な設定を行うだけで、ほぼ遅延の無い LAN経由の仮想パッチを実現可能だ。
・・・仮想音源/仮想ASIO音源として機能する Donation(寄付)Ware。(以後 ASIOBridge)
同VB-Audio製のミキサーソフトなどを併用していなくても全機能を利用するコトが可能だ。
Windowsでの 音声の取り回しに自由度を与えてくれる、便利な高音質仮想音源となっている。

ASIOは Windowsの音声処理とは全く異なる規格で、高い音声再生品質を提供してくれるモノだ。

だが本来、専用の音響機器を接続して用いる・・・ しかも元々がプロ向けで 非常に高額な機材ばかりだ。
その上、最新Windows周辺機器程の柔軟性は持ち合わせていないと云う困った仕様になっている・・・

具体的には、接続されたASIO機器の起動順序が それらの利用の可否を決めてしまうのだ(´ヘ`;)
それは、無償のソフトウェアASIO音源となっても同様である・・・ いくら高音質再生を可能に出来るとは云え、
昨今のWindows利用者からしてみれば、ありえない面倒さのあるシロモノとなってしまっている現実がある。

因って、(仮想含む)ASIO機器のパッチシステムである [JACK AudioConnectionKit](以後 JACK) と
仮想ASIO音源として機能する [ASIOBridge] を Windows上で併用するには 少しばかり手間が掛かってしまう・・・
それを解消する為に おきつねさまが JACKのセットアップ 及び 開始と停止をサポートするスクリプト群を、
それぞれ構成して提供している次第・・・ JACK と ASIOBridge を "インストールした後" であれば利用出来る。

それについては別途 詳細解説ページを設けてある、本ログ末尾にリンクを設置してあるので 参照されたし。
但し、VBScriptで提供しているので、Windows10では稼動しないと思われる(未確認)

尚、このような高音質を謳う仮想音源は、得られる結果に比例して演算リソースを多く必要とする。
因って、マシンスペックに余力がないなら利用は推奨しない、ゲームなどとの併用なら尚更である。
▼ あくまでソフトウェアw

Windowsマシンの一般仮想音源としても動作し、JACKとの接続で音声のやり取りも可能だ。



ただ Donation(寄付)Wareだから、寄付金を払わない限り 定期的に その旨メッセージが出る。
だが 寄付しないからと云って機能制限されるコトも無い、表示頻度が低いから気にせず使っている。
まぁ 予算があるなら寄付して使うのもアリだろう、使い手によっては充分その価値はある。
■ 設定 - 最初に設定を済ませると 以後は その状態で稼動する。
★ 注)
以下は JACK AudioConnectionKit と ASIOBridge が "通常のインストール" を 完了しているモノとして解説。
◆ [File] - [System Tray (Run at startup)] を 有効に。 (SupportScriptを対応するよう修正)
▲ この操作でのみ [スタート]メニューの[スタートアップ]に ASIOBridgeのショートカットアイコンが配置されてしまう。
  もし作成されていたら削除しよう、JackControlから呼び出した おきつねスクリプトで起動する為、必要が無い。
◆ [Latency] は、求める音質と マシンスペックとの相談で選択。 ◆ [ASIO Device - Select A.S.I.O. Device -] を クリック・・・ ・・・ 一覧から 使用ASIO音源を選択する。
もし、JACK Audio Connention Kitのセットアップの途中なら、ココで ツールバーの
[File]-[Shut Down Application] で、一旦 ASIO Bridgeを終了させ、設定を保存させる。
■ 最後に・・・
JACK Audio Connection Kit・・・ ■ 最終設定
 の 手順で利用開始可能にする。

0 件のコメント:

コメントを投稿