2018/09/21

近年・・・

・・・様々な分野でAIを用いた映像解析が華盛りだ。
■ しかし事、医療と云う視点で診るに、肝心な処で役に立つ域には至っていない。
それを活用するにも、解析に用いる "映像のソース" を得る事自体 "御家庭では" 現状困難なのだ。
CT や MRI は おろか エコーすら、常に身に付けていられる様なサイズに落とし込む等、到底不可能だからだ。
だが、突発的即死クラスの 大動脈解離やそれが進行しての大動脈瘤破裂と云った重大な結果を適宜回避するには、 是非ともソレが必要である事には、概ねで同意頂けるコトだろう。
■ そこで、手軽に且つ、常に持ち歩いていると思わしき物でソレを代用する手段は無いか? と、記憶を追って診た。
◆ そしてソレはあった、多くの者が手にしているスマートフォンやタブレット(以後 スマホ)だ。
だが、スマホでは到底 CT や MRI の代わりにはならない。
最低でも必要となる 体内の映像を得る手段が無いからだ。
仮にそれらを小型化するとしても、
放射線や 強力な電磁波 を用いないモノとなると、やはり当面登場しないだろう・・・
エコーは辛うじてモノになる可能性はあるが、
使用の度ベタベタになるワ、得た画像は専門家でも判別辛いワ・・・
家庭での実用性には、難があると予想される。
◆ そんな状態でスマホをドウしようと云うのか? ・・・得た解は云ってシンプルだ。
専用マイク(ないし スマホマイク部に取り付ける簡易冶具)と スマホの音声機能を用いて、
デジタル聴診器として機能させ、得た体内音を音響AIを用いて解析する。

サービス提供者がサーバを配し 通信にて やり取りを行う前提であったとしても、
画像を必要としない分データ容量も小さい音声データを用いる効果は、絶大だと云える。
◆ 要するに、聴診器で聞き分けられた程度の病気であれば、"手軽に手元で確実に検出可能になる" と云う事だ。
否、ヘタな大病院の医者に掛かるより、多くの "死に至る病" の事前検出を自ら行えるコトになる。
低コストで手間も掛けずに、相当の成果を期待して良いだろう。
★ 昨今、前述2種の病を原因とした、そう歳でもナイ著名人の死亡例が多々聞かれるようになった。
当然それは、総じて氷山の一角と考えて良い。
であるなら、確実な対策を展開する事は、既に急務であると云う認識が求められる。
そしてそれを一気に推し進めるには、それらに必要となる機器の単価抑制もカギとなる。
■ 大手医療機器メーカー関係各位、大仰な医療機器開発で荒稼ぎを狙うのも構わないが、
そろそろ本気で、"若くして死なない為の" 医療機器開発を展開しては如何かな?
やる気無く この分野で
太平楽に 手を拱いて見ている気なら、海外クラウドファウンディング勢に先を越されない様 精々気を付ける事だ。
そうなっては、後の祭りなのだがね┐(´д`)┌
★ 尚、
このログは以前、上述病に因り亡くなった女性声優に関連して、記事を読み違えて つぶやいた件の詫びとして齎す知の欠片だ。
内容を正しく理解した上で具現化すれば、少なくとも同じ事は 多くで 避けられる、収集したデータの扱いさえ誤らなければ。
尤も此れを、人間が 私欲に囚われる事無く活かせるか否かまでは、ココなきつねも預かり知らんので、悪しからず。

2018/09/20

AMD ドライバ更新報告・・・

RSAE に 更新補助機能が付いて 中々便利になっている。 
しかし、複数機器を管理する場合は、公式からダウンロードしたほうが、使い良い可能性。
■ UpdateLog・・・
<<< 20180920 210212 >>>
Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.9.2 Release Notes - AMD [ 20180913 US ]
DisplayDriver version 18.30.17.01-180911a-333148E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.30.17.05-180918a-333219E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0911.1425.25970 → 2018.0918.2010.36324
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.9.2-Sept19.exe - [325MB]
<<< 20180914 194752 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.9.1 Release Notes - AMD [ 20180913 US ]
DisplayDriver version 18.30.11.01-180827a-332601E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.30.17.01-180911a-333148E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0827.1014.18428 → 2018.0911.1425.25970
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.9.1-Sept12.exe - [325MB]
<<< 20180807 221814 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.8.2 Release Notes - AMD [ 20180828 US ]
DisplayDriver version 18.30.01.01-180802a-331834E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.30.11.01-180827a-332601E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0802.1822.33079 → 2018.0827.1014.18428
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.8.2-Aug27.exe - [325MB]
<<< 20180807 221814 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.8.1 Release Notes - AMD [ 20180806 US ]
DisplayDriver version 18.20.19.01-180711a-330897E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.30.01.01-180802a-331834E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0711.1421.24002 → 2018.0802.1822.33079
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.8.1-Aug3.exe - [325MB]
<<< 20180713 211510 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.7.1 Release Notes - AMD [ 20180712 US ]
DisplayDriver version 18.10.21.01-180607a-329759E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.20.19.01-180711a-330897E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0607.712.11137 → 2018.0711.1421.24002
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.7.1-July12.exe - [358MB]
<<< 20180615 120945 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.6.1 Release Notes - AMD [ 20180614 US ]
DisplayDriver version 18.10.19.01-180529a-329361E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.21.01-180607a-329759E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0529.1444.24713 → 2018.0607.712.11137
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.6.1-June13.exe - [356MB]
<<< 20180601 204334 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.5.2 Release Notes - AMD [ 20180530 US ]
DisplayDriver version 18.10.16-180516a-328911C-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.19.01-180529a-329361E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0516.1451.24901 → 2018.0529.1444.24713
AMDからのメール[20180601 0219] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.5.2-May29.exe - [356MB]
<<< 20180524 115220 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.5.1 Release Notes - AMD [ 20180523 US ]
DisplayDriver version 18.10.01.05-180424a-327684E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.16-180516a-328911C-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0425.4.41502 → 2018.0516.1451.24901
AMDからのメール[20180524 0221] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.5.1-May23.exe - [357MB]
<<< 20180503 010305 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.4.1 Release Notes - AMD [ 20180501 US ]
DisplayDriver version 17.50.33.05-180322a-326037E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.01.05-180424a-327684E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0322.1825.31335 → 2018.0425.4.41502
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.4.1-Apr26.exe - [344MB]
<<< 20180327 131932 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.4 Release Notes - AMD [ 20180326 US ]
DisplayDriver version 17.50.33.01-180316a-325741E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.33.05-180322a-326037E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0316.2035.35227 → 2018.0322.1825.31335
AMDからのメール[20180327 0651(0337Send)JST] による案内を受け、
公式サイトのリリースノートへアクセスし 確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.4-March23.exe - [MB]
<<< 20180322 045720 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.3 Release Notes - AMD [ 20180321 US ]
DisplayDriver version 17.50.27.02-180308a-325250E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.33.01-180316a-325741E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0308.1219.22154 → 2018.0316.2035.35227
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.3-March18.exe - [345MB]
<<< 20180315 023135 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.2 Release Notes - AMD [ 20180314 US ]
DisplayDriver version 17.50.27.01-180302a-325048E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.27.02-180308a-325250E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0302.2046.37348 → 2018.0308.1219.22154
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.2-March12.exe - [345MB]
<<< 20180306 164900 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.1 Release Notes - AMD [ 20180305 US ]
DisplayDriver version 17.50.25.01-180219a-324524E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.27.01-180302a-325048E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0219.2048.37430 → 2018.0302.2046.37348
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.1-March5.exe - [345MB]
<<< 20180224 014101 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.3 Release Notes - AMD [ 20180223 US ]
DisplayDriver version 17.50.17.04-180206a-324065E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.25.01-180219a-324524E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0206.1847.33779 → 2018.0219.2048.37430
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.2.3-Feb22.exe - [345MB]
<<< 20180214 093404 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.2 Release Notes - AMD [ 20180213 US ]
DisplayDriver version 17.50.17.03-180131a-323782E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.17.04-180206a-324065E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0131.1849.33856 → 2018.0206.1847.33779
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
win10-64bit-radeon-software-adrenalin-edition-18.2.2-feb12.exe - [345MB]
<<< 20180204 015952 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.1 Release Notes - AMD [ 20180203 US ]
DisplayDriver version 17.50.15.01-180112a1-322990E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.17.03-180131a-323782E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0112.1644.30111 → 2018.0131.1849.33856
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.2.1-Feb1.exe - [MB]
<<< 20180120 084846 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1 Release Notes - AMD [ 20180119 US ]
DisplayDriver version 17.50.07.01-171217a-322096E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.15.01-180112a1-322990E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1217.1452.26725 → 2018.0112.1644.30111
RSCEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.1.1-Jan18.exe - [345MB]
<<< 20171221 010100 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.2 Release Notes - AMD [ 20171220 US ]
DisplayDriver version 17.50.02-171206a-321058C-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.07.01-171217a-322096E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1206.1740.31787 → 2017.1217.1452.26725
RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-17.12.2-Dec19.exe - [345MB]
<<< 20171201 044014 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.1 Release Notes - AMD [ 20171212 US ]
DisplayDriver version
17.40.2511.1015-171127a1-320995E-CrimsonReLive → 17.50.02-171206a-321058C-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1127.1953.35761 → 2017.1206.1740.31787
報告を受け、RSCEにて確認、適用・・・ するもアンインストール。
OBSStudioの[ゲームキャプチャ]を 新機能が阻害、フレームレート測定ツール Fraps を用いたのと同じ状態に。
同様の運用であるなら、直ちに RSCE17.11.4 へ ロールバックするべきだろう。
尚、アンインストーラが正しく機能しない。
セーフモードで起動し、DisplayDriverUninstallerを用いてドライバの削除を行わなければ、
ロールバック出来ないので注意が必要だ。
▼ Non-WHQL?
win10-64bit-radeon-software-adrenalin-edition-17.12.1-dec11.exe - [345MB]
<<< 20171201 044014 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.4 Release Notes - AMD [ 20171127 US ]
DisplayDriver version
 17.40.2511-171115a-320421E-CrimsonReLive → 17.40.2511.1015-171127a1-320995E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1115.1824.33103 → 2017.1127.1953.35761
報告を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.4-Nov27.exe - [326MB]
<<< 20171117 070031 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.2 Release Notes - AMD [ 20171116 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1031-171102a-319871E-CrimsonReLive → 17.40.2511-171115a-320421E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1102.1456.25052 → 2017.1115.1824.33103
AMDからのメール[20171117 0348] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.2-Nov16.exe - [326MB]
<<< 20171106 052749 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1 Release Notes - AMD [ 20171105 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1021.1011-171026a1-319547E-CrimsonReLive → 17.40.1031-171102a-319871E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1026.2226.38569 → 2017.1102.1456.25052
RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.1-Nov2.exe - [326MB]
<<< 20171028 085514 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.3 Release Notes - AMD [ 20171027 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1021-171020a-319291E-CrimsonReLive → 17.40.1021.1011-171026a1-319547E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1020.1706.30751 → 2017.1026.2226.38569
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.10.3-Oct27.exe - [326MB]
<<< 20171024 151255 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.2 Release Notes - AMD [ 20171023 US ]
DisplayDriver version
 17.30.2822-171005a-318724E-CrimsonReLive → 17.40.1021-171020a-319291E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1005.1719.29341 → 2017.1020.1706.30751
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.10.2-oct23.exe - [325MB]
<<< 20171005 010345 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.1 Release Notes - AMD [ 20171010 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1091.1011-170922a-318503C-CrimsonReLive → 17.30.2822-171005a-318724E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0922.1659.28737 → 2017.1005.1719.29341
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.10.1-Oct6.exe - [372MB]
<<< 20171005 010345 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.3 Release Notes - AMD [ 20170927 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1091-170918a2-318192E-CrimsonReLive → 17.30.1091.1011-170922a-318503C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0918.1943.33661 → 2017.0922.1659.28737
▼ 久々のWHQLらしい。
whql-radeon-software-crimson-relive-17.9.3-win10-64bit-oct2.exe - [673MB]
<<< 20170922 061501 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.2 Release Notes - AMD [ 20170921 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1081-170905a-317685E-CrimsonReLive → 17.30.1091-170918a2-318192E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0905.1156.19665 → 2017.0918.1943.33661
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.9.2-Sep21.exe - [365MB]
<<< 20170908 053241 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.1 Release Notes - AMD [ 20170907 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1071-170821a-317359E-CrimsonReLive → 17.30.1081-170905a-317685E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0821.2358.41324 → 2017.0905.1156.19665
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 20170908 112020 >>
RX560で、HDMI出力が TVに対して1080i29Hz接続が出来ず 720p60Hzのみ有効となっていた問題が解消。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.9.1-Sep7.exe - [366MB]
<<< 201708-- ------ >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.2 Release Notes - AMD [ 20170825 US ]
DisplayDriver version
  → 17.30.1071-170821a-317359E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  → 2017.0821.2358.41324
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 201709-- ------ >>
・RX560で、HDMI出力が TVに対して1080i29Hz接続が出来ない状態。720p60Hzのみ有効。
・RX480+HD7750 と HD7770x2 の 2機材で、PSO2 が ランチャー以降起動出来なくなる症状の解消を確認。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.8.2-Win10-64Bit-Aug24.exe - [364MB]
<<< 201708-- ------ >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.1 Release Notes - AMD [ 20170818 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1041-170720a-316467C-CrimsonReLive → 

RadeonSettings version 2017.0720.1902.32426 → 
▼ ・・・
Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.8.1-Win10-64Bit-Aug18.exe - [471MB]
<<< 20170728 042945 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2 Release Notes - AMD [ 20170727 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211.1031-170704a-315940E-CrimsonReLive → 17.30.1041-170720a-316467C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0704.1721.31196 → 2017.0720.1902.32426
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 20170728 212049 >>
RX480+HD7750 と HD7770x2 の 2機材で、PSO2 が ランチャー以降起動出来なくなる症状を確認。
同機にて 17.7.2 を クリーンに導入し直す試行でも、この問題は解決しなかった。

同一症状が発生しているようであるなら、速やかに17.7.1へロールバックを推奨する。
▼ 久々のWHQLなんだがなぁ・・・
whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.7.2-july27.exe - [475MB]
<<< 20170712 021011 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.1 Release Notes - AMD [ 20170711 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211.1011-170612a-315159E-CrimsonReLive → 17.10.3211.1031-170704a-315940E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0612.1651.28496 → 2017.0704.1721.31196
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
Fixed a bug causing crashes on 
・Tekken 7
・FFXIV and Little Nightmares
 on Radeon RX 300 Series・・・
珍しく、日本のゲームタイトル向け修正含むようだが、そもそも RX3xx系って使ってる向き居るのか?
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql- Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.7.1-July10.exe - [383MB]
<<< 20170625 062731 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.2 Release Notes - AMD [ 20170614 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211-170606a-314971E-CrimsonReLive → 17.10.3211.1011-170612a-315159E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0606.1509.25443 → 2017.0612.1651.28496
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.6.2-june13.exe - [383MB]
<<< 20170611 061312 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.1 Release Notes - AMD [ 20170610 US ]
DisplayDriver version
 17.10.2711.1021-170517a-314337E-CrimsonReLive → 17.10.3211-170606a-314971E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0517.1550.26687 → 2017.0606.1509.25443
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.6.1-June6.exe - [383MB]
<<< 20170529 104736 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.5.2 Release Notes - AMD [ 20170528 US ]
DisplayDriver version
 17.10.2711-170502a-313824E-CrimsonReLivee → 17.10.2711.1021-170517a-314337E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0502.1417.23881 → 2017.0517.1550.26687
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.5.1-May4.exe - [MB]
<<< 20170505 032457 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.5.1 Release Notes - AMD [ 20170504 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1731-170424a2-313603E-CrimsonReLive → 17.10.2711-170502a-313824E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  2017.0424.2119.36535 → 2017.0502.1417.23881
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後、念の為 VSRを無効にした後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.5.1-May4.exe - [MB]
<<< 20170430 000951 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.4 Release Notes - AMD [ 201700429 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1711-170410a-313248C-CrimsonReLive → 17.10.1731-170424a2-313603E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  2017.0410.1312.21926 → 2017.0424.2119.36535
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後、念の為 VSRを無効にした後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.4.4-apr27.exe - [401.7MB]
<<< 20170419 091932 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.3 Release Notes - AMD [ 20170418 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1711-170410a-313068E-CrimsonReLive → 17.10.1711-170410a-313248C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0410.1312.21926 → 2017.0410.1312.21926
AMDからのメール[20170419 083300(062000Send)JST] による案内を受け、
公式サイトのリリースノートへアクセスし 確認、適用。

※ 尚、RSCEのアップデートチェッカでは 20170419 095200現在、この更新を検出出来ていない。
▼ 久々の WHQL版。
whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.4.3-apr17.exe - [526.5MB]
<<< 20170414 033403 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2 Release Notes - AMD [ 201700413 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1061-170331a-312788E-CrimsonReLive → 17.10.1711-170410a-313068E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0331.729.11648 → 2017.0410.1312.21926
RSCEにて確認。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.4.2-Apr11.exe - [401MB]
<<< 20170406 033031 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1 Release Notes - AMD [ 201700404 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2911.1011-170316a-312242E-CrimsonReLive → 17.10.1061-170331a-312788E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0316.1721.29397 → 2017.0331.729.11648
報告を受け RSCEにて確認、適用。 !!! Important !!!
<<< 20170406 043837 >>>
一部の RADEON RX480 搭載環境で、PSO2 の アップデートが BSoDする問題が ほぼ解消している模様。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.4.1-Apr3.exe - [401MB]
<<< 20170322 104516 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.3 Release Notes - AMD [ 20170321 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2911-170310a-312047E-CrimsonReLive → 16.60.2911.1011-170316a-312242E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0310.1611.29098 → 2017.0316.1721.29397
報告を受け RSCEにて確認、適用。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.3.3-Mar16.exe - [403MB]
<<< 20170316 232730 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.2 Release Notes - AMD [ 20170315 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2711-170303a-311795E-CrimsonReLive → 16.60.2911-170310a-312047E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0303.2232.40545 → 2017.0310.1611.29098
報告を受け RSCEにて確認、適用。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.3.2-Mar15.exe - [403MB]
<<< 20151106 195200 >>> CreateLog・・・ テンプレート適用のログを暫定新設。              
■ Tips
インストール → 再起動 → {[RADEON設定]や[サウンドの設定]が初期化されてる場合は適宜任意に直す} → 再起動
って 手順が必要なケースもあるようで。
■ Crimson Edition からの インストールの流れ
★ 公式から既にダウンロードを済ませているモノとして・・・
◆ インストーラを右クリックし、[管理者として実行]

2018/09/16

かなりイマサラだが・・・

・・・おきつね環境にて発生していた問題について、模索にて解を得たので纏め。
■ コレは主に、
マザーボード ASRock 990FX Extream4 に対し、RADEON RX480/580 を載せているケースで該当する話となる。

RX560 や HD77xx系 では発生しない為、余程気にしなければ それと判っていない可能性は極めて高い。
■ 症状としては、
挿してあるグラフィックボードなどへのデータ転送負荷増加で行われるべき
PCIeバスの接続世代切替が機能せず、Gen.1.1のまま動作を続ける事で システムのパフォーマンスが著しく低下する。
■ 発生の前提から述べると、
このマザーボードは オーバークロック機能が多彩な事が売りな製品だったのだが、
構築当初そのつもりも無かった為、プロセッサを意図して定格動作させる様 UEFIの設定で定格値に固定してあった。

具体的には、UEFI画面にて [OC Tweaker]-[Overclock Mode]を[Manual]へ・・・
表示された [CPU Frequency] へ 200MHz、[PCIE Frequency] に 100MHzと それぞれセットしていた。
■ 結論としては それが災いしていた。
その様な変更をした場合にのみ 問題が発生する事が、今回虱潰しに設定を試行して判明。
■ 最大の要点は、事象が それら設定した "値" に 起因していない と云う事だろう。
問題の発生要因が、その "変更自体" である点に留意が必要だ。

★ ツマり、それらを踏まえると、
[Overclock Mode] は [Auto]のまま、メモリのクロック[DRAM Frequency] と [HT Bus Speed] のみ 適宜変更する。
これで、類似の事象を抱える環境では、欲しい結果を得られるかと。
★ 結局の処・・・
ASRockのマザーボードと AMDのプロセッサを、"勝手に動作するオーバークロック機能を無効にして使う" 等と云う発想が
そもそも 間違いであった と云う 盛大な自爆テロ・・・orz

2018/09/15

Adobe AIR/FlashPlayer 更新報告・・・

22.0.0.192より FlashPlayer 64/32bit版統合以前のように、64bit版Firefox/CyberFoxで
Flashプレイヤ枠内のコメント枠へ IMEを用いた日本語入力が可能な状態に戻っている。

但し、IMEの拡張機能(再変換ほか)には対応していない。


■ UpdateLog・・・
<<< 20180915 044630 >>>
FlashPlayer Version 27.0.0.183 → 31.0.0.108 - Adobe [ 20180914 US ] Firefoxより通知、公式にて確認、適用・・・
<<< 20171212 195819 >>>
FlashPlayer Version 27.0.0.187 → 28.0.0.126 - Adobe [ 201712-- US ] 報告を受け、公式にて確認、適用・・・ の後アンインストール。 環境によっては再生が安定しなくなり、ロールバックが必要となる為、更新は推奨しない。 Adobeのメジャーアプデは、充分に様子を診てから適用するべき。 指標が判らない一般は、Mozilla(Firefox)が、お墨付きを与えてからのほうが無難だろう。 少なくとも今現在、FirefoxQuantumは、何の通知も表示していない。
<<< 20171118 225731 >>>
FlashPlayer Version 27.0.0.183 → 27.0.0.187 - Adobe [ 20171114 US ] 報告を受け、公式にて確認、適用。
<<< 20171031 224616 >>>
FlashPlayer Version 27.0.0.130 → 27.0.0.183 - Adobe [ 20170915 US ] CyberFox アドオンマネージャにて確認、適用。
<<< 20170916 005514 >>>
FlashPlayer Version 26.0.0.137 → 27.0.0.130 - Adobe [ 20170915 US ] 公式サイトにて確認、適用。 AIR - Version 25.0.0.134 → 27.0.0.124 - Adobe [ 20170915 US ] ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
<<< 20170726 131026 >>> Mozillaプラグインチェックにて確認、適用。
FlashPlayer Version 26.0.0.126 → 26.0.0.137 - Adobe [ 20170711 US ]
<<< 20170615 194746 >>> 報告を受け、Mozillaプラグインチェックにて確認、適用。
FlashPlayer Version 25.0.0.171 → 26.0.0.126 - Adobe [ 20170613 US ]
<<< 20170517 011249 >>> CyberFoxにて更新を検出、Mozillaプラグインチェックにて確認、適用。
FlashPlayer Version 25.0.0.148 → 25.0.0.171 - Adobe [ 20170516 US ]
<<< 20170412 211504 >>> 報告を受け、Mozillaプラグインチェックにて確認、適用。
FlashPlayer Version 25.0.0.127 → 25.0.0.148 - Adobe [ 20170411 US ]
<<< 20170314 232958 >>> ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
AIR - Version 24.0.0.180 → 25.0.0.134 - Adobe [ 20170313 US ]
<<< 20170314 222424 >>> 報告を受け、Mozillaプラグインチェックにて確認、今回も速やかに適用。
FlashPlayer Version 24.0.0.221 → 25.0.0.127 - Adobe [ 20170313 US ]
<<< 20170215 013108 >>> 報告を受け確認、例によって Mozillaプラグインチェックには出てきていない、今回は速やかに適用。
FlashPlayer Version 24.0.0.194 → 24.0.0.221 - Adobe [ 20170214 US ]
<<< 20170120 042430 >>> CyberFox上での警告表示にて確認、今回は速やかに適用。
FlashPlayer Version 24.0.0.186 → 24.0.0.194 - Adobe [ 20170119 US ]
<<< 20161219 202758 >>> ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
AIR - Version 23.0.0.257 → 24.0.0.180 - Adobe [ 20161218 US ]
<<< 20161215 195013 >>> 発行当日に報告は受けていたが、例によって適用を様子診していた。
FlashPlayer Version 23.0.0.207 → 24.0.0.186 - Adobe [ 201612138 US ]
<<< 20161109 191050 >>> 発行当日に報告は受けていたが、今回も適用を様子診していた。
FlashPlayer Version 23.0.0.205 → 23.0.0.207 - Adobe [ 20161108 US ]
尚、CyberFox/FireFox(64/32bit) 49.0 での、描画位置の大幅なズレが生じる問題は、現状 まだ続いている。
<<< 20161030 064421 >>> 発行当日に報告は受けていたが、今回も適用を様子診していた。
FlashPlayer Version 23.0.0.185 → 23.0.0.205 - Adobe [ 201610xx US ]
尚、CyberFox/FireFox(64/32bit) 49.0 での、描画位置の大幅なズレが生じる問題は、現状 まだ続いている。
<<< 20161020 194800 >>> 発行当日に報告は受けていたが、1日適用を様子診していた。
AIR - Version 22.0.0.153 → 23.0.0.257 - Adobe [ 20161018 US ] ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
<<< 20161017 000516 >>> 発行当日に報告は受けていたが、今回も適用を様子診していた。
FlashPlayer Version 23.0.0.162 → 23.0.0.185 - Adobe [ 20161011 US ]
尚、CyberFox/FireFox(64/32bit) 49.0 での、描画位置の大幅なズレが生じる問題は、現状 まだ続いている。
<<< 20160920 2046321 >>> 発行当日に報告は受けていたが、適用を様子診していた。
FlashPlayer Version 22.0.0.209 → 23.0.0.162 - Adobe [ 20160712 US ]
<<< 20160617 130144 >>> 報告を受け確認、例によって Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
FlashPlayer Version 22.0.0.192 → 22.0.0.209 - Adobe [ 20160712 US ]
<<< 20160617 130144 >>> 公式配布サイトにて確認、例によって Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
FlashPlayer Version 21.0.0.242 → 22.0.0.192 - Adobe [ 20160616 US ]
64bit版Firefox/CyberFoxで、以前のように Flashプレイヤ枠内のコメント枠へ IMEを用いた日本語入力が可能になった。
AIR - Version 21.0.0.215 → 22.0.0.153 - Adobe [ 20160511 US ] ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
<<< 20160512 210202 >>> 公式配布サイトにて確認、例によって Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
FlashPlayer Version 21.0.0.213 → 21.0.0.242 - Adobe [ 20160511 US ]
AIR - Version 21.0.0.198 → 21.0.0.215 - Adobe [ 20160511 US ] ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
<<< 20160215 233725 >>> ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。
・AIR - Version 21.0.0.176 → 21.0.0.198 - Adobe [ 20160412 US ]
<<< 20160408 172341 >>> 更新報告が先日あったのだが、他の用件でログ更新できず。
【Win】 Adobe Flash Player 21.0.0.213 / 18.0.0.343 配信開始 - ニッチなPCゲーマーの環境構築 [ 20160407 ]
・・・しかし例によって、Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
・FlashPlayer Version 21.0.0.197 → 21.0.0.213 - Adobe [ 20160323 US ]
・・・尚、20160324 184651現在のトコロ、Adobe AIR には 更新を確認するコトは出来ていない。
<<< 20160324 182430 >>> 更新を以下サイトにて確認。
【Win】 Adobe Flash Player 21.0.0.197 配布開始[Update:2016/03/24] - ニッチなPCゲーマーの環境構築 [ 20160324 ]
・・・しかし例によって、Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
・FlashPlayer Version 20.0.0.182 → 21.0.0.197 - Adobe [ 20160323 US ]
・・・尚、20160324 184651現在のトコロ、Adobe AIR には 更新を確認するコトは出来ていない。 <<< 20160310 225143 >>> 更新を公式サイトで確認、早速適用。・・・しかし例によって、Mozillaプラグインチェックには出てきていない。
・FlashPlayer Version 20.0.0.306 → 21.0.0.182 - Adobe [ 20160209 US ]
・AIR - Version 20.0.0.260 → 21.0.0.176 - Adobe [ 20160309 US ]
<<< 20160215 233725 >>> ひまわりストリームコメントビュ-ワ起動にて アップデートの通知を確認。 更新自体は、この1つ前のFlashと同時に発行されている模様。
・AIR - Version 20.0.0.233 → 20.0.0.260 - Adobe [ 20160208 US ]
<<< 20160209 232610 >>> 更新報告を受けたので早速適用、しかしMozillaプラグインチェックには出てきていない・・・
・FlashPlayer Version 20.0.0.286 → 20.0.0.306 - Adobe [ 20160208 US ]
<<< 20160122 090537 >>> かなり前から配布サイトでは更新来てたが、未だにMozillaプラグインチェックでは出てこない・・・
・FlashPlayer Version 19.0.0.267 → 20.0.0.286 - Adobe [ 201601xx US ]
危なっかしいからココへの通知と導入を見送っていたのだが(´ヘ`;) <<< 20160101 212231 >>> ・AIR - Version 20.0.0.204 → 20.0.0.233 - Adobe [ 20160101 US ] <<< 20151229 193837 >>> 更新報告を受け確認、本家FireFoxも更新があるようだ、CyberFoxもそろそろだろう。
・FlashPlayer Version 20.0.0.235 → 20.0.0.267 - Adobe [ 20151207 US ]
<<< 20151208 234133 >>> 更新きてるのに 今現在 Mozillaプラグインチェックには出てこない・・・ 煎れて大丈夫か?w
・FlashPlayer Version 19.0.0.245 → 20.0.0.235 - Adobe [ 20151207 US ]
・・・とか云いつつ 煎れたケドねw ・AIR - Version 19.0.0.241 → 20.0.0.204 - Adobe [ 20151207 US ] <<< 20151112 231436 >>> なんか更新きてるね。
・FlashPlayer Version 19.0.0.226 → 19.0.0.245 - Adobe [ 20151111 US ] ・AIR - Version 19.0.0.213 → 19.0.0.241 - Adobe [ 20151111 US ]
・Adobe、「Adobe Flash Player」「Adobe AIR」の月例セキュリティアップデートを実施
 CVE番号ベースで17件の脆弱性を修正 - 窓の社 [ 20151111 141900 ]
<<< 20151017 101836 >>> とりま 緊急更新推奨19.0.0.207 → 19.0.0.226
・FlashPlayer Version 19.0.0.226 - Adobe [ 20151016 US ]
<<< 20151015 224334 >>> 殆ど悪い冗談って域だな・・・(´ヘ`;)
最新版が公開されたばかりの「Flash Player」に未修正の脆弱性、標的型攻撃への悪用も - 窓の社 [ 20151015 133700 ]
こうなってくるとひまストのHTML5プレイヤ化が待たれるね、他のFlashサイトなんて使わなければいいだけだし・・・ <<< 20151014 045120 >>> こめビュ起動したら更新通知、確認したらFlashPlayerもあった。
・AIR - Version 19.0.0.190 → 19.0.0.213 - Adobe [ 20151013 US ]
・FlashPlayer Version 19.0.0.185 → 19.0.0.207 - Adobe [ 20151013 US ]
<<< 20150923 014929 >>> CyberFox(FireFox)更新来たので確認したら更新来てた・・・
・FlashPlayer Version 18.0.0.232 → 19.0.0.185 - Adobe [ 20150922 US ]
↓ 先日AIRの更新もあったので、まだなら適用推奨。 <<< 20150921 215946 >>> 先程 ひまわりストリームコメントビューアを起動したらアプデ表示が出た、早速更新。
・AIR - Version 18.0.0.199 → 19.0.0.190    - Adobe [ 20150920 US ]
<<< 20150815 044920 >>> ついさっき端末起動したらアプデ表示が出た、概要詳細はまだ確認してない。
・AIR - Version 18.0.0.180 → 18.0.0.199 - Adobe [ 20150814 US ]
↓ FlashPlayerの更新も、まだなら急ぎ推奨。 <<< 20150714 234421 >>> やっときたか対策アプデ・・・ 危険過ぎる失態ばかり・・・ いい加減にして欲しいね。
・FlashPlayer Version 18.0.0.206 - Adobe [ 20150713 US ]
<<< 20150709 134600 >>> 今朝寝る前までは来てなかったアプデが配布されてるね、アレだけ重篤な脆弱性だと急いで当たり前なんだケドね。
・FlashPlayer Version 18.0.0.203
・AIR - Version 18.0.0.180
<<< 20150709 183206 >>> CreateLog・・・          
■ 性急な自動更新でバグトラブルに巻き込まれたくない場合は、
★ インストール完了直前の この画面で、

その旨 ▲ 設定して 適宜インストールを完了しておくべきだろう。 
但し、自動更新が良いなら この限りでは無い、あくまで任意の判断にて。 

2018/09/13

SIGMAさんよ・・・

・・・ココなきつねは何時まで SD14 を使っていればイイのかね?(-_-;)
■ SD1 以降の全てのラインナップがデジタル受像機器として半端で SD14から乗り換えるには総合的に性能不足。
◆ 最新の sd Quattro でさえ、
大容量データを吐き出す 大判化した最新のFoveonX3搭載で、何故記録媒体が SDXC や CF(SD1) ??
しかも今更 Eye-Fi対応しても遅いのだが?
あんなモノは、データサイズが大き過ぎて Wi-Gig登場まで役に立たないだろ・・・(´ヘ`;)
◆ 今後のFoveonX3フルサイズ化まで視野に入れるまでも無く、
最低でも着脱可能な構造で NVMeSSD・・・ 最悪でも SATAⅢSSD採用して貰わないと、
速度も容量も 全く実用を満たさないのだが?
◆ それにバッテリーも いつまで Panasonic DMW-BLF19互換製品で誤魔化すつもりかね?
前の コニカミノルタ NP-400互換品も
SD1 まで引き摺ってたが、何れも機器の消費電力の割りに容量シケ過ぎだっただろ?

そろそろ大容量な SONY NP-F970以上を採用してくれないモノかね?
★ いい加減、"画質だけが取り柄なんてのは既に甘えだ" と自覚して貰いたいモノだな。
◆ 最低でも
・受像素子から得た得たデータを、バッファに依存する事無く記録媒体へ高速転送。
・長時間連続運用可能な容量のバッテリーを採用。
・HDMI出力でモバイルディスプレイ併用での画像確認を可能に。
この程度は満たしていなければ、デジタル受像機器と呼ぶのは おこがましい域だ。 ★ 過去より云われていた通り、"カメラ" たる事に重点を置く事自体は理解出来る。
しかし、受像素子を用いている時点で それはデジタルカメラであり、
デジタル機器としてのセオリーには従っているべきである。

それが出来ないのなら、フィルムカメラ製造に戻る事を推奨したいくらいにね#
★ そもそも、もう一眼レフレックス(SD1/SD15)を改良する気はナイのかね?
◆ 製造コストの低いエンプラの SD15の筐体で、
最新FoveonX3に プロ向けVカム用大容量バッテリー搭載可能なパワーグリップ、
高速記録媒体としてNVMeSSDを採用し、映像出力端子としてHDMI載せるだけで結構違うハズなんだが?
★ そして全てを適切に機能させる要である TRUEⅢも、
自社所有のIPならファウンドリを変えてはドウかね? 富士通半導体製品は連続稼働安定性に欠くのだよ。
いっそ TSMC や GLOBALFOUNDRIES に依頼したほうが、コスト面でも性能面でも改善すると考えるがね?

回路設計とフォトマスク製作が富士通であると云うのなら、いっそAMDにでもアプローチしては如何かね?
もっとマトモな映像エンジン仕立ててくれるだろう、あそこは天下り先御役所企業とは違うからね。

2018/08/30

そう云うコトか・・・

・・・本日 雨天の中、新刊向け取材で JR日田彦山線 彦山駅に赴いた。
■ しかし 田舎の鐡道を舐めていた・・・
◆ 地方とは云え区間が長めであったコトから、行き当たりばったりでも充分、都市部の様に往来可能なのではナイか?
ソレが気になってしまった為、途中の要所となる経過駅の概要のみ ざっくり記憶し、目的地を目指すが・・・
程無く突き付けられたのは、区間の長さ割りに 便数が なんと1時間最大2便のみと云う現実。
事前に移動を計算せずに向かうには、余りにリスキーな路線だったコトに気付いたのは、
小倉駅に到着してからだった(´ヘ`;)
◆ 件の日田彦山線は、去年の九州豪雨から不通となっている区間があるが、件の駅は それに含まれる。
添田駅以降は代行バスで現着は可能であり、無事到着は出来た。
18きっぷも有効な旨聞き取りにて確認、その様な運用でも不便はしない。
取材先へはソコから徒歩で赴き、当該画像全ての取得を完了させ、彦山駅へ戻るが・・・
体力残量が厳しさを増し、早々に帰途に就きたくとも、代行バスも概ね1h1~2便(゚Д゚;)
本来は この駅自体の取材では無かったのだが、待ち時間全て駅の撮影に廻したモノの、
サスガに持て余す・・・ 本日の旅程は中継地点での待ち時間が長過ぎた(´ヘ`;)
■ そんな理由で、時間を怠惰に浪費するウチ、幾つかの問題点を整理出来た。
◆ まず、JR九州の、あの "横柄とも云える態度" については、
残念ながら同意せざるを得ない点もある と云う事実・・・
結論から述べるなら、あの態度に至った要因は、JR九州 と 地域 に依る 潰し合い の結果。
彦山駅に至る道すがら、インフラの管理や新規整備の状況を 目の当たりにすると、
"お互いを尊重する意識の低さ" が、酷く散見された。
自治体の政策、地元民の消費行動、JR九州の思惑・・・

添田駅から彦山駅に至るまでの、代行バスの車窓から確認出来た被災状況と、
新設されて そう永い時を経ていない隣駅の業態を診るだけでも、

それぞれ全てが自己本位で、地元民含む関係者全てが "それら全体の利益" を
微塵も考えていなかった事を窺い識るには、充分な情報が含まれている。
◆ 確かに 鐡道事業は、その辺の "ただのビジネス" とは、大きく存在意義が異なる。
しかし その規模は どうしても大きくなる為、植物に似た特性も持っている。
彼らが提供しているのは、基本 移動手段なワケなのだが、
その地区では儲からないから と云って、他の地域へサービスを そのまま移す事等出来ない点が、コレに該当する。
因って "地元の人が数多く活用する" と云うメンテナンスを要する・・・
コレは、ペットやガーデニングで、適切に世話をするコトと同義であり、
もし それが成されないと云うのなら、JR九州の云う通り、その存続はやはり適わないだろう。
■ なにしろ、地域を統べる政財界が、関東から30~40年知恵遅れな地域にあっては、
モータリゼーションへの陶酔が 未だに顕著を通り越して過剰だ・・・ だが、それが齎す害については、誰も論じていない。 
◆ 鐡道事業への圧迫も その1つではある。
自動車の利用率が上がると相対的に、都市程の人口を持たない地域では、鐡道の利用が大きく減少する。
・利用者減を認識した鐡道事業者は、当然便数を削減する。
・利便性に難を感じた利用者は鐡道を避け、益々自動車を用いるようになる・・・
違いが潰えるまで続く負の螺旋・・・ コレはもはや云わずもかではあっただろう。
◆ だが、今日 彦山駅前の階段で蒸し暑さにヤられつつ見た光景は、
全く別の事象へのアプローチと成り得る と考えるに、充分な要素となった。
まず明確な事実として、鐡道貨物の扱いが無くなった地域では、
どんなに狭い道を経由する拠点であろうと、大型のトラックを用いて物流が機能している・・・
その輸送で生じる音や振動は、
鐡道でのそれを遥かに超える共振性の高いエネルギーを含み、規模の割りに大きな影響を
及ぼすリスクを孕む。
語弊無き様添えておくが、トラック輸送のそれが、全ての要因だとは云っていない。
その要素として、小さくないと感じるに足るだけの状況に遭遇した事実を踏まえているだけだ。
そして、低周波の伝播は広範囲に及び 且つ、歪みとして蓄積し易いと云う特性をも併せ持つ。
夏の盛りに彦山駅界隈の山々を見渡せば、誰でもその植生の境界の多さには、嫌でも気付く。
あれらは、植林に起因した箇所を除けば、過去の土砂災害の跡と考えて差支えが無いだろう。
要するに、地震だけでも充分考えモノな処へ、人間の経済活動が更なる追い打ちを掛けているワケだ。
これに因り、表層処か深層さえも影響を受け、そこへ豪雨・・・ もはや述べるまでも無いだろう(-_-;)
★ 内容の一貫性欠落と診る向きも多いかとは思うが、
本件で云えば逆に、"繋がりや関連性の無きモノ等 1つも無い" と云う証拠と考えて良い。
社会インフラの変化 自然災害 人口流出 地方の衰退 それら "全ては連鎖している" と云う認識が、
戦中/戦後の日本人には、著しく 欠けている。