2018/06/18

7年落ちの・・・

・・・50ccの原付に ココまでやるか? をやってる最中。
おきつねさまがイジり廻している HONDA DIO 4ST Fi/AF68 が、別領域の贅沢仕様になりつつある。
まず、取り付けた Kijima製リアボックス K-22 だが、
ペース と 本体下部 に orgry 6pin防水コネクター を固定、着脱時に接続されるよう構成した。
相応に高い加工精度を問われはするが、時間を掛けてソレをやる価値はあるだろう。

まず、ベースにある三角形の穴を MAX AK-HL1230E2 修理時に用いた エスコ [鉄] リペアースティック の
残り7割用いて埋め、硬化後 防水コネクタ オス側に合わせて穴あけ、コレを固定可能に。

K-22本体下面の該当箇所へも
コネクタ メス側に合わせた穴あけ後、コネクタを挿し込み、内側からグルー(ホットメルト)で一時固定。 

その内部へ、
穴あけ加工を済ませた タカチ電機 SW-100B を 接触面へ絶縁用シリコーンコーキングを塗布後、M2.5のビスで固定。
内部をグルーで満たして6pinコネクター固定補強と、サトーパーツ スクリューレス端子台 ML-1700 を固定した。
配線は元々orgry 4pin防水コネクターで アース・ブレーキランプ・ウインカー左右 だけの予定だった処へ、
3Aサーキットプロテクタ経由で バッテリー直の +12VDC -12VDC を接続可能とした。
GIVI リアボックスパーツ 配線セット Z880 66537 を用いるより、浸水での接触不良の心配がナイ上、
接続線数が 3倍となった。
これに因り、ブレーキランプ/ウィンカー追加装備(準備完了)に加え、防水スイッチ経由で USB電源を 搭載(準備完了)して、スマホ等の充電を可能とした。また、夜間運用に備え、ボックス内照明も装備(準備完了)。
ついでに AF68車体側メットインにも、USB電源(20180619実装完了)と照明を追加(20180620実装完了)。
何で (準備完了) が多いか? それは、それらの前に K-22外装上部(フタ)を シルバーに塗装するから(20180620完了)。
プライマー → ホワイト → シルバー → クリア と云う塗装手順を要する。
ウインカー取り付けも穴あけ済みで、取り付けは塗装後になる。

2018/06/15

AMD ドライバ更新報告・・・

先頃から RSCE に 更新補助機能が付いて 中々便利になっている。 
しかし、複数機器を管理する場合は、公式からダウンロードしたほうが、使い良い可能性。
■ UpdateLog・・・
<<< 20180615 120945 >>>
Radeon Software Adrenalin Edition 18.6.1 Release Notes - AMD [ 20180530 US ]
DisplayDriver version 18.10.19.01-180529a-329361E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.21.01-180607a-329759E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0529.1444.24713 → 2018.0607.712.11137
RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.6.1-June13.exe - [356MB]
<<< 20180601 204334 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.5.2 Release Notes - AMD [ 20180530 US ]
DisplayDriver version 18.10.16-180516a-328911C-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.19.01-180529a-329361E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0516.1451.24901 → 2018.0529.1444.24713
AMDからのメール[20180601 0219] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.5.2-May29.exe - [356MB]
<<< 20180524 115220 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.5.1 Release Notes - AMD [ 20180523 US ]
DisplayDriver version 18.10.01.05-180424a-327684E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.16-180516a-328911C-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0425.4.41502 → 2018.0516.1451.24901
AMDからのメール[20180524 0221] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.5.1-May23.exe - [357MB]
<<< 20180503 010305 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.4.1 Release Notes - AMD [ 20180501 US ]
DisplayDriver version 17.50.33.05-180322a-326037E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.01.05-180424a-327684E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0322.1825.31335 → 2018.0425.4.41502
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.4.1-Apr26.exe - [344MB]
<<< 20180327 131932 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.4 Release Notes - AMD [ 20180326 US ]
DisplayDriver version 17.50.33.01-180316a-325741E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.33.05-180322a-326037E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0316.2035.35227 → 2018.0322.1825.31335
AMDからのメール[20180327 0651(0337Send)JST] による案内を受け、
公式サイトのリリースノートへアクセスし 確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.4-March23.exe - [MB]
<<< 20180322 045720 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.3 Release Notes - AMD [ 20180321 US ]
DisplayDriver version 17.50.27.02-180308a-325250E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.33.01-180316a-325741E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0308.1219.22154 → 2018.0316.2035.35227
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.3-March18.exe - [345MB]
<<< 20180315 023135 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.2 Release Notes - AMD [ 20180314 US ]
DisplayDriver version 17.50.27.01-180302a-325048E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.27.02-180308a-325250E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0302.2046.37348 → 2018.0308.1219.22154
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.2-March12.exe - [345MB]
<<< 20180306 164900 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.1 Release Notes - AMD [ 20180305 US ]
DisplayDriver version 17.50.25.01-180219a-324524E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.27.01-180302a-325048E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0219.2048.37430 → 2018.0302.2046.37348
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.1-March5.exe - [345MB]
<<< 20180224 014101 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.3 Release Notes - AMD [ 20180223 US ]
DisplayDriver version 17.50.17.04-180206a-324065E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.25.01-180219a-324524E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0206.1847.33779 → 2018.0219.2048.37430
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.2.3-Feb22.exe - [345MB]
<<< 20180214 093404 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.2 Release Notes - AMD [ 20180213 US ]
DisplayDriver version 17.50.17.03-180131a-323782E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.17.04-180206a-324065E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0131.1849.33856 → 2018.0206.1847.33779
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
win10-64bit-radeon-software-adrenalin-edition-18.2.2-feb12.exe - [345MB]
<<< 20180204 015952 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.1 Release Notes - AMD [ 20180203 US ]
DisplayDriver version 17.50.15.01-180112a1-322990E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.17.03-180131a-323782E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0112.1644.30111 → 2018.0131.1849.33856
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.2.1-Feb1.exe - [MB]
<<< 20180120 084846 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1 Release Notes - AMD [ 20180119 US ]
DisplayDriver version 17.50.07.01-171217a-322096E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.15.01-180112a1-322990E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1217.1452.26725 → 2018.0112.1644.30111
RSCEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.1.1-Jan18.exe - [345MB]
<<< 20171221 010100 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.2 Release Notes - AMD [ 20171220 US ]
DisplayDriver version 17.50.02-171206a-321058C-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.07.01-171217a-322096E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1206.1740.31787 → 2017.1217.1452.26725
RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-17.12.2-Dec19.exe - [345MB]
<<< 20171201 044014 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.1 Release Notes - AMD [ 20171212 US ]
DisplayDriver version
17.40.2511.1015-171127a1-320995E-CrimsonReLive → 17.50.02-171206a-321058C-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1127.1953.35761 → 2017.1206.1740.31787
報告を受け、RSCEにて確認、適用・・・ するもアンインストール。
OBSStudioの[ゲームキャプチャ]を 新機能が阻害、フレームレート測定ツール Fraps を用いたのと同じ状態に。
同様の運用であるなら、直ちに RSCE17.11.4 へ ロールバックするべきだろう。
尚、アンインストーラが正しく機能しない。
セーフモードで起動し、DisplayDriverUninstallerを用いてドライバの削除を行わなければ、
ロールバック出来ないので注意が必要だ。
▼ Non-WHQL?
win10-64bit-radeon-software-adrenalin-edition-17.12.1-dec11.exe - [345MB]
<<< 20171201 044014 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.4 Release Notes - AMD [ 20171127 US ]
DisplayDriver version
 17.40.2511-171115a-320421E-CrimsonReLive → 17.40.2511.1015-171127a1-320995E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1115.1824.33103 → 2017.1127.1953.35761
報告を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.4-Nov27.exe - [326MB]
<<< 20171117 070031 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.2 Release Notes - AMD [ 20171116 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1031-171102a-319871E-CrimsonReLive → 17.40.2511-171115a-320421E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1102.1456.25052 → 2017.1115.1824.33103
AMDからのメール[20171117 0348] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.2-Nov16.exe - [326MB]
<<< 20171106 052749 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1 Release Notes - AMD [ 20171105 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1021.1011-171026a1-319547E-CrimsonReLive → 17.40.1031-171102a-319871E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1026.2226.38569 → 2017.1102.1456.25052
RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.1-Nov2.exe - [326MB]
<<< 20171028 085514 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.3 Release Notes - AMD [ 20171027 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1021-171020a-319291E-CrimsonReLive → 17.40.1021.1011-171026a1-319547E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1020.1706.30751 → 2017.1026.2226.38569
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.10.3-Oct27.exe - [326MB]
<<< 20171024 151255 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.2 Release Notes - AMD [ 20171023 US ]
DisplayDriver version
 17.30.2822-171005a-318724E-CrimsonReLive → 17.40.1021-171020a-319291E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1005.1719.29341 → 2017.1020.1706.30751
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.10.2-oct23.exe - [325MB]
<<< 20171005 010345 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.1 Release Notes - AMD [ 20171010 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1091.1011-170922a-318503C-CrimsonReLive → 17.30.2822-171005a-318724E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0922.1659.28737 → 2017.1005.1719.29341
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.10.1-Oct6.exe - [372MB]
<<< 20171005 010345 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.3 Release Notes - AMD [ 20170927 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1091-170918a2-318192E-CrimsonReLive → 17.30.1091.1011-170922a-318503C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0918.1943.33661 → 2017.0922.1659.28737
▼ 久々のWHQLらしい。
whql-radeon-software-crimson-relive-17.9.3-win10-64bit-oct2.exe - [673MB]
<<< 20170922 061501 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.2 Release Notes - AMD [ 20170921 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1081-170905a-317685E-CrimsonReLive → 17.30.1091-170918a2-318192E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0905.1156.19665 → 2017.0918.1943.33661
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.9.2-Sep21.exe - [365MB]
<<< 20170908 053241 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.1 Release Notes - AMD [ 20170907 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1071-170821a-317359E-CrimsonReLive → 17.30.1081-170905a-317685E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0821.2358.41324 → 2017.0905.1156.19665
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 20170908 112020 >>
RX560で、HDMI出力が TVに対して1080i29Hz接続が出来ず 720p60Hzのみ有効となっていた問題が解消。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.9.1-Sep7.exe - [366MB]
<<< 201708-- ------ >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.2 Release Notes - AMD [ 20170825 US ]
DisplayDriver version
  → 17.30.1071-170821a-317359E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  → 2017.0821.2358.41324
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 201709-- ------ >>
・RX560で、HDMI出力が TVに対して1080i29Hz接続が出来ない状態。720p60Hzのみ有効。
・RX480+HD7750 と HD7770x2 の 2機材で、PSO2 が ランチャー以降起動出来なくなる症状の解消を確認。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.8.2-Win10-64Bit-Aug24.exe - [364MB]
<<< 201708-- ------ >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.1 Release Notes - AMD [ 20170818 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1041-170720a-316467C-CrimsonReLive → 

RadeonSettings version 2017.0720.1902.32426 → 
▼ ・・・
Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.8.1-Win10-64Bit-Aug18.exe - [471MB]
<<< 20170728 042945 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2 Release Notes - AMD [ 20170727 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211.1031-170704a-315940E-CrimsonReLive → 17.30.1041-170720a-316467C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0704.1721.31196 → 2017.0720.1902.32426
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 20170728 212049 >>
RX480+HD7750 と HD7770x2 の 2機材で、PSO2 が ランチャー以降起動出来なくなる症状を確認。
同機にて 17.7.2 を クリーンに導入し直す試行でも、この問題は解決しなかった。

同一症状が発生しているようであるなら、速やかに17.7.1へロールバックを推奨する。
▼ 久々のWHQLなんだがなぁ・・・
whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.7.2-july27.exe - [475MB]
<<< 20170712 021011 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.1 Release Notes - AMD [ 20170711 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211.1011-170612a-315159E-CrimsonReLive → 17.10.3211.1031-170704a-315940E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0612.1651.28496 → 2017.0704.1721.31196
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
Fixed a bug causing crashes on 
・Tekken 7
・FFXIV and Little Nightmares
 on Radeon RX 300 Series・・・
珍しく、日本のゲームタイトル向け修正含むようだが、そもそも RX3xx系って使ってる向き居るのか?
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql- Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.7.1-July10.exe - [383MB]
<<< 20170625 062731 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.2 Release Notes - AMD [ 20170614 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211-170606a-314971E-CrimsonReLive → 17.10.3211.1011-170612a-315159E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0606.1509.25443 → 2017.0612.1651.28496
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.6.2-june13.exe - [383MB]
<<< 20170611 061312 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.1 Release Notes - AMD [ 20170610 US ]
DisplayDriver version
 17.10.2711.1021-170517a-314337E-CrimsonReLive → 17.10.3211-170606a-314971E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0517.1550.26687 → 2017.0606.1509.25443
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.6.1-June6.exe - [383MB]
<<< 20170529 104736 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.5.2 Release Notes - AMD [ 20170528 US ]
DisplayDriver version
 17.10.2711-170502a-313824E-CrimsonReLivee → 17.10.2711.1021-170517a-314337E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0502.1417.23881 → 2017.0517.1550.26687
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.5.1-May4.exe - [MB]
<<< 20170505 032457 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.5.1 Release Notes - AMD [ 20170504 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1731-170424a2-313603E-CrimsonReLive → 17.10.2711-170502a-313824E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  2017.0424.2119.36535 → 2017.0502.1417.23881
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後、念の為 VSRを無効にした後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.5.1-May4.exe - [MB]
<<< 20170430 000951 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.4 Release Notes - AMD [ 201700429 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1711-170410a-313248C-CrimsonReLive → 17.10.1731-170424a2-313603E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  2017.0410.1312.21926 → 2017.0424.2119.36535
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後、念の為 VSRを無効にした後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.4.4-apr27.exe - [401.7MB]
<<< 20170419 091932 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.3 Release Notes - AMD [ 20170418 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1711-170410a-313068E-CrimsonReLive → 17.10.1711-170410a-313248C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0410.1312.21926 → 2017.0410.1312.21926
AMDからのメール[20170419 083300(062000Send)JST] による案内を受け、
公式サイトのリリースノートへアクセスし 確認、適用。

※ 尚、RSCEのアップデートチェッカでは 20170419 095200現在、この更新を検出出来ていない。
▼ 久々の WHQL版。
whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.4.3-apr17.exe - [526.5MB]
<<< 20170414 033403 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2 Release Notes - AMD [ 201700413 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1061-170331a-312788E-CrimsonReLive → 17.10.1711-170410a-313068E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0331.729.11648 → 2017.0410.1312.21926
RSCEにて確認。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.4.2-Apr11.exe - [401MB]
<<< 20170406 033031 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1 Release Notes - AMD [ 201700404 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2911.1011-170316a-312242E-CrimsonReLive → 17.10.1061-170331a-312788E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0316.1721.29397 → 2017.0331.729.11648
報告を受け RSCEにて確認、適用。 !!! Important !!!
<<< 20170406 043837 >>>
一部の RADEON RX480 搭載環境で、PSO2 の アップデートが BSoDする問題が ほぼ解消している模様。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.4.1-Apr3.exe - [401MB]
<<< 20170322 104516 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.3 Release Notes - AMD [ 20170321 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2911-170310a-312047E-CrimsonReLive → 16.60.2911.1011-170316a-312242E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0310.1611.29098 → 2017.0316.1721.29397
報告を受け RSCEにて確認、適用。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.3.3-Mar16.exe - [403MB]
<<< 20170316 232730 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.2 Release Notes - AMD [ 20170315 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2711-170303a-311795E-CrimsonReLive → 16.60.2911-170310a-312047E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0303.2232.40545 → 2017.0310.1611.29098
報告を受け RSCEにて確認、適用。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.3.2-Mar15.exe - [403MB]
<<< 20151106 195200 >>> CreateLog・・・ テンプレート適用のログを暫定新設。              
■ Tips
インストール → 再起動 → {[RADEON設定]や[サウンドの設定]が初期化されてる場合は適宜任意に直す} → 再起動
って 手順が必要なケースもあるようで。
■ Crimson Edition からの インストールの流れ
★ 公式から既にダウンロードを済ませているモノとして・・・
◆ インストーラを右クリックし、[管理者として実行]

2018/06/12

どのようなモノであれ・・・

・・・その存在が、どの様な影響力を持ち、ナニに利用されいるのか を理解している必要がある。
★ スポーツで選手として競う そんな面倒を考える連中ってのは、最終的に生じる問題を意識していない。
■ 競技が (ビジネスや社会的地位として) 成立している理由を、もう少し深く考えるべきなんだが、それに至っていない。
スポーツが、起こりの通りに・・・
タダの遊びをベースとした地域間対立のガス抜き
 であると云うのであれば、
もはやコレは政治的な道具であり、そしてそれは
今も全く変わっていない と云う点を認識し、正しく理解した上で関わっているのか?
大衆の、日々の生活で生じた不満のガス抜きとして、国家や宗教、企業に利用され続けている。
そんな自覚、あるのかねぇ? 彼らに。
■ 縦しんば その様な認識があるとしたら、むしろ 何故プレイを続けられるのか、神経を疑わざるを得ない。
何故なら 解釈は 1つしか成立しないからだ。
それは、
どのようなモノでも利用し、そのスポーツで利益を上げる事以外考えていない
 と云う事。
・・・この場合の利益とは それで得た結果 をも意味する。 要するに、自分(達)が得たい結果の為であれば、悪意しか持ち合わせぬ者でも縋る、 他者に害が及ぼうが関係ない って ロジックに同義。
某大国国家のバックアップを得て、核爆弾を創った学者と、何ら変わらない思考パターンである。
★ スポーツ絡みの不祥事も、こうした認識の常態化が根底に無ければ、成立しないモノばかりだ、。
■ そこまで理解した上で尚、
それに打ち込んでいる と云い切れるのなら、別段苦言を呈する要素はナイのだが、
日本人の場合、前述の様なタイプの思考よりも、

むしろ、
犬のように従って、ひたすら褒めて貰う快楽に溺れているだけ。
 にしか診えないのが、チョイと  情けないと感じているのだがね。
★ おきつねさまが普段から述べている、日本大衆の 品質意識の低さ、このへんにも診え隠れしてないかな?

今 常にあるリスク・・・

・・・それは、貧乏性世代である老害諸兄各位による、普段の何気ない行為そのモノである。
★ 表題の件を触れる前に、
◆ 人間に害成す ウィルスや細菌が、
状況に応じて 進化する と云う間違った考え方が、マスゴミによって流布されている前提を理解しておく必要がある。
◆ あれは単に、
増殖の過程で起こった 遺伝子の複製ミスに起因し、
元の型では存在しえなかった環境下でも、活動が可能になっただけの事である。
その様に変化すれば耐えられる と 理解して 生じた遺伝子の変化ではナイ。
また、遺伝子変化を獲得した個体も、
増殖能力や寿命が伴わなければ、既存タイプの勢力起因で、その存在を維持するコトは適わない。
因って、数多 の 或いは 長期同じ環境変化への遭遇 が無い限り、その遺伝子型で定着する事は無いのだ。
◆ 上述で云う環境とは、人間の活動によっても、大きく変化させられてきた。
駆除に用いられた薬剤に因る化学反応も、そうした変化の1つでしかない。
◆ 人間が、あれらの 進化 と呼んでいる状態は、
対象の 活動と増殖を停止させるコトが適わなくなった状況 に過ぎない。
当然、活動が伴えれば増殖し、出来なかった対象は死滅する。
◆ この死滅した側を診て、一般ではコレを 淘汰 と呼んでいるに他ならない・・・
見た目上を表現するだけなら間違ってはいないのだが、
無知な者にも判る様にと、マスゴミ番組での扱いで要約が過ぎた結果である。
◆ 淘汰とは本来、必要とされなかった者が、潰えていく様を著す・・・
このケースを診るに、その原因を作ったのは人間である訳なのだが・・・
厄介な耐性が付いたウィルスの発生を望んでるのかね?
もし そうであるのなら、確かに 淘汰 と云う言葉でも成立はするがね。
★ 淘汰があっての進化 は、これらが成立しない為、今では多くで否定されている。
何故なら それは、同一種の雄雌でしか、成立しない診方だからだ。

この辺まで踏まえて 正しく読み解かせるのであれば、  
順応 を以て 進化 と見做す
 と云う前フリが都度必要になる。
コレであれば ウィルス等の変化を 進化 と称しても違和感はナイ。
そして 淘汰と呼ばれていた現象は、 
単に 順応能力が無かった個体群の消滅
  と云い替えたほうが正しいだろう。
★ この様な最低限あるべき情報が欠落したまま、安易に淘汰だ進化だ等と宣うクソメディアでしかないTV番組には、反吐が出ますな。
★ さて漸く本題だ。
正しく理解される様な流れ持たないクズ番組 を、知識の拠り所とするしかない無思考世代 が、国民 過半数越え の今・・・
◆ 前述のような事さえ正しく理解していない老害 は、殺菌と称して 過剰に過酸化水素水を用いる。
キッチンでは 漂白剤 としても用いられていると云えば、ある程度察する事の適う向きも多いのではないだろうか?
◆ 本ログ取り扱い案件での、最大の問題点とは、
あれら貧乏性患者は、食器や布巾の漂白に用いたソレを、開口全開のバケツにそのまま 取り置いて使い回す コトだ。
大量の抗生物質を飲みまくっているマヌケと、同様の行為であると云う自覚など、微塵も無い。
どの様な化学反応に因って 漂白や滅菌が行われているか など、お構いなしだ。 当然 そのような行為に起因するリスクなど、一切考えない。
★ もし、あれらの愚行を、糾弾し改めさせないままで居ると云うのであれば、
遠くない将来、人間に害成すウィルスは、大仰な研究室ではなく、御家庭のキッチンで 発生する 可能性も、
重々覚悟しておいたほうが良いだろう。

2018/06/07

モノが出ないまでも・・・

・・・こう云う(正式な)情報が待たれていた訳だったりする。
★ コレらを基準に、パーツ選定スケジュールを構成出来る。
世界初7nmプロセス採用、32GBのHBM2を搭載する第2世代「Radeon RX Vega」が発表 - エルミタ [ 20180606 ]
ナニシロ 今年秋以降にコレが登場しても、気楽に手が出る価格ではナイと予想される。
ただ、HBM2 16GB や 8GB の廉価機種は同時に登場する可能性はあるのだが・・・
それでさえ、世界的に診て、性急に調達可能な地域には住んでいない。
日本とは そう云うロケーションだ、物理でも ビジネス的にも。
★ で、コレら情報から、今 確定出来る端末のパーツはGPUのみ。
一旦今は、ハイエンド用途は保留で予算温存しつつ 次期VEGA待ちすると仮定して、
狙い目は RADEON RX580 8GB OCRX570 8GB OC となるだろう。

この辺なら、既存製品の VEGA64 や 56 の 半分か 1/3以下の価格 で調達可能だ、
前提を踏まえるのであれば、現状は これらで充分だろう。

更に下の RX570 4GB でも良いのだが、例外を除いて RX580 との価格差が無く、選択する意味は薄い。
本来 RX570は、RX580程 マイニングにもゲーム用途にも人気が無く価格も低い。
その割に 素人が判る程には性能差が無いとの評価が多い、新品で叩き売りがあれば選択肢か。
★ 対して マザーボードやプロセッサは、
予算あるなら 登場したばかりの X399 に RYZEN Treadripper を選択してもヨシ、
春に登場して  既に価格が小慣れ、問題も洗い出され終えた感の強い X470マザー と RYZEN7 2700Xと云う
比較的廉価で相応に高性能な構成でも、充分 5~10年以上使う と云う最低限の要求くらいは満たすだろう。
★ ストレージに関しては順調に妥当な価格帯に降りてきている。
NVMeSSDやHDDは価格も下がり、現状無難に調達出来る状態だ。
前者は高性能最新コントロールチップがMarvellがに発表され、市場は そちらに意識が行きつつあるので、
更なる低価格化が期待出来るが、待つ意味がある程の下げ幅にはならないだろう。
★ こうなると、
メモリを如何に安く買えるかが、コスト抑制のカギとなると考えてイイ、何れのプロセッサを選択するとしても。
★ 冷却周りの小物は、価格が横這いなので、微塵も待つ意味はナイ。
むしろ、ワイドワーク Vertical-GraphitePro の大判 は、Threadripper向けとして要望を出した事で登場した製品だ。
ヘタすると高騰 或いは 品薄になる可能性までありえる。
この部材は NVMeSSD の冷却周りにも使う、切って使える大判が必要なのは この為でもある。
或いは、このログで紹介した様な冷却構造を、自作してセットする必要があるだろう。
Vertical-GraphitePro を NVMeSSD上の各チップサイズにカットし、
TS05-145との接触面に挟み込むカタチとなるか。

ただ、TS05-145 の特性を考えると、上述冷却冶具を作成して取り付けるのであれば、
Vertical-GraphiteProを挟む理由は無いかもしれない。

NVMeSSD上の 各チップ面の高さに違いがある場合に 用いるくらいになるだろうか・・・
2.5インチケースに収められ、手軽に扱える SATAⅢSSD と比較し、遥かに高性能な代償として 冷却の工夫をしないと、自らの熱で処理速度がガタ落ちになると云うのが、現状の NVMeSSDだ。
これに関しては、マザーボードレイアウトとの兼ね合いで、5年後ですら変化は起っていないだろう。
自作する側が対策するしかない・・・

これに対し メーカー品は ほぼ無対策と断じて良い域であり、BTO でさえ 今の処 結構 雑だ、
因って、自作以外では、高速高性能な NVMeSSD を使う事自体が 安定運用に対してリスク と云う事になる。

2018/06/05

ソレも悪くは無いのだが・・・

・・・自由度は低い固体だな。
■ M.2 MVMeSSDの冷却問題だが、
やりたいのは飾り立てるコトか? 否、冷却だろ。
であるなら、コンな大仰なアプローチより
【COMPUTEX】CRYORIGのM.2 SSD専用クーラー「Frostbit」のゲンブツを見てきた - エルミタ [ 20180605 ]
コレ使って、
ワイドワーク 熱拡散シート TS05-145 - Amazon 
 対策を工夫したほうが、余程スマートだと思うぞ。
■ まぁ TS05-145 を この用途に適用するには、難が無いワケではナイ。
★ 長辺側でさえ 長さが短い。
仮に 距離を移動させるには、面を重ね貼りして継いでいく必要がある。
しかし、TS05-145は垂直方向への熱移動能力は、水平方向のそれに比べ 余りに低い・・・

重ねる面積の計算は厳に行い、貼り合わせる面を間違わないよう留意しつつ、
相応のサイズなヒートシンクを取り付け可能なスペースまで、適宜誘導してやる必要がある。
★ 単価が低くはナイ・・・
サイズの割りには高価だとも云える。
相応に高い性能を有するが、用途に広がりを見せていないのも、頷ける処だろう。

個人で使う以外で、ただの冷却部品の部材とするには、コスト高だ。
ヘタすると、ヒートパイプのほうが、移動距離比で安いだろう。
★ だが、TS05-145 であれば、加工難易度は際限なく低い。
ヒートパイプの曲げを、一般ど素人にやらせれば、概ね破壊して終わる処だ。

しかし、TS05-145なら、ハサミで手軽に任意の形状に加工でき 且つ、
相応に柔軟な為、サイズと面を間違わない限り 取り付けに失敗する可能性も ほぼ無い。
もし一般が、CRYORIG の Frostbit を 手作業で模倣する のであれば、
TS05-145を採用するほうが、ヒートパイプより確実に 欲しい結果を得られるだろう。
★ また、本ログで紹介した様に、
TS05-145のような製品を M.2 NVMeSSDの冷却に用いる際の ワンポイントとして、
M.2ストレージ上の フラッシュメモリとコントローラでは、発熱量が異なる事を踏まえておく必要がある。
今のM.2向けヒートスプレッダは、この点への配慮が欠落した商品ばかりで、
少なくとも おきつねさまは あれらの調達に 費用を掛ける気にはならない。
★ 無いなら作るだけだ、
しかも TS05-145 を用いれば、もはや幼稚園児にも可能な工作でしかない。
その場合、前述の実情を踏まえ、単にベタっと M.2ストレージのチップを纏めて全体に貼る よりも、
チップ毎に 冷却先を延長する工夫 をしたほうが、高い冷却効率を確保出来るだろう。
ただ、コレだと TS05-145 以外の部分で 加工難易度が一気に増す為、万人向けではナイな・・・
★ M.2ストレージの場合、
多くのマザーボードでの実装レイアウトが難点となっている。
選りにも選って、大発熱源のグラボ下や プロセッサ脇・・・
であるなら、それを逆手に取ったアルミ製冶具を、製作すれば良いだけだ。
しか 、TS05-145は、熱源接触面から横方向へ熱を拡散移動させる・・・
因って、冷却の為のヒートシンクも、同じ面に接していなければならない。
下模式図は、それらを踏まえた上で、GPU下にレイアウトされているM.2ストレージ向けとして検討した構造だが、
GPUの冷却ファンに因る吸引で生じる空気の移動を利用するタイプとなる。

赤い線が TS05-145 を 青い線がヒートシンク、黒い線でアルミL字金具(ないし曲げて加工した板)を、
緑の線は各種固定用ネジを、それぞれ著す。
図中のアルミL字板の厚みは、土台としての強度だけがあれば良い。
ヒートシンクまでの熱の移動は、ほぼ全て TS05-145 が担う。
この方法でなら、1枚のTS05-145でとれる 可能な限り大きな面積のヒートシンクを適用可能となる。
この程度、仮にアルミの板からでも、相応のサイズの万力と ボール盤があれば、誰でも簡単に自作出来るだろう()
★ しかし結局、最後に引っ掛かるのは やはり、TS05-145の価格か・・・
CRYORIG の Frostbit が もし 3k円以下で投入されたら、手間とコストで 太刀打ち出来ない感(´ヘ`;)
ただ一応、この用途では無いが 原付のヘッドランプLED化で これを実践している。
この おきつねレビューの写真を、参考にされたし。

2018/06/04

現在の・・・

・・・老害共に対し同情するのは、大いなる誤りであると断じておく。
■ 乗用車の自動運転 ?
過去、交通戦争の一翼を担い、
悪びれもせず 昨今も暴れまくっている老害共が全部クタばる頃に至るまで完成しないぞ、あんなモノ・・・
■ であるなら、
鐡道の運行に対してこそ優先して導入し、改めて路線の拡充を図るコトで対策とするべきだ。
もしそれが過去に適っていれば、廃線せずに済んだ ちほー路線も少なくは無かった筈だ。
★ 補足
このログでの 鐡道とは、JRや私鉄大手の路線のみを指さない。
路面電車との 明示的な棲み分け を以て、日々の脚を維持する EU等では定番のスタイルである。
■ しかし、その実現に要する
テクノロジーの普及による低価格化が進行するまで、今まで掛かったのも事実としてあるにしても、
路線を維持可能な程度の利用は、日頃から心掛けるべきであったのだ。
前提として、自分達が老いた時の事まで しっかり見据えていれば、そうしていた筈なのだ。
■ そもそも、昨今話題の
無思考老害共に因る、自動車を(結果として)凶器にした若者の殺害は、
自動車を失うと 生活の脚が無い事を理由に 運転し続けている 事に起因しているのは、広く知られている。
■ だが、その状況でさえ・・・
過去、交通戦争を引き起こしていた奴ら自身が、TVをプロパガンダ媒体として利用した腐れ大企業に陽動されるがまま、
米帝の猿真似で モータリゼーションに陶酔していた事に端を発しているのは、間違う事無き事実だ。

それに関して マスゴミが、深く執拗に掘り下げる事は、ほぼナイ。
ナニせ奴等、スポンサー様マンセー、視聴者の将来など眼中にナイのだからな┐(´д`)┌

結局 考え無く情報を流布してきた自覚も無く、時代を作っているつもりになっていたTVを筆頭とした
マスゴミが招いた人為的厄災でもあり、それら内容の扱いが雑であるのも頷ける処だ。

奴等にしてみれば、可能なら 茶を濁したいハナシであろう。
■ その結果、
ちほーの鐡道路線の利用状況が その経営を担保出来ない程に、壊滅的となった。

それに起因して、一体どれだけの数の 生活に必要とされた路線 が廃線に追い込まれた事か・・・
■ それらを踏まえるのであれば本来、
無思考老害共からは 無慈悲に 免許を取り上げ、その点を しっかり思い知らせてやるべきである。

★ なにしろ奴等、
自分たちの行為の汚点を認める事も無く、自ら首を絞めてきた事にすら気付いていないのだ。

そればかりか、それを用いて若者を轢き殺しまくる等 売国奴に等しい行為であり、
もはや情けを掛ける必要性など、あろうハズも無い。
★ 最後に・・・
免許を取り上げられる事となるであろう老害諸兄に一言。
クルマが無いなら、歩けばイイじゃない┐(´∀`)┌
 「パンが無いならケーキを喰え」と云っている訳ではない、  一部を除き誰にでも出来る事だ。
少なくとも過去の、知性が伴っていたほうの御歳寄りは そうしていた。
そして今、厚かましくも  
老害と呼ばれる事を忌諱する
 のであるのなら、賢人の良い処だけを見倣え。
ただ、老いの全てを悪 と断ずるのは、余りに乱暴である点は認めよう。
であるなら、クルマに対するアプローチで、差別化するのがベターだと進言しておく。

ツマり、
自動車のメンテナンスまで含め、趣味の域で充分に扱えている者のみ、免許継続を認める。
プロの整備士 とまでとはいかないまでも、ある程度を自らこなせる腕を有しているか、確認するべき。 なにしろ 整備する知性無き者は、車両や運転に対する思い入れも無く ただ只管利用しているだけ。 クルマにとっては、ブラック企業の経営者に同義 且つ、他者に対する配慮も欠落している愚者ばかり。 そういう奴等が、思慮に欠けた横暴な振舞いをするコトは、もはやココなきつねが述べるまでも無いのでは? 少なくとも、運転者の素行が、歩行者や周囲車両の安全を左右するのは もはや否定する要素などありえない。 適切な分類と対応こそ、コレを適宜担保するに足る対策だと断言しておく。

2018/05/21

しかしナンだろうね・・・

・・・Microsoft や ディスプレイベンダ諸兄は、著しい勘違いをしているようだな。
■ トクに
iiyamaは、自社のタッチパネルディスプレイが鳴かず飛ばずだった原因を、正しく理解しているのか?
市場やOSに責任転嫁してないか?
新商品登場都度 微妙な解像度と価格なラインナップで、本当に売れると思っているのか?
■ そもそも、タッチパネルディスプレイが普及しない最大の理由は価格ではナイ。
★ その多くが USBHIDを偽装出来る機能を持たないコトが最大の要因だ。
その様なタッチパネル製品では、
マザーボードや HBA等で、UEFI/BIOS設定に於いて 嫌でもキーボードが必要になる・・・
こうなると、何の為のタッチパネルディスプレイなのか と苦言を呈したくもなると云うモノだ。 それらを、完全に代替出来ない事こそが、普及を妨げている。
■ 本来、タッチパネルディスプレイ製品の最低限あるべきスタイルとして、
◆ ソフトキーボードを、ディスプレイの機能として実装する。
この程度の用法なら、QWERTY英語114キーボードをエミュレート出来ていれば済む。
◆ 座標系HID代替として、
タッチパネルで シンプルに座標を返す 物理の USBHIDとして機能するよう仕立てておくべき。
★ この域に至らない限り、現実問題として 実用とは程遠いのだ。
■ もし今の、市場ニーズを 充分に満たせるとしたら、
◆ 解像度のボーダーラインを4kとする。
タッチパネルディスプレイでの用途として小さくないのがイラストや図形描画だろう。
その様な利用では、今更FullHDなど見向きもされない。
◆ 接続は DisplayPortとHDMIに接続を絞ってコストを下げる。
IoT機器を含め HDMIが主流であり、大解像度用途としては 別途 DisplayPortも必須だ。
今更 D-SubやDVIに対応していても、信号をサポート出来ない 4Kディスプレイでは意味が無い。
◆ FreeSync対応。
コストを要さずテアリングを抑え込む。 
ゲーム以外でも、動画再生系アプリケーションで FluidMotion 等との併用を視野に入れておく。
◆ 前述HID機能を完全に実装する。
一般的運用のPCからキーボードとHIDを不要にする。
FPS/TPSゲーマーでも無ければ、もはやキーボードとマウスは不要に出来る。
◆ プログラマブルキーをベゼル前面に物理実装する。
余計なHIDの追加なく [Esc][Ctrl][Alt][Shift]等を 物理或いは光学ボタンで操作出来る様にする。
★ 最低でもココまでやれない限り、タッチパネルディスプレイが高い訴求力を持つ商品とはなり得ない と断言しておく。

2018/03/23

MAX AK-HL1230E2 の・・・ そにょ12

・・・ヤクオフで、ジャンクとして入手した 高圧エアコンプレッサー MAX AK-HL1230E2 の 修理経過 第11弾。
■ やはり一体提供とされる部品の、分割した状態での調達は適わない様だ。
◆ ソレ自体は予想に反しない、手練れの道具屋と云えど、メーカーに対しては限界があるだろう。
然りとて、溶接機や旋盤など、そうそう所有している訳も無く、
もしコレがエンジンの類なら、大規模な部品の調達を、余儀なくされている処だ。

しかし幸運な事に、
対象は ただのエアーコンプレッサーだ、クランク部にアルミを使っても支障の無い程度のモノでしかない。

そもそも固定が適えば、シャフトと共に回るだけで、傷んだ箇所で回転するような構造では無い。

エポキシ系に代表される高強度な補修系接着剤を用い、欠けた部分を 盛って補うだけで、
鉄とまではイかないまでも、アルミと同等の対衝撃性能なら、充分得られる。

とりま 前ログ投稿直後に、エスコ [鉄] リペアースティック を・・・

また、先に調達した平行キーでは幅に誤りがあった為、セイキ製作所 平行キー 片丸 S50C も
同時に発注してある。

ただ ナンだろう、MonotaROでは 平行キーの発送が遅れる傾向にある様だ・・・
まぁ一旦 それが届く前に、コンロッドユニットの傷んだ部分を、リペアースティックを用いて埋めておく予定だ。

平行キーが、高圧側 と 低圧側 で 別々と云う状態も、
あのシャフトに切られたキー位置からして、正直理解に苦しむのだが、
シャフト加工の関係で、両丸な状態になっていると解釈するしかないようだ(´ヘ`;)

それならそれで、

何故、何れかを反対側に切ったほうが、バランス的にも良好な結果が得られるとは考えなかったのか?
クランクがアルミで構わない程度のモノなら、それでシャフトが強度不足に陥るコトもナイだろう。

もはや、過去製品のコンロッドユニットを、流用する事だけ に主眼が置かれた結果 としか思えない。

2018/03/22

MAX AK-HL1230E2 の・・・ そにょ11

ヤクオフで、ジャンクとして入手した 高圧エアコンプレッサー MAX AK-HL1230E2 の 修理経過 第10弾。
■ 本修理案件に対し、
◆ いくつか方針を確定させた形で進行する流れとする。
・ 大前提として、これ以上の大規模な出費はしない。
工具を ある程度確保するのも目的の 1つではあったが、このまま完全な状態とする方向へシフトすれば、
ジャンクよりの復旧と云う目標から 大幅に逸れてしまう結果となる。
・ シャフト 及び コンロッドユニットの摩耗箇所は、   高強度耐衝撃性能の高い金属向け接着剤 或いはパテを用いて対応する。
コンロッドユニットだけなら まだ、一寸無理を云えば調達しての解決は可能だとは思う。

しかし、シャフトの傷みにも適切に対処していなければ、コンロッドのみ新規部品で調えても、
その出費に見合うスパン、活用出来るだけの状態にまで回復させる事には、ならないだろう。

状態から診ても、本来なら AK70252 DCブラシレスモータ を調達するのが 一般的な修理なのだろうが、
前述の通り シャフト以外に傷みが無い点を勘案すると、当初の方針に反する為 却下。

或いは、メーカーである MAX側が、気を利かせてドライブシャフトのみを提供してくれたとして、
手軽に入手可能な 600kg程度の低出力なプレスでは、その換装は適わないと予想が立つ。

何より、MAXでの設計製造時点で、あの様な 両角の小さな平行キーを選択してしまう程に 力が加わらないモノと
考えて良いのなら、高強度耐衝撃金属接着剤やパテの充填だけで、充分用を成すと結論した。
■ Next >

MAX AK-HL1230E2 の・・・ そにょ10

・・・ヤクオフで、ジャンクとして入手した 高圧エアコンプレッサー MAX AK-HL1230E2 の 修理経過 第9弾。
■ 結局、また待つしかない状況に・・・
◆ とは云え とりま、手で抜けてしまったコレを、 合体させないとね。
◆ 何故かハメる時だけはゴムハンマーが要る・・・ コレで、外すのはヤっぱり手で出来るのよなw
◆ 続いて 固着したピンを外す・・・ まずは 高圧側コンロッドユニット AK70214 から・・・
◆ ハンマーとレンチで 軽く叩くだけで外れた。
◆ シャフト側も あっさりと。
◆ 見事に真っ二つ・・・ って、こんなに折れるモノなのか??
◆ こう見ると マトモなカンジだが・・・
◆ 反対側は ガッツリえぐれてます(^_^;)
◆ それでもまぁ おきつねさまが少し使う程度なら、 平行キー次第で まだナンとかなりそうなんだが・・・
◆ しかし、そう思いつつ良く診ると衝撃の事実が! 平行キーの溝が 2段になってる!? (;^ω^) そもそも、相当に粗悪なモノだったとしても、 平行キーが破断するなど 考え辛いのだ。 そんな事を考えつつ、 展開図/部品価格一覧を眺めていて気が付いた、
14 AK70379 DCブラシレスモータ(1230E2) 
※キー(2個)別供給
なるほど、平行キーは 2つの部品だった様だ(^_^;)
巷の情報では、"ヘンに独自性ばかり追求する傾向がある企業" とは聞いていた MAX。
これを診るに、相当 偏屈なモノの造り方をしているのかもしれない と感じざるを得ない。

本来、長さ30mmの両丸タイプで 2段仕立てとして製造してあるべき平行キーを用いるようなシャフトを設計しておきながら、

展開図/部品価格一覧表と 実際の状態から判断して、
両角タイプの 且つ、コンロッドユニットの幅すらない かなり短い平行キーを使って茶を濁していた事に・・・

そのような状態のまま、アルミ製のクランクに加わる力の大きさを考えるに、
某家電メーカーの自滅タイマーの様に じわじわと 自機の寿命を削っていくのは、想像に難くはない。

もし付けられていた平行キーが、不当な修理に因るモノではナイとしたら、
MAXと云うメーカーの製品、他者に薦められるだけのモノであるのか、かなり疑問視 し始めている。
■ Next >

MAX AK-HL1230E2 の・・・ そにょ9

・・・ヤクオフで、ジャンクとして入手した 高圧エアコンプレッサー MAX AK-HL1230E2 の 修理経過 第8弾。
■ MonotaRO から モノタロウ ギヤープーラー3本爪 が届いた。
◆ 今回は対象を撮影w 耐荷重 5t とはあったが、 思っていた以上に大きくて苦笑(^_^;)
◆ 早速使う。 低圧側コンロッドユニット AK81209 が バラけてしまっていたおかげで手軽に取りつけられた。 その後、17mmのスパナで まったり回しただけで・・・
◆ あっさり外れたコンロッドユニット2つ。 しかし こりゃ酷い・・・(´ヘ`;)
◆ 平行キーが 無残に真っ二つだ・・・ シャフトもえぐられてて、 フツーなら廃棄対象な域に・・・
◆ 断裂した後は、クランクが回らない事もあったのだろう、 完全に すり潰されている。
◆ その結果、低圧側 AK81209 コンロッドユニットWAR の 接触面も傷付けている。
◆ 高圧側シリンダーを傷つけたピストンも、 商売で修理しているワケではナイので このまま使うしかないのだが、
◆ 高圧側 AK70214 コンロッドユニットXAS の シャフトとの接触面も、エグれてしまっている始末。 これを調達するとなると、 ピストン他 全て組み付けになっている物しかなく、 11.5k円する・・・ この機器の為、既に 53k円程出費している、 以下にある様に 軸のほうも相当な状態であり、 可能なら調達は避けたいのが本音だ(-_-;)
◆ 分解の過程で判っている事として、 低圧側の AK81209 コンロッドユニットXAS と AK15023 フライホイールバランサ との間に 挟まっているべき AK15137 ストッパーが無かった。 過去 何らかの修理の手が入っているようだ・・・ 終いには、 両丸タイプの平行キーを使うべきであるハズの処へ、 両角の短いモノを使っている(´ヘ`;)
平行キーに関しては、メーカーである MAX が単体販売を対応していない部品であるが、
破断を予想していた為 MonotaROに セイキ製作所 平行キー 両丸 S50C を注文済みだ。

が、まだ届いていない。

そしてコレを纏めている間に、発注してあった交換部品が、MAX から ほぼ届いた。
しかし、そのまま組み付けるワケにはイかない事態に、少々困惑している。

部品も届き、新たに新品機器を調達する予算などある筈もない。
これを使えるようにするしかない現実に若干途方に暮れている。

コンロッドユニットの対象箇所や モーターから延びるシャフトだけの販売をやってないのが忌々しい#

シャフトをマトモにしたいなら、壊れていないモーターと一体の
AK70252 DCブラシレスモータ を発注しなければならない。・・・1基 46k円

高圧コンロッドユニットと合わせると 57.5k円、これまで使ったのが53k円・・・
新調した道具の費用を加えれば、既に70kは超えているだろう。

更に部品を全部調えるとしたら、
ほぼ新品を買ったのと変わらない状況になりつつある(´ヘ`;)

だが、"ジャンクを使えるようにする" と云う目的である以上、
壊れていないモーターを替えるのは、明らかに本筋から外れる。

壊れている部分だけの調達が適わないモノか、多少アガいてみるしかナイだろう。
■ Next >

2018/03/20

MAX AK-HL1230E2 の・・・ そにょ8

・・・ヤクオフで、ジャンクとして入手した 高圧エアコンプレッサー MAX AK-HL1230E2 の 修理経過 第7弾。
■ 待っていた・・・
・・・モノタロウ インパクト用ディープソケット 24mm が MonotaRO から届いた。
早速 40 CC41107 ロツカクナツト1-16 P1.5 を シングルハンマーのインパクトドライバで 締めて診る・・・
一般で用いられる程度の DIY工具なのだが、
ズレていた分は あっさり、正しい位置まで締め上げてくれた、高圧ピストンの位置も正常に。
ただ、17 AK70214 コンロッドユニットWAR が、シャフトから外れてくれる気配は 全くない・・・
エアコンプレッサーのコンロッドユニット程度なら、本来 ナットを緩めれば簡単に外れる筈なのだが、
ドライブシャフトにある平行ピンが、コンロッドへ喰い込んでしまっていてどうにも緩まなくなっている(-_-;)
やはりギヤプーラーの類を用いるしか、 ナイのだろうか(´ヘ`;)
ナットを締めるだけで 17 AK70214 コンロッドユニット の位置は整ったのだが、困った事にコレを取り外せないと、
前の持ち主が酷使していた期間で生じたのであろうクランクの角度の狂いを補正出来ない(´ヘ`;) 

まぁ、パワーでインパクトレンチに劣る電動のインパクトドライバで締め直す事が適った程度の状態なら、
廉価なギヤ/ベアリングプーラーを用いるだけで、充分解決可能である と予測が 立つ程度の情報にはなった

と 診るしかナイのかもな・・・
■ 20180320 145310
背に腹は代えられない、急ぎ MonotaRO に
・ モノタロウ ギヤープーラー3本爪
・ セイキ製作所 平行キー 両丸 S50C 5mm角 30mm長
の 2点を発注。
しかし後者、
ぢつのトコ寸法間違い、後々 プラスチック製ノギスを使っている事を、この上なく後悔する結果に・・・
でまぁ例によって、モノの到着を待つ仕様w
■ Next >

2018/03/17

MAX AK-HL1230E2 の・・・ そにょ7

・・・ヤクオフで、ジャンクとして入手した 高圧エアコンプレッサー MAX AK-HL1230E2 の 修理経過 第6弾。
■ 一旦、CC41107 ロツカクナツト1-16 P1.5 を締め付けて診るコトを思い立ち・・・
同日 142508、MonotaRO に
・ モノタロウ インパクト用ディープソケット 24mm
を 別の小物と共に 発注掛けた。
コレで一旦、インパクトドライバを併用して、コンロッドユニットを押し込み、様子を診る流れに・・・
■ とは云え、何もしないで待っているだけと云うワケにはいかない、何とか分解を続けねば(´ヘ`;)
えっと・・・
お前が外れるんかーい!
AK-HL1230E2公式展開図で云うと、27 AK81209 コンロッドユニットXAS-G ね。
本当は一体になってて、本来ならプレス使わないと簡単には外れないシロモノのハズなんだが・・・
手で簡単に取れたぞwww しかし土台のほうは、やたらと硬くて(手では)ドウにも外れない(-_-;)

ディープソケットが届くのを待つしか無い様だ。
■ だがしかし、コレによりドウにも見えなかったシャフトの根本を確認する事が出来た。
!! シャフトに平行ピンが喰い込んで、低圧コンロッドユニットの度台と、高圧の同部品が取れなくなってるぞ(´ヘ`;)
クランクカバーを外さないと、状態が判らない様な場所のナットが簡単に緩む構造になってるから、
ユーザーは気付くコト無く使い続けるんだろうなぁ(-_-;)
★ ここに至る流れとしては、
40 CC41107 ロツカクナツト1-16 P1.5 が緩む。
  ▼
クランクユニットがズレる。
  ▼
低圧側はピストン直径のおかげで 持ちこたえるが、
高圧側ピストンは 僅かなズレで、シリンダーへ斜めに ピストンが侵入する。
  ▼
ピストンとシリンダーが傷つく 且つ、ベンザユニットと接触、コンロッドが回らなくなる。
  ▼
クランクユニットからの負荷で平行ピンが破断する。
(運が良かったのか、 その破片起因の傷は皆無)
  ▼
残ったピンが シャフトに喰い込み固着する。
ってトコかな。
■ そもそも、
40 ロツカクナツトが緩んだ時点で、相当の異音を発しだすハズなんだが、現場ではスルーされるのだろうなぁ・・・
■ Next >

2018/03/15

MAX AK-HL1230E2 の・・・ そにょ6

・・・ヤクオフで、ジャンクとして入手した 高圧エアコンプレッサー MAX AK-HL1230E2 の 修理経過 第5弾。
プロ工具専門店 貴楽より、見積もりと情報がもたらされる。
AK70555 クランクケースキャップASSYの旧タイプは廃版、調達不能とのコト。
先のログの時点で、新タイプ調達を決めていたので、この点では問題なし。
■ 20180315 185400
届いた見積もりの内容を確認の後、以下3点を・・・
・ 42 AK70555 クランクケースキャップASSY
・ 47 AK15293 フィルタオサエ
・ 48 AA24505 +トラスコネジ4X8
 追加する流れで、一旦確定とした。  コレにより、メーカーへの在庫確認待ちとなる・・・
■ 20180316 123800
在庫確認が取れたとの報。・・・ただ、僅かに欠品があったようだ。
■ 20180316 225100
取り敢えず、揃う大部分を、先行して送って貰うカタチでGoを出す。
■ Next >

2018/03/14

MAX AK-HL1230E2 の・・・ そにょ5

・・・ヤクオフで、ジャンクとして入手した 高圧エアコンプレッサー MAX AK-HL1230E2 の 修理経過 第4弾。
■ MonotaRO より TONE ヘキサゴンソケット 3mmTONE ヘキサゴンソケット 4mm が届いた。
◆ 早々にクランクケースカバーを・・・ 開けてビックリ玉手箱( ; ゚Д゚)
矢印で示した CC41107 ロツカクナツト1-16 P1.5 称される このナット、 指一本で 触れただけで回るほど緩んでた・・・
そりゃコンロッドユニットがズレるワケだよ(´ヘ`;)
このような、極めて重要な箇所へ 何故、ロックナット や ダブルナット を 選択していないのか??
■ しかも、展開図と見比べて貰うと判るのだが、
低圧側のコンロッドユニット と AK15023 フライホイールバランサ の間に挟まっている筈の AK15137 ストッパー が無い・・・
どうやら、不正規な修理の手が入っている可能性が高い・・・ 或いはメーカー出荷段階で既に不良品だったのか?
■ 更に 展開図と大きく異なる部品が もう1つ・・・
42 AK70555 クランクケースキャップASSY クランクケースのフタにして、シャフトを支える ベアリングと エアフィルタをも統合した 構造になっているのだが、 コレは現在調達可能なタイプ。 旧タイプ比、フィルタサイズも 大幅に拡大されている。
ベアリング周りに空気取り入れ口がぐるり。 これも、後期で仕様変更となったモノの 1つであるとの情報を得られている。
以下2枚は、 件の機材に実装されていた前期タイプ。 一瞬ゴミがガッツリ詰まっているのか と思ったら、フィルタだったw
空気取り入れ口の数が半分。 コレで足りると思ったら甘かった・・・ ってカンジで差し替えられたのかね。
この部品も新版を調達しておかないと、今後フィルタが確保出来なくなるのは間違いが無く、見積もりへ追加した・・・
■ Next >

2018/03/13

MAX AK-HL1230E2 の・・・ そにょ4

・・・ヤクオフで、ジャンクとして入手した 高圧エアコンプレッサー MAX AK-HL1230E2 の 修理経過 第3弾。
★ ここまでの話で、部品の名称が 幾つか登場しているのだが・・・
この再生前検証分解では MAX公式サイトにある AK-HL1230E の展開図/部品価格一覧表を基にしている。

しかし、分解当初から、手元の AK-HL1230E2 とでは、低圧側シリンダの ピストンとコンロッドが違う事は確認出来ていた。 

モノから判断して、専用品から AK-HL1210系で用いられていたモノへ変更され、性能向上に寄与しているようだ。
こうなると、参照していた展開図では、低圧側のピストンリングや ガイドライナを発注出来ないコトに・・・(´ヘ`;)
ソコで、一旦 件の一覧を暫定的に参考とし、必要部品をピックアップ、見積表を作成。

一旦 コレを基に、部品の取り扱いのある 埼玉の プロ工具専門店 貴楽 へ問い合わせ、返答を待つコトに。
この時点では、
まだクランクケースのカバーすら外せていないのだが、交換すべき箇所と故障状態は概ね想定出来ていたので、
絶対的に必要となる部品を発注する準備をした形だ。
■ Next >