2018/08/18

なにやら・・・

・・・隣家から種が飛んできて勝手に生えたゴーヤ。
◆ 棚を造り、網を張って様子を診ていたら・・・

大きな葉は、バカ親が考えなしに通販で買ったツノナス
◆ なんか・・・
◆ いい具合に・・・
◆ 実が・・・


この状態となり、枝から切り落とすと、そこからは足が速い。
◆ 完熟してた(^_^)


高速度ロジスティクス全盛な昨今にあって尚、プロでさえ流通させる術を確立出来ていないシロモノ。

2018/08/12

JRAC向け・・・

・・・コピー誌の際しての版制作の流れ等。
■ 手元にある Adobe CreativeSuite は かなり古い ver.4・・・
しかも32bit版でしか使えない エディションだ・・・

それを、10年以上前の AMD Phenom9500(x64 4コア) / DDR2 5GB(実質32bitの制約で 3.2GB) 機に、
正式サポートを終了している WindowsVista 32bit で ぶん回している。
■ そんな環境を用いて、
InDesignで制作したページ別原稿(.indd)を、
★ ラスタライズと面付けを済ませた面別構成のPDFに仕立てるまでの流れ。
◆ InDesignCS4   
★ レイアウト作成 inddファイル

※ 1記事レイアウト完成に最低1日(8h前後)。
※ 記事別ページバランス調整に最低半日から1日。
※ 全記事に、文字間調整を念入りに行うなら最低3日。
      ▼
◆ 書き出し   
・フルスペック(無劣化)PDF

※ 15min前後待ち
      ▼
◆ PDF   
・A5タテ ページ別
      ▼
◆ PhotoshopCS4へドロップ
      ▼▼
◆ ラスタライズ   
・ページ別 グレー8bit 600dpi指定

※ 30min前後待ち
      ▼
◆ 保存   
・互換優先psd

★ [すべて閉じる]操作を用いても、ページの数だけ保存操作あり。

※ 10~20min
      ▼
◆ PSD   
・A5タテ ページ別 グレー8bit 600dpi
     ▼▼▼
◆ InDesignCS4   
・Lxxs_xxxx.indd
 面付けテンプレート A4タテ16p

★ 手作業で、ページ別PSDファイルを、小さい頁を上に、
  1枚の表裏、地を合わせるよう回転させつつレイアウト。

※ 30min前後
      ▼
◆ 書き出し   
・A4タテ 面別 フルスペックPDF

※ 10min前後待ち
      ▼▼
◆ PDF   
・A4 面別
      ▼
◆ PhotoshopCS4へドロップ
      ▼▼
◆ ラスタライズ   
・面別 グレー8bit 600dpi指定

※ 30min前後待ち
      ▼
◆ 保存   
・互換優先psd

★ [すべて閉じる]操作を用いても、面の数だけ保存操作あり。

※ 10~20min前後
      ▼
◆ PSD   
・A4タテ 面別
・グレー8bit 600dpi
     ▼▼▼
◆ InDesignCS4   
・Lxx_xxxx.indd
 面別ページテンプレート A4タテ16p

★ 手作業で、面別PSDファイルをレイアウト。

※ 15min前後
      ▼
◆ 保存   
・フルスペックPDF

※ 10min前後待ち
      ▼
◆ PDF 面付け済み版完成   
・A4タテ 面別
★ Adobe CreativeSuite6 以降なら、こんな手間は一切要らないのだが、   年1度もあるか無いかの作業の為に付けられる予算は、サスガにナイ・・・orz

2018/08/10

JRAC ComicMarket94新刊情報・・・

■ UpdateLog・・・
<<< 20180810 203034 >>>
Createlog & 新刊編集完了 ・・・このログを仕立てている時間の余裕すらなかった(´ヘ`;)





■ またまた久々の新刊♪
       A5判 コピー誌 36p(本文32p)、著者3名    地域イベント報告、保存車両探訪、都市廃線跡探索 など。
■ 頒布ブース情報
3rdDay(20180812 Sun)

◆ 東T21a - JRAC 

ジャンル:鉄道・旅行・メカミリ(611)


■ 委託
3rdDay(20180812 Sun)

◆ 東ヒ33b - 怪速みすず

ジャンル:評論・情報(600)

JRAC姉妹サークル?w
--Day(----)

◆ 

ジャンル:


2018/08/07

K-Lite Codec Pack 更新報告・・・

このコーデック管理ツールは、各コーデック提供者の更新に合わせて順次差し替えているスタイル。
鬱陶しいからと云って自動更新確認を停止して利用するのは、思った以上にリスキーかもね(´ヘ`;)


■ Informations
<<< 20161111 000710 >>>
Download.hr が、配布先から排除されている。 転ばぬ先の杖か・・・

<<< 20160820 010337 >>>
本家CodecGuideがファイルをホスト、ダウンロードを提供するよう改善されている。
因って、Download.hrは、過去分確保以外の用途では、概ね必要無くなっている。

<<< 20160713 023721 >>>
!!! オススメDLサイトの Download.hrも、少々釣りがウザくなってきているので、利用には細心の注意を払うべし !!!
 
 
 
■ UpdateLog・・・
<<< 20180807 224521 >>>
ver.  → 14.3.6 [ 20170731 US ]

 

<<< 20171116 024007 >>>
ver. 13.5.9 → 13.6.5 [ 20171109 US ]

 

<<< 20171011 152754 >>>
ver. 13.5.8 → 13.5.9 [ 20171005 US ]

 

<<< 20171005 023012 >>>
ver. 13.5.5 → 13.5.8 [ 20171001 US ]
ver. 13.5.4 → 13.5.5 [ 20170922 US ]


 

<<< 20170921 013237 >>>
ver. 13.5.0 → 13.5.4 [ 20170918 US ]
ver. 13.4.2 → 13.5.1 [ 20170901 US ]

 

<<< 20170614 224641 >>>
ver. 13.2.4 → 13.2.5 [ 20170613 US ]
ver. 13.2.1 → 13.2.4 [ 20170605 US ]

 

<<< 20170531 185850 >>>
ver. 13.2.0 → 13.2.1 [ 20170530 US ]
ver. 13.1.7 → 13.2.0 [ 20170524 US ]

 

<<< 20170517 174127 >>>
ver. 13.1.6 → 13.1.7 [ 20170512 US ]
ver. 12.8.5 → 13.1.6 [ 20170510 US ]

 

<<< 20170125 162630 >>>
ver. 12.7.8 → 12.8.5 [ 20170122 US ]

 

<<< 20170111 020916 >>>
ver. 12.7.5 → 12.7.8 [ 20170109 US ]
ver. 12.5.3 → 12.7.5 [ 20161220 US ]

 

<<< 20161219 203753 >>>
ver. 12.7.0 → 12.7.3 [ 20161217 US ]

 

<<< 20161129 223945 >>>
ver. 12.6.4 → 12.7.0 [ 20161213 US ]

 

<<< 20161129 223945 >>>
ver. 12.6.0 → 12.6.4 [ 20161128 US ]
ver. 12.5.5 → 12.6.0 [ 20161122 US ]

 

<<< 20161113 041417 >>>
ver. 12.5.3 → 12.5.5 [ 20161110 US ]

 

<<< 20161111 000710 >>>
ver. 12.x.x → 12.5.3 [ 20161107 US ]

数度通知には気付いていたが更新を放置していた。

同様な状態なら、12.5.0 の フルパッケージインストーラ で 上書きインストール の後、
12.5.3 の アップデート を 適用する流れとなる。 ・・・尚、いずれにしても 設定は保持される。

また、程無く 12.5.4 が ローンチされると思われる。

<<< 2016---- ------ >>>
ver. 12.x.x → 12.5.0 [ 20161031 US ]

<<< 2016---- ------ >>>
ver. 12.3.5 →  [ 2016---- US ]


<<< 20160820 010337 >>>
ver. 12.3.0 → 12.3.5 [ 20160815 US ]

今回は、Windows10大規模アップデートに伴い、フルパッケージの上書きインストールが推奨されている。
10更新後、動画再生に支障があるなら、その様に対処したほうが無難だろう。
尚、いずれにしても 設定は保持される。

<<< 20160803 044943 >>>
ver. 12.2.7 → 12.3.0 [ 20160801 US ]


<<< 20160729 231106 >>>
ver. 12.2.6 → 12.2.7 [ 20160726 US ]


<<< 20160713 023721 >>>
ver. 12.2.5 → 12.2.6 [ 20160711 US ]


<<< 20150905 020429 >>>
CreateLog・・・
 
 
 
■ 公式
◆ FullPackage
・K-Lite Codec Pack - Download

◆ UpdateOnly
・K-Lite Codec Pack - Updater Download
◆ 更新/導入手順は・・・

AMD ドライバ更新報告・・・

RSAE に 更新補助機能が付いて 中々便利になっている。 
しかし、複数機器を管理する場合は、公式からダウンロードしたほうが、使い良い可能性。
■ UpdateLog・・・
<<< 20180807 221814 >>>
Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.8.1 Release Notes - AMD [ 20180806 US ]
DisplayDriver version 18.20.19.01-180711a-330897E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.30.01.01-180802a-331834E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0711.1421.24002 → 2018.0802.1822.33079
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.8.1-Aug3.exe - [325MB]
<<< 20180713 211510 >>> Radeon™ Software Adrenalin Edition 18.7.1 Release Notes - AMD [ 20180712 US ]
DisplayDriver version 18.10.21.01-180607a-329759E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.20.19.01-180711a-330897E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0607.712.11137 → 2018.0711.1421.24002
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.7.1-July12.exe - [358MB]
<<< 20180615 120945 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.6.1 Release Notes - AMD [ 20180614 US ]
DisplayDriver version 18.10.19.01-180529a-329361E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.21.01-180607a-329759E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0529.1444.24713 → 2018.0607.712.11137
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.6.1-June13.exe - [356MB]
<<< 20180601 204334 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.5.2 Release Notes - AMD [ 20180530 US ]
DisplayDriver version 18.10.16-180516a-328911C-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.19.01-180529a-329361E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0516.1451.24901 → 2018.0529.1444.24713
AMDからのメール[20180601 0219] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.5.2-May29.exe - [356MB]
<<< 20180524 115220 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.5.1 Release Notes - AMD [ 20180523 US ]
DisplayDriver version 18.10.01.05-180424a-327684E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.16-180516a-328911C-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0425.4.41502 → 2018.0516.1451.24901
AMDからのメール[20180524 0221] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.5.1-May23.exe - [357MB]
<<< 20180503 010305 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.4.1 Release Notes - AMD [ 20180501 US ]
DisplayDriver version 17.50.33.05-180322a-326037E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        18.10.01.05-180424a-327684E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0322.1825.31335 → 2018.0425.4.41502
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.4.1-Apr26.exe - [344MB]
<<< 20180327 131932 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.4 Release Notes - AMD [ 20180326 US ]
DisplayDriver version 17.50.33.01-180316a-325741E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.33.05-180322a-326037E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0316.2035.35227 → 2018.0322.1825.31335
AMDからのメール[20180327 0651(0337Send)JST] による案内を受け、
公式サイトのリリースノートへアクセスし 確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.4-March23.exe - [MB]
<<< 20180322 045720 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.3 Release Notes - AMD [ 20180321 US ]
DisplayDriver version 17.50.27.02-180308a-325250E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.33.01-180316a-325741E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0308.1219.22154 → 2018.0316.2035.35227
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.3-March18.exe - [345MB]
<<< 20180315 023135 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.2 Release Notes - AMD [ 20180314 US ]
DisplayDriver version 17.50.27.01-180302a-325048E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.27.02-180308a-325250E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0302.2046.37348 → 2018.0308.1219.22154
RSAEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.2-March12.exe - [345MB]
<<< 20180306 164900 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.3.1 Release Notes - AMD [ 20180305 US ]
DisplayDriver version 17.50.25.01-180219a-324524E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.27.01-180302a-325048E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0219.2048.37430 → 2018.0302.2046.37348
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.3.1-March5.exe - [345MB]
<<< 20180224 014101 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.3 Release Notes - AMD [ 20180223 US ]
DisplayDriver version 17.50.17.04-180206a-324065E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.25.01-180219a-324524E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0206.1847.33779 → 2018.0219.2048.37430
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.2.3-Feb22.exe - [345MB]
<<< 20180214 093404 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.2 Release Notes - AMD [ 20180213 US ]
DisplayDriver version 17.50.17.03-180131a-323782E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.17.04-180206a-324065E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0131.1849.33856 → 2018.0206.1847.33779
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
win10-64bit-radeon-software-adrenalin-edition-18.2.2-feb12.exe - [345MB]
<<< 20180204 015952 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.2.1 Release Notes - AMD [ 20180203 US ]
DisplayDriver version 17.50.15.01-180112a1-322990E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.17.03-180131a-323782E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2018.0112.1644.30111 → 2018.0131.1849.33856
RSAEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.2.1-Feb1.exe - [MB]
<<< 20180120 084846 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1 Release Notes - AMD [ 20180119 US ]
DisplayDriver version 17.50.07.01-171217a-322096E-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.15.01-180112a1-322990E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1217.1452.26725 → 2018.0112.1644.30111
RSCEにて確認、適用。
▼ WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.1.1-Jan18.exe - [345MB]
<<< 20171221 010100 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.2 Release Notes - AMD [ 20171220 US ]
DisplayDriver version 17.50.02-171206a-321058C-RadeonSoftwareAdrenalin
              ↓
        17.50.07.01-171217a-322096E-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1206.1740.31787 → 2017.1217.1452.26725
RSCEにて確認、適用。
▼ Non-WHQL?
Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-17.12.2-Dec19.exe - [345MB]
<<< 20171201 044014 >>> Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.1 Release Notes - AMD [ 20171212 US ]
DisplayDriver version
17.40.2511.1015-171127a1-320995E-CrimsonReLive → 17.50.02-171206a-321058C-RadeonSoftwareAdrenalin

RadeonSettings version 2017.1127.1953.35761 → 2017.1206.1740.31787
報告を受け、RSCEにて確認、適用・・・ するもアンインストール。
OBSStudioの[ゲームキャプチャ]を 新機能が阻害、フレームレート測定ツール Fraps を用いたのと同じ状態に。
同様の運用であるなら、直ちに RSCE17.11.4 へ ロールバックするべきだろう。
尚、アンインストーラが正しく機能しない。
セーフモードで起動し、DisplayDriverUninstallerを用いてドライバの削除を行わなければ、
ロールバック出来ないので注意が必要だ。
▼ Non-WHQL?
win10-64bit-radeon-software-adrenalin-edition-17.12.1-dec11.exe - [345MB]
<<< 20171201 044014 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.4 Release Notes - AMD [ 20171127 US ]
DisplayDriver version
 17.40.2511-171115a-320421E-CrimsonReLive → 17.40.2511.1015-171127a1-320995E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1115.1824.33103 → 2017.1127.1953.35761
報告を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.4-Nov27.exe - [326MB]
<<< 20171117 070031 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.2 Release Notes - AMD [ 20171116 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1031-171102a-319871E-CrimsonReLive → 17.40.2511-171115a-320421E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1102.1456.25052 → 2017.1115.1824.33103
AMDからのメール[20171117 0348] による案内を受け、RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.2-Nov16.exe - [326MB]
<<< 20171106 052749 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1 Release Notes - AMD [ 20171105 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1021.1011-171026a1-319547E-CrimsonReLive → 17.40.1031-171102a-319871E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1026.2226.38569 → 2017.1102.1456.25052
RSCEにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.11.1-Nov2.exe - [326MB]
<<< 20171028 085514 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.3 Release Notes - AMD [ 20171027 US ]
DisplayDriver version
 17.40.1021-171020a-319291E-CrimsonReLive → 17.40.1021.1011-171026a1-319547E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1020.1706.30751 → 2017.1026.2226.38569
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.10.3-Oct27.exe - [326MB]
<<< 20171024 151255 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.2 Release Notes - AMD [ 20171023 US ]
DisplayDriver version
 17.30.2822-171005a-318724E-CrimsonReLive → 17.40.1021-171020a-319291E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.1005.1719.29341 → 2017.1020.1706.30751
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.10.2-oct23.exe - [325MB]
<<< 20171005 010345 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.1 Release Notes - AMD [ 20171010 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1091.1011-170922a-318503C-CrimsonReLive → 17.30.2822-171005a-318724E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0922.1659.28737 → 2017.1005.1719.29341
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.10.1-Oct6.exe - [372MB]
<<< 20171005 010345 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.3 Release Notes - AMD [ 20170927 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1091-170918a2-318192E-CrimsonReLive → 17.30.1091.1011-170922a-318503C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0918.1943.33661 → 2017.0922.1659.28737
▼ 久々のWHQLらしい。
whql-radeon-software-crimson-relive-17.9.3-win10-64bit-oct2.exe - [673MB]
<<< 20170922 061501 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.2 Release Notes - AMD [ 20170921 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1081-170905a-317685E-CrimsonReLive → 17.30.1091-170918a2-318192E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0905.1156.19665 → 2017.0918.1943.33661
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.9.2-Sep21.exe - [365MB]
<<< 20170908 053241 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.1 Release Notes - AMD [ 20170907 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1071-170821a-317359E-CrimsonReLive → 17.30.1081-170905a-317685E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0821.2358.41324 → 2017.0905.1156.19665
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 20170908 112020 >>
RX560で、HDMI出力が TVに対して1080i29Hz接続が出来ず 720p60Hzのみ有効となっていた問題が解消。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.9.1-Sep7.exe - [366MB]
<<< 201708-- ------ >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.2 Release Notes - AMD [ 20170825 US ]
DisplayDriver version
  → 17.30.1071-170821a-317359E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  → 2017.0821.2358.41324
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 201709-- ------ >>
・RX560で、HDMI出力が TVに対して1080i29Hz接続が出来ない状態。720p60Hzのみ有効。
・RX480+HD7750 と HD7770x2 の 2機材で、PSO2 が ランチャー以降起動出来なくなる症状の解消を確認。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.8.2-Win10-64Bit-Aug24.exe - [364MB]
<<< 201708-- ------ >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.1 Release Notes - AMD [ 20170818 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1041-170720a-316467C-CrimsonReLive → 

RadeonSettings version 2017.0720.1902.32426 → 
▼ ・・・
Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.8.1-Win10-64Bit-Aug18.exe - [471MB]
<<< 20170728 042945 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2 Release Notes - AMD [ 20170727 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211.1031-170704a-315940E-CrimsonReLive → 17.30.1041-170720a-316467C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0704.1721.31196 → 2017.0720.1902.32426
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 20170728 212049 >>
RX480+HD7750 と HD7770x2 の 2機材で、PSO2 が ランチャー以降起動出来なくなる症状を確認。
同機にて 17.7.2 を クリーンに導入し直す試行でも、この問題は解決しなかった。

同一症状が発生しているようであるなら、速やかに17.7.1へロールバックを推奨する。
▼ 久々のWHQLなんだがなぁ・・・
whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.7.2-july27.exe - [475MB]
<<< 20170712 021011 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.1 Release Notes - AMD [ 20170711 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211.1011-170612a-315159E-CrimsonReLive → 17.10.3211.1031-170704a-315940E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0612.1651.28496 → 2017.0704.1721.31196
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
Fixed a bug causing crashes on 
・Tekken 7
・FFXIV and Little Nightmares
 on Radeon RX 300 Series・・・
珍しく、日本のゲームタイトル向け修正含むようだが、そもそも RX3xx系って使ってる向き居るのか?
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql- Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.7.1-July10.exe - [383MB]
<<< 20170625 062731 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.2 Release Notes - AMD [ 20170614 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211-170606a-314971E-CrimsonReLive → 17.10.3211.1011-170612a-315159E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0606.1509.25443 → 2017.0612.1651.28496
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.6.2-june13.exe - [383MB]
<<< 20170611 061312 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.1 Release Notes - AMD [ 20170610 US ]
DisplayDriver version
 17.10.2711.1021-170517a-314337E-CrimsonReLive → 17.10.3211-170606a-314971E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0517.1550.26687 → 2017.0606.1509.25443
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.6.1-June6.exe - [383MB]
<<< 20170529 104736 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.5.2 Release Notes - AMD [ 20170528 US ]
DisplayDriver version
 17.10.2711-170502a-313824E-CrimsonReLivee → 17.10.2711.1021-170517a-314337E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0502.1417.23881 → 2017.0517.1550.26687
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.5.1-May4.exe - [MB]
<<< 20170505 032457 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.5.1 Release Notes - AMD [ 20170504 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1731-170424a2-313603E-CrimsonReLive → 17.10.2711-170502a-313824E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  2017.0424.2119.36535 → 2017.0502.1417.23881
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後、念の為 VSRを無効にした後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.5.1-May4.exe - [MB]
<<< 20170430 000951 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.4 Release Notes - AMD [ 201700429 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1711-170410a-313248C-CrimsonReLive → 17.10.1731-170424a2-313603E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  2017.0410.1312.21926 → 2017.0424.2119.36535
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後、念の為 VSRを無効にした後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.4.4-apr27.exe - [401.7MB]
<<< 20170419 091932 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.3 Release Notes - AMD [ 20170418 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1711-170410a-313068E-CrimsonReLive → 17.10.1711-170410a-313248C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0410.1312.21926 → 2017.0410.1312.21926
AMDからのメール[20170419 083300(062000Send)JST] による案内を受け、
公式サイトのリリースノートへアクセスし 確認、適用。

※ 尚、RSCEのアップデートチェッカでは 20170419 095200現在、この更新を検出出来ていない。
▼ 久々の WHQL版。
whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.4.3-apr17.exe - [526.5MB]
<<< 20170414 033403 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2 Release Notes - AMD [ 201700413 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1061-170331a-312788E-CrimsonReLive → 17.10.1711-170410a-313068E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0331.729.11648 → 2017.0410.1312.21926
RSCEにて確認。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.4.2-Apr11.exe - [401MB]
<<< 20170406 033031 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1 Release Notes - AMD [ 201700404 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2911.1011-170316a-312242E-CrimsonReLive → 17.10.1061-170331a-312788E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0316.1721.29397 → 2017.0331.729.11648
報告を受け RSCEにて確認、適用。 !!! Important !!!
<<< 20170406 043837 >>>
一部の RADEON RX480 搭載環境で、PSO2 の アップデートが BSoDする問題が ほぼ解消している模様。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.4.1-Apr3.exe - [401MB]
<<< 20170322 104516 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.3 Release Notes - AMD [ 20170321 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2911-170310a-312047E-CrimsonReLive → 16.60.2911.1011-170316a-312242E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0310.1611.29098 → 2017.0316.1721.29397
報告を受け RSCEにて確認、適用。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.3.3-Mar16.exe - [403MB]
<<< 20170316 232730 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.2 Release Notes - AMD [ 20170315 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2711-170303a-311795E-CrimsonReLive → 16.60.2911-170310a-312047E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0303.2232.40545 → 2017.0310.1611.29098
報告を受け RSCEにて確認、適用。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.3.2-Mar15.exe - [403MB]
<<< 20151106 195200 >>> CreateLog・・・ テンプレート適用のログを暫定新設。              
■ Tips
インストール → 再起動 → {[RADEON設定]や[サウンドの設定]が初期化されてる場合は適宜任意に直す} → 再起動
って 手順が必要なケースもあるようで。
■ Crimson Edition からの インストールの流れ
★ 公式から既にダウンロードを済ませているモノとして・・・
◆ インストーラを右クリックし、[管理者として実行]

2018/07/11

ついに・・・

・・・Amazon様[お急ぎ便] にまで、影響を及ぼす事態。
▼ コレは今日の、つい先程のスクリーンショット。


★ 今年に入り、相応に災害は起きてきたが、被災範囲外でまで Amazonの配送が影響を受けたモノは、殆ど無かった
◆ これが著している事実とは、
★ 誰の目にも明らかな程の 被災分布の規模その深刻さ だ。

ぼんやり天気図眺めていた おきつねさまでさえ、予想出来た程度には被害が及んでいる。

結果として予測と違ったのは、東西への 空気の流れのブレ幅 が少なく、
その範囲が名古屋にまでは至らなかった事くらいか・・・
◆ 要約すると、
シロウト目にも 気象状態の推移 と その規模 が シャレになってなかった と云う事実。

呑気に 赤坂自民亭 やってる場合じゃない状態であったのは、間違いが無い。
まぁ云うて、議員なんて殆ど文系なんだよね。
GarbAgesってのは基本、広域を三次元で思考する能力を有しないからねぇ・・・

2018/07/10

過去・・・

・・・過去、既に廃業した某東証一部上場企業の、経営に近い部署に籍を置いた経験から云うなら、
★ 元ベンチャー上がりの企業でさえ、規模の増した組織を肯定する事は、一般が考える以上にリスクが高い
自民党の 小泉政権 以降 幾つかの規制緩和が行われたが、雇用される側に立ったモノは、厳密には1つも無い
雇用側はソレを 悪意を持って利用 し、当然の様に 横行 したのが、今で云う やりがいの搾取 に他ならない。
◆ この件も、その典型として扱われているが、
・「若い人の命を仕事で奪うなんて絶対に許せない」――記者の娘を過労死で失った両親 - Yahoo!ニュース
時を経ても尚、何れも似たような組織でしかない状況に、大きな変化はナイ。 ★ 増してや TV業界は 国営放送ですら自己保身の権化であり、自浄能力に欠く集団だ。
因って この件は、遺族が危惧されている通り、知る者が声を上げなくなれば 程無く忘れ去られるだろう。
諸悪の根源は、情報を定期的に全て破棄し永続保持しない この国の国家機関の在り方だ。
★ 証拠隠滅 の 簡易さ だけが追及された、日本の政府の枠組み。
そして国家教育で刷り込まれた、人為的改竄不能なログの重要性を軽視する国民性。
これこそが、過剰労働の温床となっているのだ。
人間の介在を許さない完全な記録こそ、労働者の不利益を確実に回避し得る 唯一の手段だ。
だが現状、それとは相反する 人海戦術性善説に基く仕組み が疑問を持たれる事無く横行している。 ★ ココで問われるのが、
その様な構図にあっては、自らの 孫子の命すら守れない と、若いうちに本気で考えた事が、
今 年金で生かされている層には、果たしてあったのか?
と、云う点。 ★ そして その解は False だ。
もしコレが True であったのなら、
今、これ程にも 表向きだけ繕われた 欺瞞社会成り下がっていない と断言しておく。

2018/07/08

蝿かよ・・・

・・・老いた GarbAgesも、いい加減ウザいが、
◆ その影響受けて育ったガキは、イカレた宗教信者と大して変わらんからなぁ・・・
政教分離はどうしちまったんだ? この国は。 政党が宗教化した日には、その前提破綻だろ(´ヘ`;)
◆ しかも その信者バイト共ときたら、
大規模な洪水発生の度に、ガキが玩具ねだるかの如く、堤防欲しがる短絡思考なバカばかり・・・
あれら人的な負の遺産を、責任持ってナンとかしてから逝ってくださいね、GarbAgesのみなさん。
◆ 大体、3年近く前のログ
内容そのまま再利用出来る時点で、 治水行政の知性 成長して無さ過ぎなのでは?
因みに あのログがでさえ、 
過去綴っていた旧おきつねブログからの、更に以前の洪水災害時に投稿したモノの焼き増しなんだが?
ココに至ると、対策も知力も、もはや 進歩してない って次元じゃないよね?

2018/07/06

選択の自由・・・

・・・ココなきつね、他者が 自ら死を選択する事に、異は唱えない。
★ だが、巻き込みは 如何な理由であれ、許容されるべきではない。
まぁ、不意に大型トレーラーの後輪に巻き込まれそうになって診れば、少しは云ってる意味が判るか?
★ 自らの死を以て 特定他者に害を与えたいのであれば、無関係な第三者を巻き込まない知恵を身に付けろ、頭を使え。
★ 思慮を巡らせれば、ヘタなコンテンツ制作より面白いかも知れんぞ?
◆ 大前提として、
(いじめを含む)ハラスメントや過剰労働等が原因であるなら、コレは社会全てが実質を伴って害を成した
結果としての自殺と考えてよい対象だ。・・・社会を恨むと云う思考は、コレに起因していると類推する。
◆ しかし多くの場合、広義で社会が要因であったとしても、一部の閉鎖環境下の問題に起因して生じているのも事実。
★ その多くが周囲にのみ翻弄され、当事者の意識は朽ちている。
死を選択する以外では、恨み言の対象すら認識出来ない域に貶められている者が、大多数だろう。
★ ソコで敢えて まず、実害を及ぼした対象にのみ絞り込みを行う事を推奨する。
問題の原因を明確化し、対策を練るのなら、まず必要となる事項だ。
その上で尚、その策が 自らの死である と云うのであれば、
それがピンポイントで、対象にダメージを与える手段でも模索すればよいだけだ。
★ ただ、その様な余裕を与えないのが、この社会構造の恐い処だろう。
他者を利用するだけ の者にとって、際限なく都合が良い構図を仕立てられてきた。
奴らが逃げる手段ばかり巧妙に用意されているのが、法律や宗教に類するモノの存在意義だ。
◆ その様な社会で、思考の余力を削ぎ取られて 死を選ぶ者の多くは、
家族へは概ね、最後に詫びる意識しか残っていない傾向が見受けられる。
★ だが実際、鐡道を用いた自殺では どうだ?
その死によって受ける影響など社会にとっては軽微だ、程無く忘れ去られる。 
その要因が集団/組織なら尚更だ。
忘れられると云うよりも、一部の都合で遠回しに揉み消されて終わる。
そして・・・
★ 掛かる負担の全てが遺族に負わされる、高額な賠償金と云う形で。
コレは、今まさに その様な決断をしている者にとって、本意な結末か否か?
★ 要因は何れであれ、行動へ移す前に・・・
否、思考する余力のある常日頃から、充分な一考を伴っておいて然るべきである。
そうしなければ、意図しない周囲だけが、酷く苦しむ結末しかない社会なのだ。
◆ そして もし その様な決断の結果として、如何に対象のみを綺麗に陥れられたとしても、
★ その結果を自分で確認する術は、その時点で既に無い事だけは踏まえておくぺき。
◆ それは、巧妙であればある程、他者からは認識される事はナイ。
しっかり作り込んだコンテンツが、全く評価されない状態に等しい。
◆ 自らの死をコンテンツとして発信しても同様だ。
今のように情報が錯綜している時代、そんなモノ 周囲以外からは、3日もすれば忘れ去られる。
★ それに我慢が出来るのなら、その死の選択は正しいだろう。
尤も その妥協が許容範囲なら、元々の問題も 得てして発生してはいないか。
★ ココなきつねが本ログを以て強く述べたい主題とは、
死は 完全に 無に帰す コトであると云う、客観的な事実だ。
◆ それを否定する等、宗教絡みの連中ってのは、全く以てロクなコトを吹聴しない・・・
ま、宗教が描いた絵空事に踊らされる程度の知性なら、知的生命体として生き永らえる価値も無いか。
◆ 参考までに 1つ前のログでも、一読されるべきかと。
★ 行動の前に考え 本質を理解しろ、烏合の勢の 教え になど価値は無い。
ヒトとして存在しているコトに価値を見い出せ、自らも 知的生命体(ヒト)であるなら。
★ なによりも、
思考しない犬畜生のような世代に育てられた者と 社会構造が、歪に耐えられる閾は、そんなに高くはナイ。
★ その様な無思考を、是とする風潮で自己保身を謀ってきた側の連中にも、そろそろ気付いて頂かないとな。
GarbAgesの皆さん、それ 自分たちの首、真綿で締めてますが? と。
 ・・・もはや、時既に遅し かもだがね。
★ あれらの都合で、加害側の立場のみが優遇される構造を改められない様なら、文明が破綻するぞ、また。

訃報が流れる度・・・

・・・散見される 人の死を利用 に関し、忌諱を公言するのなら、
★ その前提を正しく理解しているのかを、まず問いたい。
結論から述べると、 
それが許容されるのは、明確に無宗教の者だけである。
この場合の 無宗教 と 著した分類の定義とは、
単に それを忌諱するのではなく、起こりからを理解し、明確に 無駄である事 を識別出来ているか否か。
 だ。
では、一応補足として、掻い摘んで それらに 存在意義が生じない とする推移について列挙しておこう。
まずは その起こりから・・・
偶然得た知を、共有する事無く独占し、悪知恵として活用した
呪術者(シャーマン)と呼ばれた輩に端を発する。
この理屈で云うと、現在の 職人 や マイスター 等の一部も、似たようなモノだな・・・
自己保身に留めたか、支配欲の趣くがままに振舞ったか、最終的な規模だけの差だ。
尚コレは、
人類が猿だった時代 既に生じていた事が、現在の猿の観察に因り 映像で確認されている。
ソレらが、
第三者の欲望を満たしつつ、呪術者自身は表舞台からは引き、立場を維持する形に落ち着いた。
それが 今一般に狭義で 宗教 と呼ばれている存在であり、多くの国家も同じ構成で成立している。 このスタイルは、
少数 或いは単一の傀儡を立てるコトで、自らに災いが降り掛かる事を避けた形式と云える。
それが表向きにも判り易いのは、やはりエジプト文明での宗教の在り方か。
近親婚姻の正当化を目的とし、野良呪術者だった者達は、神官として収まった。
それらは、
継いだ者達の 保身と云う自らの都合 で歪曲され、その教えとやらは既に、原型を留めないモノすらある。
なにしろ
広義の意味で 性的弱者の、中でも対話性能の低い集団 が、殆どの宗教の起こりなのだ。
呪術者バリに口ばかり巧い 一般や国家に容易く乗っ取られ、好き勝手改変されるのは、 概ねで 察するに難くは無いのでは?
そう云えば、
それで得られる知に因り、発生の真相を詳らかにされる事で、
継いだ者達が その立場を脅かされる事のみを嫌気し、科学弾圧した宗教
 もあったな。
★ とまぁ、
その起こりと 現在までの流れは、どの宗教でも大差は無い。
また、それを取り込む事で支配を固めた国家が、未だに幅を利かせているのが 人間文明の現実だ。
これらを踏まえ、
進化を前提に述べるのなら、
終わりが判り易いスタイルの過去文明の失態を、凝りもせず繰り返している
 状態である。

2018/07/01

危ない危ない・・・

・・・つい先日、2008年春に SIGMA SD14 と同時調達した 純正バッテリー
■ BP-21 2つが、SIGMA純正専用チャージャー BC-21 で充電中に異様な発熱。
即取り外し、宅外へ持ち出して エアコンプレッサーのブロアで冷却した。
その直前の撮影時に、パワーグリップが今までにない温度上昇した事は認識していたが、
よもやバッテリーの発熱起因だったとは・・・
日本製バッテリーに内蔵される安全回路が機能しなくなるコトなどあるのだろうか? それとも結晶崩壊の度合いが許容出来ない域に達した? ・・・否、過放電放置はしていない。 そもそも、2つ同時に同じ症状が発生する理由が診えない、使用も至って安定的環境下でのみ運用してきたモノだ。
■ だが コレでふと思い出した・・・
過去に白ロム調達した HTC製スマホ X04HT (2008年11月製)を、キャリア解約に伴い、充電は維持しつつも放置していた処、

◆ すっかりバッテリーが御懐妊、今にも破裂しそうになっていた為、
 
思い切って 屋外で慎重に皮を剥ぐ暴挙に出たのが、2ヶ月くらい前。(良い子の皆さんはマネをしないで下さい)

◆ 剥いだ表面シールがコレ。
 

◆ しかし、中から出てきたのは、想像していた中国製バッテリーではなく、
  純然たる日本メーカー製(旧日立系)・・・
■ つい先頃の
隣家の火事の原因が、同居中の孫が所有していた モバイルバッテリーかスマホからの発火だった と、
また聞きではあったが 耳にするに至った その直後だっただけに、

此度のBP-21にしても、なまじ日本製だ と うっかり過信していると、多くを失う可能性の高さ を思い知った瞬間だった。

2018/06/18

7年落ちの・・・

・・・50ccの原付に ココまでやるか? をやってる最中。
おきつねさまがイジり廻している HONDA DIO 4ST Fi/AF68 が、別領域の贅沢仕様になりつつある。
まず、取り付けた Kijima製リアボックス K-22 だが、
ペース と 本体下部 に orgry 6pin防水コネクター を固定、着脱時に接続されるよう構成した。
相応に高い加工精度を問われはするが、時間を掛けてソレをやる価値はあるだろう。

まず、ベースにある三角形の穴を MAX AK-HL1230E2 修理時に用いた エスコ [鉄] リペアースティック の
残り7割用いて埋め、硬化後 防水コネクタ オス側に合わせて穴あけ、コレを固定可能に。

K-22本体下面の該当箇所へも
コネクタ メス側に合わせた穴あけ後、コネクタを挿し込み、内側からグルー(ホットメルト)で一時固定。 

その内部へ、
穴あけ加工を済ませた タカチ電機 SW-100B を 接触面へ絶縁用シリコーンコーキングを塗布後、M2.5のビスで固定。
内部をグルーで満たして6pinコネクター固定補強と、サトーパーツ スクリューレス端子台 ML-1700 を固定した。
配線は元々orgry 4pin防水コネクターで アース・ブレーキランプ・ウインカー左右 だけの予定だった処へ、
3Aサーキットプロテクタ経由で バッテリー直の +12VDC -12VDC を接続可能とした。
GIVI リアボックスパーツ 配線セット Z880 66537 を用いるより、浸水での接触不良の心配がナイ上、
接続線数が 3倍となった。
これに因り、ブレーキランプ/ウィンカー追加装備(準備完了)に加え、防水スイッチ経由で USB電源を 搭載(準備完了)して、スマホ等の充電を可能とした。また、夜間運用に備え、ボックス内照明も装備(準備完了)。
ついでに AF68車体側メットインにも、USB電源(20180619実装完了)と照明を追加(20180620実装完了)。
何で (準備完了) が多いか? それは、それらの前に K-22外装上部(フタ)を シルバーに塗装するから(20180620完了)。
プライマー → ホワイト → シルバー → クリア と云う塗装手順を要する。
ウインカー取り付けも穴あけ済みで、取り付けは塗装後になる。

2018/06/12

どのようなモノであれ・・・

・・・その存在が、どの様な影響力を持ち、ナニに利用されいるのか を理解している必要がある。
★ スポーツで選手として競う そんな面倒を考える連中ってのは、最終的に生じる問題を意識していない。
■ 競技が (ビジネスや社会的地位として) 成立している理由を、もう少し深く考えるべきなんだが、それに至っていない。
スポーツが、起こりの通りに・・・
タダの遊びをベースとした地域間対立のガス抜き
 であると云うのであれば、
もはやコレは政治的な道具であり、そしてそれは
今も全く変わっていない と云う点を認識し、正しく理解した上で関わっているのか?
大衆の、日々の生活で生じた不満のガス抜きとして、国家や宗教、企業に利用され続けている。
そんな自覚、あるのかねぇ? 彼らに。
■ 縦しんば その様な認識があるとしたら、むしろ 何故プレイを続けられるのか、神経を疑わざるを得ない。
何故なら 解釈は 1つしか成立しないからだ。
それは、
どのようなモノでも利用し、そのスポーツで利益を上げる事以外考えていない
 と云う事。
・・・この場合の利益とは それで得た結果 をも意味する。 要するに、自分(達)が得たい結果の為であれば、悪意しか持ち合わせぬ者でも縋る、 他者に害が及ぼうが関係ない って ロジックに同義。
某大国国家のバックアップを得て、核爆弾を創った学者と、何ら変わらない思考パターンである。
★ スポーツ絡みの不祥事も、こうした認識の常態化が根底に無ければ、成立しないモノばかりだ、。
■ そこまで理解した上で尚、
それに打ち込んでいる と云い切れるのなら、別段苦言を呈する要素はナイのだが、
日本人の場合、前述の様なタイプの思考よりも、

むしろ、
犬のように従って、ひたすら褒めて貰う快楽に溺れているだけ。
 にしか診えないのが、チョイと  情けないと感じているのだがね。
★ おきつねさまが普段から述べている、日本大衆の 品質意識の低さ、このへんにも診え隠れしてないかな?

今 常にあるリスク・・・

・・・それは、貧乏性世代である老害諸兄各位による、普段の何気ない行為そのモノである。
★ 表題の件を触れる前に、
◆ 人間に害成す ウィルスや細菌が、
状況に応じて 進化する と云う間違った考え方が、マスゴミによって流布されている前提を理解しておく必要がある。
◆ あれは単に、
増殖の過程で起こった 遺伝子の複製ミスに起因し、
元の型では存在しえなかった環境下でも、活動が可能になっただけの事である。
その様に変化すれば耐えられる と 理解して 生じた遺伝子の変化ではナイ。
また、遺伝子変化を獲得した個体も、
増殖能力や寿命が伴わなければ、既存タイプの勢力起因で、その存在を維持するコトは適わない。
因って、数多 の 或いは 長期同じ環境変化への遭遇 が無い限り、その遺伝子型で定着する事は無いのだ。
◆ 上述で云う環境とは、人間の活動によっても、大きく変化させられてきた。
駆除に用いられた薬剤に因る化学反応も、そうした変化の1つでしかない。
◆ 人間が、あれらの 進化 と呼んでいる状態は、
対象の 活動と増殖を停止させるコトが適わなくなった状況 に過ぎない。
当然、活動が伴えれば増殖し、出来なかった対象は死滅する。
◆ この死滅した側を診て、一般ではコレを 淘汰 と呼んでいるに他ならない・・・
見た目上を表現するだけなら間違ってはいないのだが、
無知な者にも判る様にと、マスゴミ番組での扱いで要約が過ぎた結果である。
◆ 淘汰とは本来、必要とされなかった者が、潰えていく様を著す・・・
このケースを診るに、その原因を作ったのは人間である訳なのだが・・・
厄介な耐性が付いたウィルスの発生を望んでるのかね?
もし そうであるのなら、確かに 淘汰 と云う言葉でも成立はするがね。
★ 淘汰があっての進化 は、これらが成立しない為、今では多くで否定されている。
何故なら それは、同一種の雄雌でしか、成立しない診方だからだ。

この辺まで踏まえて 正しく読み解かせるのであれば、  
順応 を以て 進化 と見做す
 と云う前フリが都度必要になる。
コレであれば ウィルス等の変化を 進化 と称しても違和感はナイ。
そして 淘汰と呼ばれていた現象は、 
単に 順応能力が無かった個体群の消滅
  と云い替えたほうが正しいだろう。
★ この様な最低限あるべき情報が欠落したまま、安易に淘汰だ進化だ等と宣うクソメディアでしかないTV番組には、反吐が出ますな。
★ さて漸く本題だ。
正しく理解される様な流れ持たないクズ番組 を、知識の拠り所とするしかない無思考世代 が、国民 過半数越え の今・・・
◆ 前述のような事さえ正しく理解していない老害 は、殺菌と称して 過剰に過酸化水素水を用いる。
キッチンでは 漂白剤 としても用いられていると云えば、ある程度察する事の適う向きも多いのではないだろうか?
◆ 本ログ取り扱い案件での、最大の問題点とは、
あれら貧乏性患者は、食器や布巾の漂白に用いたソレを、開口全開のバケツにそのまま 取り置いて使い回す コトだ。
大量の抗生物質を飲みまくっているマヌケと、同様の行為であると云う自覚など、微塵も無い。
どの様な化学反応に因って 漂白や滅菌が行われているか など、お構いなしだ。 当然 そのような行為に起因するリスクなど、一切考えない。
★ もし、あれらの愚行を、糾弾し改めさせないままで居ると云うのであれば、
遠くない将来、人間に害成すウィルスは、大仰な研究室ではなく、御家庭のキッチンで 発生する 可能性も、
重々覚悟しておいたほうが良いだろう。