2018/03/22

MAX AK-HL1230E2 の・・・ そにょ9

・・・ヤクオフで、ジャンクとして入手した 高圧エアコンプレッサー MAX AK-HL1230E2 の 修理経過 第8弾。
■ MonotaRO から モノタロウ ギヤープーラー3本爪 が届いた。
◆ 今回は対象を撮影w 耐荷重 5t とはあったが、 思っていた以上に大きくて苦笑(^_^;)
◆ 早速使う。 低圧側コンロッドユニット AK81209 が バラけてしまっていたおかげで手軽に取りつけられた。 その後、17mmのスパナで まったり回しただけで・・・
◆ あっさり外れたコンロッドユニット2つ。 しかし こりゃ酷い・・・(´ヘ`;)
◆ 平行キーが 無残に真っ二つだ・・・ シャフトもえぐられてて、 フツーなら廃棄対象な域に・・・
◆ 断裂した後は、クランクが回らない事もあったのだろう、 完全に すり潰されている。
◆ その結果、低圧側 AK81209 コンロッドユニットWAR の 接触面も傷付けている。
◆ 高圧側シリンダーを傷つけたピストンも、 商売で修理しているワケではナイので このまま使うしかないのだが、
◆ 高圧側 AK70214 コンロッドユニットXAS の シャフトとの接触面も、エグれてしまっている始末。 これを調達するとなると、 ピストン他 全て組み付けになっている物しかなく、 11.5k円する・・・ この機器の為、既に 53k円程出費している、 以下にある様に 軸のほうも相当な状態であり、 可能なら調達は避けたいのが本音だ(-_-;)
◆ 分解の過程で判っている事として、 低圧側の AK81209 コンロッドユニットXAS と AK15023 フライホイールバランサ との間に 挟まっているべき AK15137 ストッパーが無かった。 過去 何らかの修理の手が入っているようだ・・・ 終いには、 両丸タイプの平行キーを使うべきであるハズの処へ、 両角の短いモノを使っている(´ヘ`;)
平行キーに関しては、メーカーである MAX が単体販売を対応していない部品であるが、
破断を予想していた為 MonotaROに セイキ製作所 平行キー 両丸 S50C を注文済みだ。

が、まだ届いていない。

そしてコレを纏めている間に、発注してあった交換部品が、MAX から ほぼ届いた。
しかし、そのまま組み付けるワケにはイかない事態に、少々困惑している。

部品も届き、新たに新品機器を調達する予算などある筈もない。
これを使えるようにするしかない現実に若干途方に暮れている。

コンロッドユニットの対象箇所や モーターから延びるシャフトだけの販売をやってないのが忌々しい#

シャフトをマトモにしたいなら、壊れていないモーターと一体の
AK70252 DCブラシレスモータ を発注しなければならない。・・・1基 46k円

高圧コンロッドユニットと合わせると 57.5k円、これまで使ったのが53k円・・・
新調した道具の費用を加えれば、既に70kは超えているだろう。

更に部品を全部調えるとしたら、
ほぼ新品を買ったのと変わらない状況になりつつある(´ヘ`;)

だが、"ジャンクを使えるようにする" と云う目的である以上、
壊れていないモーターを替えるのは、明らかに本筋から外れる。

壊れている部分だけの調達が適わないモノか、多少アガいてみるしかナイだろう。
■ Next >

0 件のコメント:

コメントを投稿