2018/07/06

選択の自由・・・

・・・ココなきつね、他者が 自ら死を選択する事に、異は唱えない。
★ だが、巻き込みは 如何な理由であれ、許容されるべきではない。
まぁ、不意に大型トレーラーの後輪に巻き込まれそうになって診れば、少しは云ってる意味が判るか?
★ 自らの死を以て 特定他者に害を与えたいのであれば、無関係な第三者を巻き込まない知恵を身に付けろ、頭を使え。
★ 思慮を巡らせれば、ヘタなコンテンツ制作より面白いかも知れんぞ?
◆ 大前提として、
(いじめを含む)ハラスメントや過剰労働等が原因であるなら、コレは社会全てが実質を伴って害を成した
結果としての自殺と考えてよい対象だ。・・・社会を恨むと云う思考は、コレに起因していると類推する。
◆ しかし多くの場合、広義で社会が要因であったとしても、一部の閉鎖環境下の問題に起因して生じているのも事実。
★ その多くが周囲にのみ翻弄され、当事者の意識は朽ちている。
死を選択する以外では、恨み言の対象すら認識出来ない域に貶められている者が、大多数だろう。
★ ソコで敢えて まず、実害を及ぼした対象にのみ絞り込みを行う事を推奨する。
問題の原因を明確化し、対策を練るのなら、まず必要となる事項だ。
その上で尚、その策が 自らの死である と云うのであれば、
それがピンポイントで、対象にダメージを与える手段でも模索すればよいだけだ。
★ ただ、その様な余裕を与えないのが、この社会構造の恐い処だろう。
他者を利用するだけ の者にとって、際限なく都合が良い構図を仕立てられてきた。
奴らが逃げる手段ばかり巧妙に用意されているのが、法律や宗教に類するモノの存在意義だ。
◆ その様な社会で、思考の余力を削ぎ取られて 死を選ぶ者の多くは、
家族へは概ね、最後に詫びる意識しか残っていない傾向が見受けられる。
★ だが実際、鐡道を用いた自殺では どうだ?
その死によって受ける影響など社会にとっては軽微だ、程無く忘れ去られる。 
その要因が集団/組織なら尚更だ。
忘れられると云うよりも、一部の都合で遠回しに揉み消されて終わる。
そして・・・
★ 掛かる負担の全てが遺族に負わされる、高額な賠償金と云う形で。
コレは、今まさに その様な決断をしている者にとって、本意な結末か否か?
★ 要因は何れであれ、行動へ移す前に・・・
否、思考する余力のある常日頃から、充分な一考を伴っておいて然るべきである。
そうしなければ、意図しない周囲だけが、酷く苦しむ結末しかない社会なのだ。
◆ そして もし その様な決断の結果として、如何に対象のみを綺麗に陥れられたとしても、
★ その結果を自分で確認する術は、その時点で既に無い事だけは踏まえておくぺき。
◆ それは、巧妙であればある程、他者からは認識される事はナイ。
しっかり作り込んだコンテンツが、全く評価されない状態に等しい。
◆ 自らの死をコンテンツとして発信しても同様だ。
今のように情報が錯綜している時代、そんなモノ 周囲以外からは、3日もすれば忘れ去られる。
★ それに我慢が出来るのなら、その死の選択は正しいだろう。
尤も その妥協が許容範囲なら、元々の問題も 得てして発生してはいないか。
★ ココなきつねが本ログを以て強く述べたい主題とは、
死は 完全に 無に帰す コトであると云う、客観的な事実だ。
◆ それを否定する等、宗教絡みの連中ってのは、全く以てロクなコトを吹聴しない・・・
ま、宗教が描いた絵空事に踊らされる程度の知性なら、知的生命体として生き永らえる価値も無いか。
◆ 参考までに 1つ前のログでも、一読されるべきかと。
★ 行動の前に考え 本質を理解しろ、烏合の勢の 教え になど価値は無い。
ヒトとして存在しているコトに価値を見い出せ、自らも 知的生命体(ヒト)であるなら。
★ なによりも、
思考しない犬畜生のような世代に育てられた者と 社会構造が、歪に耐えられる閾は、そんなに高くはナイ。
★ その様な無思考を、是とする風潮で自己保身を謀ってきた側の連中にも、そろそろ気付いて頂かないとな。
GarbAgesの皆さん、それ 自分たちの首、真綿で締めてますが? と。
 ・・・もはや、時既に遅し かもだがね。
★ あれらの都合で、加害側の立場のみが優遇される構造を改められない様なら、文明が破綻するぞ、また。

0 件のコメント:

コメントを投稿