2012/09/11

間に合わせとして・・・

・・・新おきつね鯖のHBAは、ASUS U3S6 の 各チップに ヒートシンクを貼り付けて対応するコトにした。

玄人志向 SATA3+USB3.0-PCIe は 相性確認中に 搭載チップ自身の発熱で早々に壊れてしまってるし、
更に後発で性能上位の石を載せたHiPoint Rocket640L も 相性で陥落(今はMUに仮設して動作させてる)してるし・・・orz

640Lは、PCIe Gen.1.x対応であるのに、鯖側のチップセット Broadcom HT-2100 が ウマく受け付けナイっポイ・・・
やはり 旧アーキテクチャな鯖機材は、トンでも無く ツンデレ だったと云う罠・・・(;-_-)

発熱を云えば U3S6 も 何時まで運用に耐えられるか判らないので、鯖(hp ProLiant DL365G5)の正式オプションである
LSI SAS 3041E を ヤクオフで安価に調達するか試案ちぅ。

ソレも、調達したヒートシンクで効率良く放熱されるコトが確認出来れば、U3S6で 大丈夫だと思うので、その試行結果次第だが・・・(´ヘ`;)

3041Eの中古と SATA3+USB3.0-PCIeの新品の価格に差が無いのも・・・ 確実なほうを選択するのか、また人柱るのか、悩ましい限り・・・
そう云う風に浪費した額を合計すると、新おきつね端末 もう1機組めるんだよね、ヘタすると(^_^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿