2015/12/30

JRAC ComicMarket89新刊情報・・・

■ UpdateLog・・・
<<< 20151230 230316 >>>
・・・明日は委託先姉妹サークルの卓で最後の追い込み。
今現在、ショップ委託や通販はありません、次回夏コミ前では 入手可能な最後のチャンス。
過去刊行分の在庫もアリ◪ ・・・増刷の予定が無い為 在庫があるうちにどうぞ。

<<< 20151227 172333 >>>
・・・新刊到着報告追記。

<<< 20151223_171551 >>>
・・・当日のブース布陣、途中報告追記。

<<< 20151223_171551 >>>
・・・金沢印刷から作業進捗メールが今朝届いていた、製版が完了したとのコト。
ただ単に依頼した本が届くのを待つだけ な過去と違い、その経過も知るコトが出来る時代になってるんだなぁ・・・

<<< 20151221 155000 >>>
・・・原稿完成、金沢印刷での手続き〆切り10min前の校了に冷や冷や(;^ω^)

<<< 20151220 113700 >>>
・・・イマサラだが、印刷屋への入稿の目処が立った(;^ω^) 委託先情報追加。

<<< 20151218 213740 >>>
・・・基本レイアウトを完了、仕様も確定。 表紙込み20pの本の予定が36pにww

<<< 20151203 003615 >>>
・・・ブース情報追記。 委託先情報については公開承認待機ちぅ。

<<< 20151120 013614 >>>
・・・冬の新刊タイトルとロゴだけ確定。




■ 久々の新刊♪
 ← このサンプルはCMYKからPNG化した為、色味変わってしまってますw    実際は もう少し雪国っぽい淡さのある色合い。    ・・・入稿した表紙データには触れていないので、そのように印刷されるはず(´ヘ`;)        A5判 4c表紙 36p(本文32p)、著者4名、鉄道車両陸送、乗り鉄コミック、    激甚災害と復興レポート、国内軍事系歴史読み物 など。
■ 頒布ブース情報
2ndDay(20151230 Sat)

◆ 西ゆ18a - JRAC 

ジャンル:鉄道・旅行・メカミリ(630)

しかし、なんてジャンルコードだよw
不吉な・・・(;^ω^)
■ 委託
3rdDay(20151231 Sun)

◆ 東ペ04a - 怪速みすず

ジャンル:評論・情報(135)

JRAC姉妹サークル?w
1stDay(20151229 Fri)

◆ 

ジャンル:



・・・オチとも云うw デジタル入稿申し込み時に、本のサイズ指定を間違ってた・・・ 原稿/本のサイズ(A5)と依頼内容(B6)が異なっていたのだ(^_^;) 金沢印刷の方が 過去作のサイズについて覚えていてくれたコトもあり、その旨連絡を受け 電話連絡の後 対応してくれた。 そもそも12月に実装されたばかりのサービス 初利用での印刷依頼でもあり、色々気を付けて進めたハズなんだが・・・ 実質4日 端末の前で寝落ちした程度にしか睡眠してないからなぁ・・・ 眠さキてる時に手続き事するのはダメだな(-_-;) ともあれ無事に進捗、本はコミケで発行されるだろう。

・・・2日目 [20151230] 西ゆ18a JRAC の ブースに おきつねさまは居ません、予算的に移動が叶わない。 まぁソンなワケで、編集と印刷屋への手続きと調整のみのフォローを続けている。 で、ブースの布陣だが、
◆ 巻頭記事担当の主席著者は確定で居る。

◆ コミックと表紙を担当しているメンバーは所用により参加不可。

◆ 続く 2記事の著者2名は、居るとしたらブースか コスプレ広場だろなw
  ぶっちゃけ今回参加するのかを聞いてないし、コスの予定も未確認だが、
  やってるとしたら、軍人と巫女だろなw

・・・新刊が届いた。 って、申込者に届くサンプル分1部だけ、残りは全部実働部隊である主催宅へ届く算段。 さて、中を見て いきなり若干反省点はある、コミック以外の画像が全体的に暗い。 記事との兼ね合いもあり 視認には困らないが、もう少し明るくなる予定だった。 おきつねさまが調整したモノ、受け取ったまま貼ったモノ それら全てが その傾向にある。 次回の本では、編集画面で破綻してると思うくらい写真を明るめな向きに調整しないとダメだな・・・(´ヘ`;) とりま、オフセット誌刊行頻度が低いので、印刷屋に合わせた調整するにも限界がある。 今回コチラで対応出来るとしたらアレが精一杯だ、実際画面では明る過ぎるくらいに調整してあったのだからね・・・ 過去本の反省も踏まえてかなり明るい調整にしてあったのだが、入稿データ形式を 時間と手間と品質劣化の大きなPSD形式への変換をやめ、PDF形式へ変更したコトが影響したのだろう・・・

・・・新刊では、テンプレートに対し(一見過去誌と見比べても判り辛いが)大きな変更を行っている。 具体的には、本の手前側(開いて手が触れる側)に対して1文字分本文枠を拡大、 上部帯を気持ち細くして上へ少し移動、下部帯とノンブルを下げ、ノンブルフォントサイズを2段階下げた。 ・・・って 要は、本文レイアウト枠を ひと周り大きく取った と云うコト。 ナニせ内容濃厚な原稿がガッツリ届いて、元の枠ではページ数に収められそうになかったからねぇ(^_^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿