2018/06/12

どのようなモノであれ・・・

・・・その存在が、どの様な影響力を持ち、ナニに利用されいるのか を理解している必要がある。
★ スポーツで選手として競う そんな面倒を考える連中ってのは、最終的に生じる問題を意識していない。
■ 競技が (ビジネスや社会的地位として) 成立している理由を、もう少し深く考えるべきなんだが、それに至っていない。
スポーツが、起こりの通りに・・・
タダの遊びをベースとした地域間対立のガス抜き
 であると云うのであれば、
もはやコレは政治的な道具であり、そしてそれは
今も全く変わっていない と云う点を認識し、正しく理解した上で関わっているのか?
大衆の、日々の生活で生じた不満のガス抜きとして、国家や宗教、企業に利用され続けている。
そんな自覚、あるのかねぇ? 彼らに。
■ 縦しんば その様な認識があるとしたら、むしろ 何故プレイを続けられるのか、神経を疑わざるを得ない。
何故なら 解釈は 1つしか成立しないからだ。
それは、
どのようなモノでも利用し、そのスポーツで利益を上げる事以外考えていない
 と云う事。
・・・この場合の利益とは それで得た結果 をも意味する。 要するに、自分(達)が得たい結果の為であれば、悪意しか持ち合わせぬ者でも縋る、 他者に害が及ぼうが関係ない って ロジックに同義。
某大国国家のバックアップを得て、核爆弾を創った学者と、何ら変わらない思考パターンである。
★ スポーツ絡みの不祥事も、こうした認識の常態化が根底に無ければ、成立しないモノばかりだ、。
■ そこまで理解した上で尚、
それに打ち込んでいる と云い切れるのなら、別段苦言を呈する要素はナイのだが、
日本人の場合、前述の様なタイプの思考よりも、

むしろ、
犬のように従って、ひたすら褒めて貰う快楽に溺れているだけ。
 にしか診えないのが、チョイと  情けないと感じているのだがね。
★ おきつねさまが普段から述べている、日本大衆の 品質意識の低さ、このへんにも診え隠れしてないかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿