2015/03/27

AMD CrossFireXで・・・

・・・マルチディスプレイが開始出来ない(´ヘ`;)


って、15.3ドライバの不具合ではなく 基本的な仕様だと思う。


状況としては、2枚のグラボの それぞれ1つずつあるHDMIのみを利用して、同じタイプの2枚のディスプレイに出力させようとしているだけ。

当該ディスプレイは 入力として HDMIを2つ、DVIとD-Sub を それぞれ 1つずつ装備しているが、DisplayPort端子は無い。
そのウチ DVI端子は 少し離れたトコロに設置してある別端末を接続して利用していて、余っているのは実質HDMIのみ・・・

それに、Radeon HD7770 2枚でのCrossFireX構成の場合、片側1枚の板からしか出力出来ないと云う追い討ちが・・・
大体FullHD程度解像度で オーバースペックな DisplayPortとか要らんのよね・・・(-_-;)

HD7770 には、HDMI DVI DisplayPort の出力が1つずつ備わっていて、2枚の板からなら最大6ディスプレイが
可能との触れ込みで、このディスプレイでは4枚までなら同時接続は出来たハズなんだが、風向きは怪しいようだ。


・・・そもそも仮想フルスクリーン出力のゲームでさえ CrossFireXは無効になるのだから、
こうした事象が起こったとしても そう不思議も文句も無いんだが、なんとも少し残念な気分に浸る事にはなってしまっている。


まぁ、CrossFireXモードを解除すれば出力は実現されるし、ディスプレイ優先度の指定や安定性など、
問題は一切起こっていない点を鑑みても、そう気にする必要も無いのだろうが、もし 処理の負担が、
PSO2程度では収まっていない 海外著名3Dゲームタイトルのプレイ等では、少なからず支障がありそうな情勢。


・・・マシンが複数あるのだから 確かにマルチディスプレイには そう意味はないんだが、
PSO2のスクリーンショット機能に、同プレイ画面内ウィンドウのスクロールがリセットされた状態でしか撮影出来ない と云う問題があり、
デスクトップの撮影に別アプリケーションを必要とする状況で、その操作を行う為に 一時的にディスプレイを増やして対応した次第。


こうなると、仮想フルでのプレイで、2ndディスプレイ出力に利用しているGPUを配信エンコードに利用出来るのかって点が気になるかな・・・

・・・マルチディスプレイ/拡張デスクトップは、画像やサイトの編集で 絶大な威力を発揮したが、負荷分散は かなり微妙だった。 CrossFireX OFF / Eyefinity を HDMI接続のみで FullHDを上下に 上表示サブ 下表示/音声メイン として 2day程運用。 PSO2程度なら RadeonHD7770でも 最高画質/メインディスプレイFullHD 仮想フルスクリーンプレイで なんら支障は無かった。 しかし、配信x264エンコードの多くもGPUに振っている為、メインGPUは常にフル稼働し、動作温度が60℃を下回らなくなった。 コレはサスガに 機器寿命なども考えると あまり望ましい状態にはならなかったと結論して良さそうだ・・・ もし 配信にGPUを使わなかったら、確かにメインのGPUに余力は出来るが、今度は2基目が一切活用されなくなってしまうコトに・・・ そもそも Eyefinity(拡張デスクトップ/マルチモニタ)で CrossFireX が 使えなくなる時点で、PSO2を "仮想ではない" フルスクリーンプレイする理由は無くなる・・・ (同様の運用なら nVIDIA の SLI も 同じ状態となる) その上今回は、BlueStacksやWebブラウジングの完全分離の為に運用している もう1機の端末に使っているモニタの余りの入力を、 サブモニタとして試用しただけだから、モニタ側の面倒な入力切替操作が 実運用に於いてはネックでしかなかった・・・ で、件の1st機を CrossFireX環境に戻し、シングルディスプレイで PSO2をフルスクリーン実行、配信エンコードもGPUに振り、 負荷分散をドライバに一任する状態で再度機器状態を確認すると、GPUは2基とも50℃台以下に戻り、且つ Loadも 2枚のGPUへ 適切に配分されているのが確認出来た。(ついでに FXプロセッサも 10℃以上温度が下がったw) 試行ついでに、PSO2のランチャでの設定で フレームレートを無制限にして診たのだが、少し重く感じたので 一旦90fpsに下げたモノの それでも微妙で、結局元の60fpsに戻して設定を完了とした。 ・・・まぁ ディスプレイの性能が Max75Hzで、配信は 24fpsなワケだし、それで充分であるのも事実だろう。 また、以前は フルスクリーンプレイの PSO2を OBSがフック出来なかった為 利用に紆余曲折あったのだが、今のOBSでなら その問題も無い。 マルチディスプレイの作業性は捨て難いが、モニタを追加調達する予算も無いので、この状態がベターと判断するコトにした。

0 件のコメント:

コメントを投稿