2014/08/25

Intel+AMDのハイブリッドグラフィックス構成でBSoDが発生する現象を修復するFix itがリリース

Intel+AMDのハイブリッドグラフィックス構成でBSoDが発生する現象を修復するFix itがリリース
Intel+AMDのハイブリッドグラフィックス構成でBSoDが発生する場合があるそうです。
Windows 8.1環境で、スタンバイから復帰させようとすると、
時折BSoD(0x113)が発生する場合があるとのこと。
これは、AMDのドライバがRuntime Power Managementをサポートしていないのに対し、
Intelのドライバがこれをサポートしてるのがとのことで、
これを無効にするFix itがリリースされました。
Wintel拡張のせい・・・?

1 件のコメント:

  1. つか、Intelの好き勝手な先行拡張だね、使い悪いのをごり押しするからねぇ あのクソ会社。
    そもそも UEFIが もう少し小慣れてこないと、まだスタンバイ/スリープ/サスペンドは使うべきではナイ。

    @スタンバイとか メモリ盛ってる環境ではメリット薄いんだが・・・
    SSD&RAMドライブ&HDDな構成で起動を早くしたほうが、プラットフォーム問わず安定するよ。

    返信削除