2012/10/25

音声処理メモ・・・

・・・その すぢな向きなら御存知なサイトかとは思いますが、

・USBマイクの使用。
・仮想音源で音源の二重化。
は、完全に網羅していますね。
◆ 水おいしいです^o^ - アマミキ!でニコ生かんたん配信!使い方Vista/7
◆ アマらぼ - アマミキ! 使い方
この 2サイトで判らない点があればコメント下さい、確認してココに追記します。 コメントは気軽に匿名 ハンドルでポスト出来ますよ。 そもそも 件のサイトでは 詳しく紹介されている反面、もっとシンプルな用法に憑いては触れられていないので、少し戸惑いました(´ヘ`;) 端的に纏めてしまうと、まず USBマイクは、アマミキが そのまま引き受けられます。 問題は 音楽や動画のプレイヤーの音の受けさせ方・・・ アマミキは ハードとして認識可能な音源をミキシングするツールnanoで、 ハードとしての格を与えられていない再生ソフトウェアは対象外で、期待した様に機能してくれナイ と 云う壁にブツかります。  機器環境に因って差が出るとは思いますが、自機にあった設定を見付ける必要がありそう。 ・・・プレイヤとアマミキの出力先に YAMAHA NetDuetto 、USBマイクをアマミキに・・・ コレが現状 イチバン音が安定する設定っポイ(^_^;) この場合 窓側のデバイス設定で、排他モードを使用しない様にしておく必要があると考えます。 ナニより コレなら、 複数の音源追加が必要無くてラクかと(^_^;) 以下は、AmaMixの設定画面のスクリーンショットDeath。 赤枠内は テストの為に追加した仮想音源Death、ココへUSBマイクを設定すると良いかと。 ▼ ライブ機能を使わなくとも、▲ 出力先に NetDuetto を選択しておくだけで 音の配信は出来ます。

0 件のコメント:

コメントを投稿