2017/06/26

設定5と6の差を・・・

・・・判り易いように並べて診た、PSO2 のハナシだ。
AMD 4kVSR では、 ネイティブな FullHD と比較して、少しだけ彩度が下がる。
それでも PSO2 設定6 は極めてクドい、そのまま FullHD に戻そうモノなら 目に突き刺さるような 驚きの青さ になる。
そこで、どの位 差があるか、一見して判る状態を展開してみた次第。

尚、4kに関しては、PSO2 の スクリーンショット機能では、負荷が大き過ぎて 確実な動作が担保されない。
因って 公平を期す意味で、FullHDも含め、 Windows10 の GameDVR を用いた。

また、比較である以上 当然、画像の加工や調整は一切行っていない。
が、ログ表示の画像は無調整で縮小したサムネイルである、元画像はクリックする事で参照可能だ。
ただ、更に酷い結果となるので、設定6 では[周辺減光]を停止してある、それ以外は全て有効になっている。
ログイン画面 - 4k
設定5


設定6

ログイン画面 - FullHD
設定5


設定6
ロビー - 4k
設定5


設定6
ロビー - FullHD
設定5


設定6
しかし、青が濃く出てれば高画質って・・・ 一体いつの人間だ?? 古伊万里に魅せられた中世欧州人か?
設定6の状態は ドウ考えても、コントラスト上げ過ぎたか、ガンマ下げ過ぎたか、トーンカーブ弄り損なった画だ。
正直この差異が判らないか、気にならないと云う向き、運転免許を持っているなら返上を推奨する、
人を轢き殺す前にな。 そのくらいに看過出来ない違いなのだよ、この件は。
とは云え、おきつね環境で用いている RADEON RX480 は、最適化対象外な AMD製のGPUだ、
当然ながら 4k や VSR に関してまで動作を保証しろ 等とも云っていない。
だがソレでも、通常稼働な FullHD 環境でさえ この状態となるのは、如何なモノか? と問うているのだ。
設定6 では テクスチャ展開で成熟が診られる。
だがその点 設定5 を手直しする気は 無いとしか思えない状況が続いていおり、であるなら
このカラーバランスとコントラスト/トーンカーブの問題は、是が非でも手を入れるべきである。

デジタル一眼レフレックスカメラの現像アプリケーションで、トーンカーブの指定がON/OFFのみ
なんて事やってたら、100%クレームの後、そんなメーカーの製品など誰も買わなくなる。

そのくらいには酷い状態である と断じておく。

0 件のコメント:

コメントを投稿