2017/02/10

AGEphoneを試用・・・

<<< Update 20170215 002114 >>>
問い合わせたところ、Windows版に対し、このログで扱われているような改善は行う予定が無いとの返答。
Windows10 Mobile で稼働可能なユニバーサルアプリにはなっていないコトを踏まえるに、
デスクトップマシンで用いるモノだと考えていいコレなんだが、デスクトップ機で常に Bluetoothイヤホンマイク を
既定の音源にしている可能性など ほぼ皆無な訳で、その現実が診えていない様だ・・・
Webブラウザなどもそうなのだが、Windowsで音源が選択出来ない音声入出力を要するアプリケーション程、
使い勝手の悪いモノは無い、1ハードにつき1音源ってのは何時の時代の発想だろうな? Windows2000か? 何年前だよw
・・・然りとて、無駄に丁寧過ぎる返答で そのつもりも無いのに "検討します" なんて云う様な企業よりは、誠実とも云える。 何れにしても この結果を踏まえ、Windows向けとしては後日、別のアプリケーションを紹介する事になりそうだ。
★ 尚、
Android版は概ね申し分のない仕上がりである、コレの上を期待するのは贅沢が過ぎると云うモノだろう。

しかし、プッシュ通知処理が正しくないケースがある為、スマートブレスレット等との連携運用を重視する向きは、
別のアプリを模索しなければならない。

また、[Brastel]モードでの不具合は、検証後 適宜修正したほうが無難ではなかろうか?
スマホベストセラーの Fujitsu Arrows M02 で起こった問題である点を鑑みてもね。
・・・android版Windows版では、現状[20170210 050404現在]随分と機能に差がある。
■ 留守番電話機能まで実装済みで機能充実のandroid版に対し・・・
Windows版では、リダイヤル(プレディクティブダイヤル)機能はあるが リダイヤルボタンは無く、
IP電話サービスの切り替え機能も提供されていない(´ヘ`;)

Windowsアプリケーションの他、AndroidやiOSアプリすらビルド出来る
VisualStudio2015 での開発であったなら、この様なプラットフォーム差は 無かったと思うのだが・・・

VS2015であれば、IP電話のフロントエンド程度、ユニバーサルアプリにするのも そんなに手間は無い。
3Dゲームなどの大規模アプリケーションなら いざ知らず・・・(´ヘ`;)
★ だが、
語弊無きよう添えておくと、Windows版 AGEphone も デスクトップ向けとしてなら、至って自然な構成だ。

しかし コレを、Windows10スマホやタブレットに載せた場合、もはや違和感しかないだろう。
★ Windowsの デスクトップでの利用では、
最小化ボタンが無い。 [Close]ボタンが該当との指摘。
・使用音源を選べない為、Bluetoothイヤホンマイクが使えない。
・・・と云った問題もある、これらは早急に改善されるべきだろう。
その点で android版の構成は出来が良い とも云える。 しかし、用が足りているから と、プラットフォーム間で機能差を放置する様な事は避けたほうが良い と警鐘しておこう。
■ まぁ・・・
その点を除いた品質での不満などは今の処無く、Windows版のみ 更新に因る機能補完に期待したい。
また、Windows10でも支障なく稼働している点も添えておこう。
★ ただ、
デスクトップアプリケーションで 32bitビルドのアプリケーションは長時間安定稼働の阻害要因となる。
ユニバーサルアプリ化しないのであれば、64bitビルドの提供を希望したい処だ。
■ Android版はUIの出来も申し分なく・・・
■ 各IP電話サービスへの特化機能なども評価出来る。
・・・が、Brastel 向けのモードを利用するにあたり、1つ問題があった。
◆ 生じた問題とは・・・
既に Brastel公式アプリ 050free や 公式サイトで取得を済ませた 050番号をセットして利用出来なかった。
★ この場合、
[Brastel]モードではなく、[カスタム設定]モードで Brastel の SIP情報をセットすると 正しく機能する。
■ いずれも・・・
やってるコトは大差無い筈なのだが、一体ナニが この差を生んでいるのか・・・

この原因が判るのは、プログラムソースを見られる提供側開発者だけだろう(^ω^;)

他のサービスでも同様の状態となる可能性も考えられる為、参考にはなる筈だ。
また、この提示によりそれが改善されるコトを期待したい。
■ また、
★ 着信のプッシュ通知処理がGoogleの仕様を満たしていない様だ。
現状では、通知を有効にしていても、通話切断時にのみプッシュが検出される。
コレが改善されれば、スマートブレスレット等との連携利用も出来るようになるだろう。
■ android版試用環境・・・
機種は Fujitsu Arrows M02 で、Wi-Fi は 11g、コーデック他 設定変更する事無く着信/音質共に担保されている。
★ いずれも、
AGEphone側での改善も恐らく容易な、些細な問題点ばかりだが、修正されていたほうが 一般利用者の使用開始の妨げは減るだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿