2015/11/25

AMD CatalystConrtolCenter から・・・

・・・RadeonSoftware CrimsonEdition への移行を敢行。


■ なんか見た目が 随分と変わってしまってるねぇ・・・(^_^;)
◆ Radeon Software Crimson Edition
タスクバー [コントロールパネル]-[プログラムと機能]
通知領域アイコン
UI タッチ操作まで意識してるカンジかな、カナ? ただ、[環境設定] の [RADEON追加設定] を 押すと、旧GUIが別ウィンドウで開くって云う、微妙な更新・・・ 各機能の詳細な設定は 全部ソッチにあるんだよね・・・(´ヘ`;)
◆ コッチが 旧版 CatalystControlCenter
タスクバー [コントロールパネル]-[プログラムと機能]
通知領域アイコン
UI
■ 尚、
コレは動作を保証すると云うイミではなく、実際の結果から述べるのだが。
おきつねインフラと同じマシン構成なら、CCC15.11.1 を 事前にアンインストールし、
RSCEをクリーンインストール ようなコトをしなくても、全く支障は無かった。
ただ、統合ドライバであるコトを踏まえると、手は抜かないほうが無難ではあるだろう。 また、RSCEから CCCへ ロールバックする場合は、
[コントロールパネル]-[プログラムと機能] で
[AMD Instell Maneger] を 適宜アンインストールした上で、再度 CCC15.11.1 を 導入するコトになる。 コレで 何事も無かったかのように CCC を 利用出来る状態に戻った。 ・・・ロールバックと云うより 旧ドライバの再クリーンインストールだ、支障なく動いて当たり前ではある。
試行) RSCE導入後、
CCC時代のタスクバーのSS確保を行う為 CCC15.11.1を強引に上書きでロールバックして診たのだが、 ドライバや設定は正しく稼動するモノの、CCC画面を表示する手段がなかった・・・ ドウやら 強引に版を戻しただけでは GUIとインストーラが RSCEのままになってしまうようだ。
サポート外と云うか、ほぼ行うコトの無いであろう行為でもあるし、この点はコンなモノだと思う。
経過はドウあれ、SSは確保する事が出来た。・・・そして また そのままRSCEへ上書きアップデートして利用しているw しかし、
過去nVIDIA板に憑かれていた時代は 戦々恐々としながらドライバの更新を行った記憶は忘れようもない。

その点 AMD GPU は 20130813以降のドライバでなら、極めて高い安定稼動を提供してくれた。
そうした事実と、それに加えて 導入やアップデートで余計な心配が要らない点が、
AMD勢の大きなアドバンテージだと おきつねさまは考えている。

少なくとも 初心者にTipsするのに ピーク性能だけを基準にして 厄介事の多いnVIDIA板を薦めるとか
そんな無責任なマネ おきつねさまには出来ないな、事後に解説する事項が多過ぎて 余りに面倒過ぎる。

0 件のコメント:

コメントを投稿