2016/02/12

まだまだ・・・

・・・スペックが ガラパゴ、世界が視野に入ってない、因って 国内ブランドのスマホを買う価値は まだナイ と 断じておく。

・新しい「VAIOフォン」は何がすごいのか 今度は自社設計・アルミ削り出しのスマホに - ITPro [ 20160212 ]
■ 少なくとも あの、シロウト騙しな
・・・ディスプレイ解像度をナントカしろ。

しかも あの仕様な上、製造も アセンブルすら日本国内ではナイ、ソレで この価格って、顧客舐めてるのかね?
ハンパにリンゴの真似して ホントにウマくイクと思ってるのか?(# ゚Д゚)

確かに、ボディなどの精密加工については 高く評価すべきではあるのだが、ソレは過去の日本メーカーなら
ドコでもヤっていたコト、単に原点回帰しただけに過ぎない点も忘れるべきではナイ。

後述しているが、ナニより そんなこだわりを意識してくれる顧客は、ひと握りに過ぎない現実も見るべきだ。

それを踏まえた上で、仮にリンゴの価格を模倣したいのなら、プロセッサの自国設計製造・・・とまでは云わん、
せめてディスプレイ解像度くらい 同じか ソレ以上にしてから出直して来い、劣化模倣は みっともなくて叶わん(;-_-)
■ つか、そろそろ 買う側も、
・・・品質云うなら 総合的なスペックの質も問え。

コンテンツに画質も音質も求めない、自称"普通"の残念志向なイパーン人のゴミ並みに低い品質意識
ないし対極的に ピーク性能だけ追い 安定稼動性能を顧みない ブランドマンセーな志向

それらが結果として、日本メーカーから メーカー(製造者)としてのアイデンティティを奪い、
中途半端なブランド企業へと成り下がらせたコトで 性能面での品質低下を招き、製品の国際競争力低下に拍車を掛けたのだ。
■ そうした情勢の中、
・・・日本人でも極一部の 高い品質意識を維持している者に依り、日本製品の "モノとしての品質" は担保されてきた。
そのおかげで昨今、世界的な高い評価を獲るに至っているのだ、その他の一般は ソレらに携わっていない現実から目を背けるな。
■ ま、この辺って、
・・・過去アメリカが辿った道 そのモノだよな。

自分たちが撒いた種で生じた不況まで 御丁寧に模倣するのかね? 米帝マンセーなjapの皆さんは ┐(´∀`)┌
■ 最後に、
能力乏しいイパーンが、世界から信頼を得る "日本国内の手練のシゴト" に 報いるコトが適う方法は 1つ、
モノを見る目を養い、適正な価格で買い物をする事だけだ。

ソレにより、提供側の過大/過小評価な価格付けが淘汰され、正しい価値の製品が出回り始めさえすれば、
日本メーカーにも まだ勝機がある、彼らを 伸ばすも潰すも イパーン諸兄の 日頃の心掛け次第だと云うコトだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿