2015/11/02

遅ればせながら・・・

・・・PSO2と ソレに含まれるnPROについて、現状など。



<<< 20151102 152528 >>>
このログを上げた直後に再検証したトコロ、新たな事実が判明した、詳細は次ログを参照して欲しい。
・2015春のPSO2更新に伴うnPROアプデにより
OBSのゲームキャプチャは利用出来なくなっています。
今現在対策はありません、[画面キャプチャ]を用いて対応して下さい。
未だPSO2との併用で 処理が衝突するブラウザもある模様。
Autonice ないし それに類するアプリケーションで nPROの処理優先度を最低にする等の利用しているブラウザにあわせた対応が必要。 CyberFox/FireFoxでは ほぼ発生しない為詳細には触れません、発症する様なら 各位適宜対応願います。
・MicrosoftDefender / WindowsSecurityEssentials 及び それに類する、
正しい挙動を行うセキュリティアプリケーションでは、
pso2.exe が ウィルスとして判定され起動出来なくなります。
利用する場合は 当該セキュアアプリでのホワイトリストへ pso2.exe を 各位任意に追加して下さい。 コレに関してDefenderやWSEを槍玉に挙げるマヌケがいますが、問題はPSO2側のプロセス隠蔽行為にあります。 Microsoftは予てよりプロセス隠蔽を行うベンダに対して警鐘を鳴らしています。 Windows上で動作するアプリケーションを提供する以上、
それに従わないアプリケーションベンダが悪である。
 と 正しく理解しましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿