2017/09/22

AMD ドライバ更新報告・・・

先頃から RSCE に 更新補助機能が付いて 中々便利になっている。 
しかし、複数機器を管理する場合は、公式からDLしたほうが使い良い可能性。
■ UpdateLog・・・
<<< 20170922 061501 >>>
Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.2 Release Notes - AMD [ 20170921 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1081-170905a-317685E-CrimsonReLive → 17.30.1091-170918a2-318192E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0905.1156.19665 → 2017.0918.1943.33661
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.9.2-Sep21.exe - [365MB]
<<< 20170908 053241 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.1 Release Notes - AMD [ 20170907 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1071-170821a-317359E-CrimsonReLive → 17.30.1081-170905a-317685E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0821.2358.41324 → 2017.0905.1156.19665
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 20170908 112020 >>
RX560で、HDMI出力が TVに対して1080i29Hz接続が出来ず 720p60Hzのみ有効となっていた問題が解消。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.9.1-Sep7.exe - [366MB]
<<< 201708-- ------ >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.2 Release Notes - AMD [ 20170825 US ]
DisplayDriver version
  → 17.30.1071-170821a-317359E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  → 2017.0821.2358.41324
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 201709-- ------ >>
・RX560で、HDMI出力が TVに対して1080i29Hz接続が出来ない状態。720p60Hzのみ有効。
・RX480+HD7750 と HD7770x2 の 2機材で、PSO2 が ランチャー以降起動出来なくなる症状の解消を確認。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.8.2-Win10-64Bit-Aug24.exe - [364MB]
<<< 201708-- ------ >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.1 Release Notes - AMD [ 20170818 US ]
DisplayDriver version
 17.30.1041-170720a-316467C-CrimsonReLive → 

RadeonSettings version 2017.0720.1902.32426 → 
▼ ・・・
Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.8.1-Win10-64Bit-Aug18.exe - [471MB]
<<< 20170728 042945 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2 Release Notes - AMD [ 20170727 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211.1031-170704a-315940E-CrimsonReLive → 17.30.1041-170720a-316467C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0704.1721.31196 → 2017.0720.1902.32426
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
<<< 20170728 212049 >>
RX480+HD7750 と HD7770x2 の 2機材で、PSO2 が ランチャー以降起動出来なくなる症状を確認。
同機にて 17.7.2 を クリーンに導入し直す試行でも、この問題は解決しなかった。

同一症状が発生しているようであるなら、速やかに17.7.1へロールバックを推奨する。
▼ 久々のWHQLなんだがなぁ・・・
whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.7.2-july27.exe - [475MB]
<<< 20170712 021011 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.1 Release Notes - AMD [ 20170711 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211.1011-170612a-315159E-CrimsonReLive → 17.10.3211.1031-170704a-315940E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0612.1651.28496 → 2017.0704.1721.31196
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
!!! Information !!!
Fixed a bug causing crashes on 
・Tekken 7
・FFXIV and Little Nightmares
 on Radeon RX 300 Series・・・
珍しく、日本のゲームタイトル向け修正含むようだが、そもそも RX3xx系って使ってる向き居るのか?
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql- Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.7.1-July10.exe - [383MB]
<<< 20170625 062731 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.2 Release Notes - AMD [ 20170614 US ]
DisplayDriver version
 17.10.3211-170606a-314971E-CrimsonReLive → 17.10.3211.1011-170612a-315159E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0606.1509.25443 → 2017.0612.1651.28496
RSCEより通知、公式サイトのリリースノートにて確認、適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.6.2-june13.exe - [383MB]
<<< 20170611 061312 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.1 Release Notes - AMD [ 20170610 US ]
DisplayDriver version
 17.10.2711.1021-170517a-314337E-CrimsonReLive → 17.10.3211-170606a-314971E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0517.1550.26687 → 2017.0606.1509.25443
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.6.1-June6.exe - [383MB]
<<< 20170529 104736 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.5.2 Release Notes - AMD [ 20170528 US ]
DisplayDriver version
 17.10.2711-170502a-313824E-CrimsonReLivee → 17.10.2711.1021-170517a-314337E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0502.1417.23881 → 2017.0517.1550.26687
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.5.1-May4.exe - [MB]
<<< 20170505 032457 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.5.1 Release Notes - AMD [ 20170504 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1731-170424a2-313603E-CrimsonReLive → 17.10.2711-170502a-313824E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  2017.0424.2119.36535 → 2017.0502.1417.23881
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後、念の為 VSRを無効にした後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.5.1-May4.exe - [MB]
<<< 20170430 000951 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.4 Release Notes - AMD [ 201700429 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1711-170410a-313248C-CrimsonReLive → 17.10.1731-170424a2-313603E-CrimsonReLive

RadeonSettings version  2017.0410.1312.21926 → 2017.0424.2119.36535
RSCEにて確認、公式サイトのリリースノートへアクセスし確保後、念の為 VSRを無効にした後 適用。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
non-whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.4.4-apr27.exe - [401.7MB]
<<< 20170419 091932 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.3 Release Notes - AMD [ 20170418 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1711-170410a-313068E-CrimsonReLive → 17.10.1711-170410a-313248C-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0410.1312.21926 → 2017.0410.1312.21926
AMDからのメール[20170419 083300(062000Send)JST] による案内を受け、
公式サイトのリリースノートへアクセスし 確認、適用。

※ 尚、RSCEのアップデートチェッカでは 20170419 095200現在、この更新を検出出来ていない。
▼ 久々の WHQL版。
whql-win10-64bit-radeon-software-crimson-relive-17.4.3-apr17.exe - [526.5MB]
<<< 20170414 033403 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2 Release Notes - AMD [ 201700413 US ]
DisplayDriver version
 17.10.1061-170331a-312788E-CrimsonReLive → 17.10.1711-170410a-313068E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0331.729.11648 → 2017.0410.1312.21926
RSCEにて確認。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.4.2-Apr11.exe - [401MB]
<<< 20170406 033031 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1 Release Notes - AMD [ 201700404 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2911.1011-170316a-312242E-CrimsonReLive → 17.10.1061-170331a-312788E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0316.1721.29397 → 2017.0331.729.11648
報告を受け RSCEにて確認、適用。 !!! Important !!!
<<< 20170406 043837 >>>
一部の RADEON RX480 搭載環境で、PSO2 の アップデートが BSoDする問題が ほぼ解消している模様。
▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.4.1-Apr3.exe - [401MB]
<<< 20170322 104516 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.3 Release Notes - AMD [ 20170321 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2911-170310a-312047E-CrimsonReLive → 16.60.2911.1011-170316a-312242E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0310.1611.29098 → 2017.0316.1721.29397
報告を受け RSCEにて確認、適用。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.3.3-Mar16.exe - [403MB]
<<< 20170316 232730 >>> Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.2 Release Notes - AMD [ 20170315 US ]
DisplayDriver version
 16.60.2711-170303a-311795E-CrimsonReLive → 16.60.2911-170310a-312047E-CrimsonReLive

RadeonSettings version 2017.0303.2232.40545 → 2017.0310.1611.29098
報告を受け RSCEにて確認、適用。 ▼ ファイル名にNon-WHQLと明示。
Non-WHQL-Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-17.3.2-Mar15.exe - [403MB]
<<< 20151106 195200 >>> CreateLog・・・ テンプレート適用のログを暫定新設。              
■ Tips
インストール → 再起動 → {[RADEON設定]や[サウンドの設定]が初期化されてる場合は適宜任意に直す} → 再起動
って 手順が必要なケースもあるようで。
■ Crimson Edition からの インストールの流れ
★ 公式から既にダウンロードを済ませているモノとして・・・

◆ インストーラを右クリックし、[管理者として実行]


◆ [はい]で進める。
■ AMDドライバは以前より、
・・・ダウンロードしたファイルを実行すると、一旦解凍するフォルダ問い合わせてくる。
ソコへ解凍されたインストーラ群でインストールが開始される。

おきつねさまは、既定のCドライブ(SSD)ではなく Dドライブ(HDD)へ解凍先を固定して運用してきた。
問題があれば どの判へもロールバック出来るよう、ほぼ全てのドライバをアーカイブしてある。


◆ [Browse...]で、フォルダ選択画面を開く。


◆ 解凍先フォルダを選び、


◆ [OK]で次へ。


◆ [Install]を押して・・・


◆ ・・・解凍とインストーラ起動を待つ。
■ ココから先のインストールUIは
Crimson Editionから UIが VisualStudio的に刷新されている。

◆ [パッケージ]のチェックを埋め、[AMD Gaming Evoluved App]のチェックを外す。

※ この操作で、[AMD Gaming Evoluved App]のみ除外した、全てを選択したコトになる。

◆ [インストール]ボタンを押す。


◆ インストール完了を待つ。


◆ インストール完了。

[最新ドライバを自動的にダウンロード]は、各位の判断にて適用されたし。
尚、おきつねさま的には、外しておくことを推奨する。
@は 再起動を待つだけ。

7 件のコメント:

  1. 実質マルウェアのgame evolvedはチェック外すべきです。
    ろくなことになりませんでした。

    返信削除
    返信
    1. まぁ ソレも各位任意かな。
      少なくとも試行環境では支障は無いので、明示する予定はないかな。

      そもそも最新のGameingEvolvedは R9/RX480で問題起こした
      オーバーレイ機能が殺されてるから、コケるケースのほうが稀有になっているハズ。

      とは云え適用に癖があるので、慣れが無いなら避けたほうがイイね。
      raptr使って無ければ要らないモノだしね。

      少なくとも おきつねさまはraptrも登録して使ってるのと、お試しの意味で導入してるかな。
      ナニかハデにトラブルがあれば このログのアプデ枠で報告するしね。

      HD7xxx世代なら 余程イレギュラーなマザーボードでも採用していなければ、
      CrossFireX環境でも問題は発生しないのを確認してる。

      ただ、最新のR9やRX4x0ではraptrツール以前に ドライバがコケてるしねぇ・・・

      削除
    2. @マルウェア云いだすと、

      ドメインコントローラとして稼働している WindowsServerで、ルーティングと
      アカウント/アクセス管理でもしてない限り、Windows10自体使えないんじゃないかな?

      その点では GameingEvolvedの比じゃナイからねぇw

      削除
  2. PhantasyStarOnline2 にて、Polaris の VSR を用いた 4kプレイを試行した折、
    [AMD GameingEvolved] による割込みで不正終了するコトを動作で確認。

    インストール手順に除外を追記し、対象画像を差し替えた。

    返信削除
  3. R9 290X, Win10 x64, 16.12.2 にアップデートしたところ、全てのゲームのパフォーマンスが低下、というか、安定性が低下し、画面がカクつくように。通常のブラウジングや動画再生では問題無し。DirectX と相性が悪くなったのではと思われ。こちらの情報が参考になり、すぐさまロールバックしました。感謝。

    返信削除
    返信
    1. (^_^)

      ログへ後日譚を追記しました、何らかの参考になれば幸い・・・

      削除