2016/08/06

Windows10は・・・

・・・既存の機能や レジストリキーを 色んな部分で流用しているようだ。
今回判明したのは、
[スタート]ボタンで右クリック出来なくなり、そのコンテキストメニューが使えなくなる。
と云う事象の、原因の1つ。
■ そもそもとして、Windowsでは・・・
ショートカットアイコンには漏れなくショートカットマーク
が憑いていて、これが目障りで消して使っていた向きも多いだろう。 方法としては、レジストリキー HKCR\lnkfile\IsShortcut を 削除するだけで、マークは簡単に消える。 この点は、Windows10になっても 何ら変わっていない。
■ しかし、
この変更が原因となり Windows10では、スタートボタンの上で右クリックすると
カーソルが弾き飛ばされてしまい、コンテキストメニューが表示/利用出来なくなっていたのだ。
■ 開発人員か 物理か 費用か
その辺のリソースに限りがあって割愛してるのか、ただ面倒なのか、こう云う部分使いまわされた上、
行き届いた設定UIも提供していないのだから、ナンとも MSクォリティ極まっていると断ざざるを得ないだろう。
■ まぁ それでも、
導入済みアプリケーションやデータ、設定を保持したまま、
Windows10システムだけ上書きクリーンインストール出来るようになっており、
重度のトラブルに対応し易くなっている等、評価出来る改善点も少なくナイのは事実としてある。

使う側で、使えるようにして使うしかないだろう。
この件も含めた設定に関しては、一括で調えるスクリプトを おきつね鯖のサイトで、配布/公開している

0 件のコメント:

コメントを投稿