2015/12/11

GoogleAppsScript使えネェ・・・

・・・トリガー(指定スクリプトを、条件に従って実行開始する機能)を スクリプトで得た値を時刻としてセットした上で登録しても、
かなりの頻度で失敗する。 ・・・これにより、次の指定時間に開始されるべき処理が実行されなくなる。

本来なら信用して利用したいトコロだが、こうも失敗が続くと それも いぶかしむしかない。
"肝心の時間になっても設定していた処理が実行されないで痛い目診る" のだ当然だ、笑えんぞ。


こうなってくると選択肢は2つ。
・いっそキッパリGoogleのスクリプト鯖とか使うのを辞める。
・トリガーが正しく書き込まれるまで、しつこく削除と設定の処理を繰り返すよう書き換えて対処する。
って トコだろうな。 こう云うシステムの利用ってのは、おきつねさまに限らず 多少なりともアテにして使われているモノだ。 ・・・にも関わらず、時間系や記録処理用ライブラリの動作は、極めて信頼性が低い。 しかも頻繁に仕様を変更する・・・ 関数名やパラメータ記述順はおろか 大枠の使用方法さえ 唐突にだ。 かなり以前からアナウンスされているようなアップデートは中々実施しないクセに、 細かいワりに 使用方法が大きく変わるようなモノは 突然アナウンスなく しれっと仕様変更する・・・ ぢつに迷惑な話だ。 件のトリガー稼動も、その安定性は低い・・・ その上 それで処理を失敗しても報告が届くのは1~2日後だ。 もし表に出ないバックグラウンドのみの処理であったなら、障害が起こっていても気付けないコトになる。 利用総数やJavaScriptエンジンの仕様で雑な時間しか扱えないのは判るが、相変わらずGoogleの時間系処理はゴミだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿