2015/11/22

タスクスケジューラの・・・

・・・簡単な使い方を。


このログでは、[タスクスケジューラ] を用いて、
シャットダウン(ログオフ)時に 任意のアプリケーションを実行する為の設定手順を、
ログオフ時に JACK Audio Connection Kit の JACKサービス を 停止させる。
前提で、纏めてみた。 ・・・とは云え、
正規の停止方法では 終了に失敗するケースもありえるタイプのアプリケーションでもあり、
タスク開始時に 既に終了している場合も想定して、そうした影響を受けずに 実行しているプログラムを強制終了する
おきつねスクリプトの1つ tProcess.vbeを用いて jackd.exe を 強制停止させる為の構成など。
■ まずは [タスクスケジューラ] を 起動する・・・
◆ [スタート]メニューに [管理ツール] が 表示されていれば早いのだが・・・


◆ そうでない環境も多い・・・
◆ その場合は [スタート]メニューを開いて、

[ファイル名を指定して実行]・・・

◆ 入力枠に、

taskschd.msc と 入力。

[OK]
何れの方法でもタスクスケジューラは起動する。
■ [タスクスケジューラ] が開いたら・・・
◆ [タスクの作成] を クリック。


◆ [タスクの名前] を 任意に入力する。 この例では JACK Server Shutdown として進める。


◆ 実行するユーザーを設定。・・・赤枠内を全部選択。


◆ [トリガー]タブを開く。


◆ [新規]ボタンを押し、作成画面を開く。


◆ [新しいトリガー]画面冒頭 [タスクの開始] で コンボボックスをクリック。


◆ [ユーザーセッションからの切断時] を 選択する。 コレで ほぼログオフ時として処理される。


◆ [ローカルコンピューターからの接続] を 選択。


◆ [OK]ボタンを押し、この画面を閉じる。


◆ 続いて、[操作]タブを開く、実行させたいプログラムなどを登録/一覧する画面だ。


◆ [新規]ボタンを押し、作成画面を開く。


◆ [プログラム/スクリプト] を 指定する。

直接 プログラムのフルパスを入力するもヨシ、[参照]ボタンから捜してもヨシ。

◆ [参照] を押した場合はこのような画面で対象を選択する。


◆ 続いて 実行パラメータを指定する。 今回はJACKサーバ停止が目的だから、jackd.exe と 入力。


◆ コレでパラメータ指定も完了、[OK]ボタンを押し この画面を閉じる。

もし パラメータの必要が無いアプリケーションを指定した場合コレは必要ない。

◆ 次に、タスクを実行しない[条件]を設定する。


◆ ノートブックマシンなど以外では以下項目が不要、チェックを外す。


◆ [設定]タブを開き、


◆ [タスク停止までの時間] を 無効にする。


◆ [OK]ボタンを押し、この画面を閉じる。


◆ コレで登録を完了した。

0 件のコメント:

コメントを投稿