2015/09/11

MSめ・・・

・・・やってくれる(-_-;)


いくら Autounattend.xml を 見直しても失敗するはずだ・・・


こう云う定義の追記が ずっと拒否されてるのを確認できたので
<FolderLocations>
    <ProfilesDirectory>D:\Windows\Users</ProfilesDirectory>
    <ProgramData>D:\Windows\ProgramData</ProgramData>
</FolderLocations>
MSのリファレンス見たら、 FolderLocationsの解説に 重要注意書きとして・・・
This setting should be used only in a test environment. 
If you change the default location of the user profile directories or program data 
folders to a volume other than the system volume, you cannot service your image.
・・・と 添えてあった。 "この設定はテスト環境だけにしときやがれ" ときたか( ; ゚Д゚) しかも ProgramDataの移動に関しては "かなり重篤な問題が多数 Vistaでは発生していた" とあり、 後のOSで改善されたか否かは記述が無かった・・・ くっそ~ インストールにCUIな表示が無いせいで 1週間無駄にしたぞ・・・( > < インストールを終え、レジストリ操作を行うと簡単に出来るコレを、 Windowsのインストーラで出来ないか と云う模索だったのだが、 少なくともSP1を統合したWindowsServer2008R2では 途中でコケるようだ・・・ Windows7では成功していると云う報告・・・
Windows 7 を SSD 仕様でインストールする方法 - Jisaker Online [ 20100331 ]
・・・を見て、安直に WS2k8R2で模倣して診たのだが、サーバOSとコンシューマOSでは勝手が違うか(-_-;)

0 件のコメント:

コメントを投稿